カラオケ 盛り上がる 男性 1996カラオケで選曲に困ることって結構ありますよね。そこで今回は、1996年にリリースされた曲の中からアップテンポで知名度が高く現在でもカラオケで盛り上がる曲を厳選しました!

カラオケで盛り上がる曲を歌いたいというときはこの選曲リストを参考にしてくださいね!

1996年といえば、だぼだぼのズボンを腰の低い位置ではきこなす「腰パン」が流行した年でしたね。

「腰パン」をした男性は今でもたまに見かける定番のスタイルになりました。

「NINTENDO64」や「ポケットモンスター」それに「たまごっち」といった、今でも知名度の高いゲーム、印象に残るゲームが発売された年でもありましたね。

そんな時代に流行した楽曲の中からカラオケでみんなで盛り上がれる男性ボーカルの曲をピックアップ!

現在でもみんなで盛り上がれるアップテンポで知名度の高い曲を選曲していますので是非参考にしてくださいね。

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『青いイナズマ』

SMAP

アーティスト名:SMAP
リリース年月日:1996年7月15日

この楽曲は、実は林田健司さんという方のシングルのカバー曲なんですよね。意外っ!

『$10』や『君色思い』なども手がけていて、他には郷ひろみさんの『強引 Love!』やAAAさんの『Get or Lose』などの作曲を手掛けるなどとても有名な方なんですね。

林田健司

『青いイナズマ』は森且行さんが脱退し、5人体制になってからの初シングルです。

セクシーで盛り上がりやすいサビのあるこの曲は、今でもSMAPさんの代表曲のうちの一つといえます!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「蒼いイナズマが~」という、タイトルが入っているサビが特に有名なのでサビに入るとみんな自然と入ってきてくれるでしょう。

「Get you」という部分は誰か特定の相手を指差して歌うか、それはちょっと恥ずかしいという場合は飲み物のグラスを指差して「Get you」とやると楽しくなること間違いありません!

その他、『SMAP』さんの盛り上がる曲はこれ!

『SHAKE』(発売日:1996年11月18日/『第47回NHK紅白歌合戦』出場曲。発売時から現在まで数々の番組で歌われるSMAPさんの代表曲)

『セロリ』(発売日:1997年5月14日/草彅剛主演のドラマ『いいひと。』の主題歌)

『BANG! BANG! バカンス!』(発売日:2005年7月27日/「スーパーベースボール」「世界水泳」のテーマソング。作詞は宮藤官九郎)

カラオケで盛り上がる曲は『バンザイ~好きでよかった~』

ウルフルズ

アーティスト名:ウルフルズ
リリース年月日:1996年2月7日

ドラマ『勝利の女神』の主題歌に起用されたこの楽曲は、発売時から今でも結婚式の定番ソングとして定着していますね。

同じ節、同じ歌詞の繰り返しが多い楽曲でありテンポもそれほど速くないので、歌いやすい曲としても人気です。

みんなで盛り上がるにはもってこいの一曲ですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「イェーイ君を好きで~」から始まるサビは、何度も繰り返しますので、知らない人も、曲が終る頃には口ずさめるようになっているはず!

特定の振付けはありませんが、「バンザーイ」の部分でみんなでバンザイすると一体感が生まれて更に盛り上がりますよ!

みんなで歌えば❝ずっとずっと死ぬまでハッピー!❞

その他、『ウルフルズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ガッツだぜ!!』(発売日:1995年12月6日/ウルフルズさんがブレイクしたきっかけとなった楽曲。初登場から順位をジリジリ上げ最高順位6位を記録)
  • 『かわいいひと』(発売日:1997年10月8日/「ポッキー」CMソング・「からだ元気科」EDテーマ・「クリアアサヒ プライムリッチ」CMソング)
  • 『明日があるさ』(発売日:2001年2月16日/「ジョージア」CMソング・坂本九さんのシングルのカバー)

カラオケで盛り上がる曲は『SPARK』

THE YELLOW MONKEY SPARK

アーティスト名:THE YELLOW MONKEY
リリース年月日:1996年7月10日

2013年に行われたファン投票で数ある楽曲の中、9位を獲得した長年ファンの間でも人気が高い楽曲です。

疾走感溢れるかっこいいギターサウンドで、この曲でロックに目覚めたという人も少なくないです。

ごきげんなロックは盛り上がるにピッタリですよっ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ギターの音に乗せ、かっこよく、しっとりとセクシーに歌い上げれば場を盛り上げられること間違いありません!聞いている人は、曲に合わせて揺れたり、手拍子をしてノリましょう!

茶髪でロン毛な若いころの吉井和哉が出演するMVは必見。いま見てもカッコイイのでカラオケの選曲はMV付きがおすすめですよ。

その他、『THE YELLOW MONKEY』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『太陽が燃えている』(発売日:1995年9月30日/「Jリーグ A GOGO!!」OPテーマ。2005年に任天堂が発売したニンテンドーDS用ソフト「押忍!闘え!応援団」の曲目の一つ)
  • 『追憶のマーメイド』(発売日:1995年7月21日/「はなきんデータランド」EDテーマ。歌詞が過激すぎるとレコード会社からクレームがつき、大幅修正の上、発売された)
  • 『楽園』(発売日:1996年11月25日/ドラマ「新・木曜の怪談」の主題歌。2009年7月からパチンコ「CR忍術決戦 月影」に使用。)

カラオケで盛り上がる曲は『CIRCUS』

布袋寅泰

アーティスト名:布袋寅泰
リリース年月日:1996年10月23日

タイトルである「CIRCUS」をイメージしたこの楽曲の独特の世界観は、ファンの間では賛否が分かれているものの、ミステリアスな曲調にはまるかっこいい1曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ライブでは間奏で「オイ!オイ!」と拳を突き上げて掛け声を上げるのが定番なので、ライブさながらにカラオケでもみんなでやれば盛り上がる事間違い無し!

サビの「Fly high×2」は大合唱するようみんなを煽ると更に盛り上がりますよ!

その他、『布袋寅泰』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『MERRY-GO-ROUND』(発売日:1991年8月30日/アルバム「GUITARHYTHM WILD」収録曲・ライブではコール&レスポンスが欠かせないファンの間で人気の高い曲)
  • 『DESTINY ROSE』(発売日:2002年10月17日/ドラマ「ナイトホスピタル~病気は眠らない~」の主題歌・ミディアムテンポで歌いやすい楽曲として人気)
  • 『バンビーナ』(発売日:1999年4月16日/ドラマ「WATER BOYS2」のシンクロのシーンに使用・高校野球の応援ファンファーレとしても度々使用。)

カラオケで盛り上がる曲は『グロリアス』

GLAY

アーティスト名:GLAY
リリース年月日:1996年1月17日

「GLAYを聴くならこの曲!」と現在でもファンからの評価が高く根強い人気のある曲です。

親しみやすいギターのメロディが特徴的なこの曲は、カラオケで誰が聴いても歌っても、その場に馴染みやすい曲といえるでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「恋に恋焦がれ~」というサビの一節が空で口ずさめるほど有名な曲ですね。

その部分をみんなで合唱するよう、持っているマイクをみんなの方に向けて煽るのがおすすめ。

TERUさんの特徴的な小指だけマイクの下に掛ける持ち方をして歌うと雰囲気が出てさらに盛り上がりますよ。

GLAY TERU マイクの持ち方

その他、『GLAY』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『彼女の“Modern…”』(発売日:1994年11月16日/このシングル自体の売り上げは低かったものの、「誘惑」と併せてライブで披露される根強い人気曲)
  • 『誘惑』(発売日:1998年4月29日/「TDK ミニディスク XAシリーズ」キャンペーンソング。現在でもライブで頻繁に演奏される人気曲)
  • 『サバイバル』(発売日:1999年5月19日/MV作品の歴代売上1位。オリコンのシングルチャートでも特別にチャートインが認められた記念すべき楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『田園』

玉置浩二 田園

アーティスト名:玉置浩二
リリース年月日:1996年7月21日

ドラマ『コーチ』の主題歌となったこの楽曲は、玉置浩二さんソロの楽曲の中でもオリコンランキング最高順位2位を記録する最大のヒット曲となりました。

ドラマの主題歌とのタイアップ作なので、玉置浩二さんの曲を知らない人でも、この曲だけは知っているという人もおおいはず!

みんなで盛り上がるにはピッタリの曲ですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「生きていくんだ~」というサビの部分は、みんなで合唱できるようマイクを全員の方に向けてみましょう!きっとみんな入ってきてくれるはず。

曲の間奏部分に歌詞にはない掛け声がありますが、「ヘイヘイ・ハ~」とライブなどでは歌っていますのでそこもきっちりと歌うと雰囲気が出るのでおすすめです。

間違っても「へいへい・ほぉ~」と良作にならないよう気をつけてくださいね。

「僕が居るんだみんな居るんだ」そんな元気や勇気が沸いてきますよ!

その他、『玉置浩二』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ルーキー』(発売日:1998年5月21日/「チオビタドリンク2000」CMソング・「JIVE」CMソング )
  • 『正義の味方』(発売日:1994年12月12日/「LOVE SONG BLUE」収録曲。シングル「STAR」のカップリング曲としてシングルカットされた人気曲)
  • 『CAFE JAPAN』(発売日:1996年9月13日/アルバム「CAFE JAPAN」収録曲。ソロアルバムの中では、本作が最も売れている)

カラオケで盛り上がる曲は『LA・LA・LA LOVE SONG』

久保田利伸 LA・LA・LA-LOVE-SONG

アーティスト名:久保田利伸
リリース年月日:1996年5月13日

当自体ヒットしたドラマ「ロングバケーション」の主題歌となったこの曲は、ドラマと共に、久保田利伸さんの中でも大人気の曲となりました。

現在もドラマとこの楽曲はよくテレビで取り上げられたりしますので知名度バツグンです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲は曲の冒頭がサビから始まるのでいきなり盛り上がれます!

サビの「回れ回れメリーゴーランド」は、この曲の知名度と盛り上がりポイントはここに集約されていると言っても間違いないでしょう!

サビの部分では窪田他利伸さん独特の手の動き、「手を上げ下げする」を真似すると雰囲気が出ていっそう盛り上がりますよ!

久保田利伸 手

その他、『久保田利伸』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『TIMEシャワーに射たれて』(発売日:1986年12月21日/日本ではまだ浸透していなかったラップを取り入れた楽曲でライブでは現在でも定番のナンバー)
  • 『AHHHHH!』(発売日:1998年9月18日/『進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断ヒッチハイクの旅」応援歌)
  • 『M☆A☆G☆I☆C』(発売日:2007年8月8日/KREVAさんとのコラボシングル)

カラオケで盛り上がる曲は『イージュー★ライダー』

奥田民生 イージューライダー

アーティスト名:奥田民生
リリース年月日:1996年6月21日

日産「ウイングロード」のCMソングを始め、これまでに7つのタイアップがつき、ロングヒットを博している1曲。

リズミカルなアコースティックギターで開放感があり思わず体を揺らしてしまいたくなるような曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

なんといっても知名度バツグンな楽曲なので、イントロだけでもかなり盛り上がります。

ゆったりとしたリズムに合わせて、みんなで合唱すれば、カラオケという狭い空間でも、まるで広い場所で歌っているような開放的な気分になれるはず!

カラオケの選曲の際にはMV付きがおすすめ!

ロン毛にサングラス姿の奥田民生さんが見れますので「懐かしいね」なんて話題も膨らみます。

その他、『奥田民生』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『マシマロ』(発売日:2000年1月19日/「角瓶」のCMソング・タイトルを先に決めてから作詞したため、タイトルと歌詞の内容がまったく関係なくなってしまい歌詞の最後でその旨を律儀に説明している。ライブには欠かせない1曲)
  • 『美しく燃える森』(発売日:2002年2月14日/「キリンチューハイ氷結果汁」CMソング・東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ作品)
  • 『御免ライダー』(発売日:2002年9月19日/アルバム「E」収録曲・ファンの間で盛り上がると現在でも評判)

カラオケで盛り上がる曲は『いいわけ』

シャ乱Q いいわけ

アーティスト名:シャ乱Q
リリース年月日:1996年4月24日

シャ乱Qさんの人気を不動のものとしたこの楽曲は、ドラマ『Age,35 恋しくて』の主題歌にも起用されたので知名度バツグン!

サビのビートがとてもノリやすくサビへ向かってテンションが上がっていく楽曲なので、カラオケで盛り上がるにはもってこいの一曲です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビから始まるこの楽曲では、つんく♂さんが登場する際その殆どが、ポップアップ(舞台下からジャンプして登場する)なので、それを真似してその場でジャンプしてから歌い始めると盛り上がりますよ!

サビ終わりのハミングはこの楽曲の雰囲気を出すためにも歌っちゃいましょう。

「あぁ~ぁぁぁぁ」は特に音程などが決まっていないのでフリーで適当に恋に苦悩している男性のイメージで唸るといいですよ。

その他、『シャ乱Q』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ズルい女』(発売日:1995年5月3日/『今田耕司のシブヤ系うらりんご』EDテーマ。145万枚(オリコン調べ)を売り上げた、シャ乱Qさんの最大ヒット曲)
  • 『そんなもんだろう』(発売日:1997年4月16日/「ビターズ」CMソング・最高週間ランキング3位を記録)
  • 『タクシードライバー』(発売日:「1999年3月25日/「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のダウンタウントークの出囃子として作られた曲)

カラオケで盛り上がる曲は『旅人よ ~The Longest Journey』

爆風スランプ 旅人よ~The Longest Journey

アーティスト名:爆風スランプ
リリース年月日:1996年9月21日

「進め!電波少年」内の企画、「猿岩石ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」の応援歌として制作された楽曲で、旅をしている人、旅立つ人に向かって歌うにはぴったりの1曲です。

卒業や入学など、新たな場に向かう人が居る場で歌えば、歌詞に共感できて盛り上がること間違いないです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの部分はブレス(息継ぎ)の一つ前の音にアクセントを付けて歌う(声を張る)と曲の雰囲気が出るのでオススメです。

髪型を真似ると更に盛り上がる…って、なかなかスキンヘッドまではできませんので、もし手持ちのサングラスがあれば着けて歌うと更に盛り上がりますよ!

その他、『爆風スランプ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『うわさに、なりたい』(発売日:1984年12月8日/「19才リビエール」のCMソング)
  • 『涙2』(発売日:1992年3月1日/「進研ゼミ 中学講座」のCMソング)
  • 『Runner』(発売日:1998年10月21日/現在でも、様々な場面での応援歌として使用されている定番曲)

ここまで1996年リリースのカラオケで盛り上がる男性向きの楽曲をご紹介してきましたが、私がこの中で一番おすすめする楽曲はSMAPさんの『青いイナズマ』です。

いつの時代でも、人々に広く知れ渡っている、まさに国民的アイドルといえるSMAPさん。

活動期間も長く、発表された楽曲も数多くあります。その中でも「青いイナズマ」の、親しみやすいアップテンポで、セクシーな歌詞は、カラオケで盛り上がるにはうってつけでしょう!

ご紹介した曲を参考にしていただき、カラオケで盛り上がってくださいねっ!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲