カラオケ 盛り上がる 女性 19961996年にリリースされた曲の中から現在でもカラオケで盛り上がることまちがいなしなアップテンポで知名度の高い女性向きの楽曲を厳選しました!

女子同士はもちろん、男性を交えてのカラオケにも対応できる曲ばかりなので参考にしてくださいね。

1996年といえば、今でもその流行が記憶に新しいアムラーやシノラーが流行し、真似する人が街に溢れましたよね。

ちなみに、2014年はサムラーとか、ノノラーとか、晴子とかが流行りました。

また、ファッションといえば忘れられないのがルーズソックスですね!

今ではめっきり見かけなくなりましたが、当時の女子校生はほぼ全員が履いていたほどでした。

そんな時代に流行した楽曲の中からカラオケ盛り上がれる女性ボーカルの曲をピックアップ!

みんなで歌って日々のストレス発散しちゃいましょう!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『BODY&SOUL』

SPEED

アーティスト名:SPEED
リリース年月日:1996年8月5日

90年台後半を代表するアーティストと言っても過言ではないSPEEDさんの記念すべきデビューシングル。

現在でもこの楽曲を聞くことは多く、SPEEDさんの中でも知名度が高いのでブレイクしてから2~3曲目なのかな?と思っている人も多いのではないでしょうか。

実はこの楽曲。レコーディング7回、収録期間2ヶ月と非常に難産だったという逸話もあります。

苦労して生み出された曲だけに息長く愛され続けているんですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲といえば、やはり「BODY&SOUL」というサビの歌いだしですね。

この楽曲の歌詞やメロディに聴き覚えがない人も、サビの部分だけは聴き覚えがあるはずなので、自然とみんな入ってきてくれます。

「BODY&SOUL」を全員で合唱して盛り上がりましょう!

この楽曲のMVは現在でも❝錆びない新鮮な感じがする❞と評されていますので映像は必見です!

その他、『SPEED』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Go! Go! Heaven』(発売日:1997年3月26日/B’zの松本孝弘さんがこの曲が好きで、気づいたら口ずさんでいたり、自らのシークレットライブのタイトルに引用したほど)
  • 『my graduation』(発売日:1998年2月18日/卒業式の定番曲であるもの、意外にも卒業らしい言葉は歌詞に登場しない。日清食品「日清焼そばU.F.O.」のCMソング)
  • 『Wake Me Up!』(発売日:1997年8月6日/ロート製薬『Zi:リセ』のCMソングとして使用された)

カラオケで盛り上がる曲は『アジアの純真』

PUFFY アジアの純真

アーティスト名:PUFFY
リリース年月日:1996年5月13日

リズム感や韻(いん)を重視して作られ、意味をもたないフレーズが散りばめられている歌詞は当時のJPOPシーンに新しい風を吹かせましたね。

さすが、井上陽水さんと奥田民生さん共同の作詞作曲。ぶっ飛んでいて良いですね!

おもしろい単語の並ぶ楽しい歌詞、脱力感のあるメロディは歌のうまい下手関係なく、みんなで楽しめる一曲ですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

不思議でおもしろい言葉の並びは、初めてこの曲を聴く人やこの曲を知らない人も、つい楽しい気分になってしまうこと間違いありません!

歌のメロディには難しい抑揚やテクニックを必要とすることはないので、おもしろい単語をみんなで歌って盛り上がりましょう!

女性二人で歌うとPUFFYさんの雰囲気が出てより楽しめますよ!

その他、『PUFFY』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『これが私の生きる道』(発売日:1996年10月7日/「資生堂 ティセラ」CMソング・「第69回選抜高等学校野球大会」入場曲)
  • 『渚にまつわるエトセトラ』(発売日:1997年4月16日/「キリン 天然育ち」CMソング)
  • 『愛のしるし』(発売日:1998年3月14日/「資生堂 TISS」CMソング・「のどごし<生>」2016年度CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『マイフレンド』

ZARD

アーティスト名:ZARD
リリース年月日:1996年1月8日

ZARDさん最大のロングセラーとなったと共に、最後のミリオン・シングルとなったこの楽曲は、アニメ「スラムダンク」のEDテーマにも起用されましたので知名度が高く、どの年代の人が聴いても「あ、知ってる!」となるはずです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

弾むようなリズムが特徴的な楽曲であるため、この曲を知らなくても、リズムにあわせて体を動かすと楽しいと思います!

サビの「い・つ・も輝いて~」の部分は自然と大合唱になりますので、坂井泉水さんのように抜けるような高い声でかっこよく歌い上げれば場を盛り上げられること間違いありません!

その他、『ZARD』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『負けないで』(発売日:1993年1月27日/「第66回選抜高等学校野球」入場曲・『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』内、チャリティーマラソンのゴール直前に合唱することが定番)
  • 『揺れる想い』(発売日:1993年5月19日/「ポカリスエット」CMソング・2014年12月23日神奈川県秦野市の小田急小田原線下り渋沢駅の接近メロディ)
  • 『心を開いて』(発売日:1996年5月6日/「ポカリスエット」のCMソング・『揺れる想い』(1993年)以来2度目のタイアップ)

カラオケで盛り上がる曲は『Yellow Yellow Happy』

ポケットビスケッツ

アーティスト名:ポケットビスケッツ
リリース年月日:1996年9月4日

「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の企画から誕生した音楽ユニット。番組の一企画とは思えないような、高いクオリティ楽曲が話題となりました。

疾走感に溢れ、鮮やかな印象を得る楽曲が特徴的です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

当時、人気を博したバラエティ番組から生まれたユニットであり、ポケットビスケッツさんの最大のヒット曲であるために、聞き覚えがある人は多いはず!

「もしも生まれ変わってもまた私にうまれたい」という冒頭からのサビは印象強く、みんなで歌って盛り上がれますよ!

前傾姿勢で左足でリズムを取る千秋さんの動きを真似して歌うと更に雰囲気がでるのでおすすめです。

その他、『ポケットビスケッツ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Red Angel』(発売日:1997年1月22日/ミリオンヒットを果たした。「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」EDテーマ)
  • 『POWER』(発売日:1998年7月22日/グループ初のオリコンシングルチャート1位記録曲)
  • 『My Diamond』(発売日:1999年7月23日/ポケットビスケッツさん最後の作品。スピード感のある楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『save your dream』

華原朋美 save your dream

アーティスト名:華原朋美
リリース年月日:1996年10月2日

華原朋美さん初のシングル1位を獲得した曲です。当時、華原朋美さんが愛用していた“ホアキン・ベラオ”(スペインのブランド)のアクセサリーがブームになるほどの人気を博しました。

LOTTEチョコレート「紗々」のCMソングにも起用されていましたので知っている人は多いでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

華原朋美さんの特徴である伸びやかなハイトーンが生えている楽曲です。

高音部分をスパっ!とかっこよく出すことができれば、場を盛り上げられること間違いありません!のびやかに堂々と歌い上げましょう!

サビの「save your dream・save your world」は小室哲哉さんと華原朋美さんとの合唱部分なので、みんなと一緒に歌うようにすれば盛り上がりますよ。

その他、『華原朋美』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『tumblin’ dice』(発売日:1998年6月17日/本人出演「桃の天然水」CMソング)
  • 『Hate tell a lie』(発売日:1997年4月23日/本人出演のカネボウ化粧品・REVUEブランド「 Bronzelove(ブロンズラヴ)」CMソング)
  • 『daily news』(発売日:1998年10月21日/本人出演「桃の天然水」CMソング。小室哲哉さんプロデュース最後のシングル曲。)

カラオケで盛り上がる曲は『クラシック』

JUDY AND MARY

アーティスト名:JUDY AND MARY
リリース年月日:1996年10月28日

ゆったりとした曲調で叙情的なこの曲は、数あるJUDY AND MARYさんの楽曲の中でも、ファンの間で解散した今なお人気の根強い曲です。

「野菜スープヌードル」のCMソングや「Pop-file」OPテーマにも起用されていましたので知名度バツグン。

切なくもどこか元気が出るような歌詞と、サビへ向かってのメロディーの広がりが良い曲なので、カラオケで歌えば盛り上がりますよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

キュートでどこか切なげな歌詞とゆったりとしたリズムとサビへと向かう際の曲の広がりが心地よい曲なので、みんなでゆったりと体を揺らし、手拍子をして楽しみたいですね!

サビの部分はみんなで大合唱すると、広がりのあるサビの部分がより一層際立ち盛り上がりますよ。

その他、『JUDY AND MARY』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Over Drive』(発売日:1995年6月19日/トヨタ「カローラツーリングワゴン」CMソング・「第21回全国高等学校クイズ選手権」EDテーマ、他)
  • 『ラッキープール』(発売日:2001年1月24日/ドラマ「2001年のおとこ運」主題歌。タイトルの「ラッキー」に掛けて、CDの税込価格は777円だったことも話題に。)
  • 『くじら12号』(発売日:1997年2月21日/12号の意味はサッカーの背番号のうちサポーターナンバーとされる背番号の12から)

カラオケで盛り上がる曲は『クルクル ミラクル』

篠原ともえ

アーティスト名:篠原ともえ
リリース年月日:1996年8月1日

時代のアイコンとなり「シノラー」ブームを牽引した篠原ともえさんのこの曲は、弾むようなリズムが特徴で、近年流行りのクラブミュージックに通じるものがあります。

現在の篠原ともえさんからは想像がつかない、テンション高めのキャラクターだったのが懐かしいですね。この曲もかなりハイテンションですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

冒頭の「ねえみんな~篠原の事好き~?」という呼びかけがあったり、曲の中盤にも「全体止まれ!」といった呼びかけをする箇所があるので、聞いている人たちとコール&レスポンスしても楽しいです!

サビの「ミラクル クル×7 イェイ!」はみんなの方にマイクを向けてクルクル言ってもらうよう煽るととっても盛り上がりますよ。

終始、弾むようなベースの音が続くので、合わせてジャンプして盛り上がりましょう!

その他、『篠原ともえ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『HAPPY POINT』(発売日:1999年10月14日「LOVE LOVEあいしてる」内コーナー「篠原ともえのプリプリプリティ!」テーマソング)
  • 『ウルトラリラックス』(発売日:1997年3月1日/「春はおもしろフジテレビ」OPテーマ・アニメ 「こどものおもちゃ」 OPテーマ)
  • 『やる気センセーション』(発売日:1996年3月21日 /ベネッセコーポレーション「進研ゼミ小学講座」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『You’re my sunshine』

安室奈美恵

アーティスト名:安室奈美恵
リリース年月日:1996年6月5日

オリコンでは3作連続、出荷ベースでは4作連続でミリオンセラーを記録したこの楽曲は、小室哲也さんプロデュースの安室奈美恵さんらしいダンスナンバーです。

資生堂「シーブリーズ」のCMソングにもなっていましたので知名度バツグン。ちょっとした雑学としてこの楽曲の振付けを担当したのがKABAちゃんなんですよ!

当時、KABAちゃんはDOSのダンサーとして活躍していましたが、今となっては想像出来ませんね。

KABAちゃん

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲は安室奈美恵さんの中でも特にアップテンポで歌っていて爽快感がありますよね。

「I’m Your sunshine.You’re my sunshine」の部分は何度も出てくる印象深い一節なので、知らなかった人でも曲の終盤には自然と合唱するようになりますので盛り上がりますよ!

歌詞の途中に「YO!」という掛け声の部分がありますので、マイクをみんなの方に向けて声を貰うようにすると更に盛り上がりますのでぜひやってみてくださいね!

その他、『安室奈美恵』さんの盛り上がる曲はこれ!

『How to be a Girl』(発売日:1997年5月21日/資生堂「シーブリーズ ‘97」CMソング)

『Chase the Chance』(発売日:1995年12月4日/ドラマ「ザ・シェフ」主題歌。ドラマ初主題歌。)

『RESPECT the POWER OF LOVE』(発売日:1999年3月17日/コーセー「VISEE」 CMソング・アサヒ飲料「nice One」 CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『熱くなれ』

大黒摩季

アーティスト名:大黒摩季
リリース年月日:1996年7月8日

「アトランタオリンピック」のテーマソングとなったこの楽曲は、オリコンのシングルランキング最高順位1位を記録するなど大黒摩季さんの楽曲の中でも知名度バツグンの1曲です。

タイトル通り「熱い」曲。思わず松岡修造さんの顔が思い浮かぶほどパワーあふれる歌詞と歌声は今でも評価が高いですね。

突き抜けるようなハイトーン、弾むようなリズムは、人の背中を押すような歌詞はカラオケで盛り上がること間違い無しっ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

夢に向かって頑張る人たちへの熱い応援ソングとなっていますので、がんばっている人が居る場で歌うと熱い気持ちが生まれて盛り上がること間違いありません!

歌い出しの英語の部分「Everybody go×2」はちょっと難しい&恥ずかしい部分かもしれませんが、曲のつかみの大切なところですので、思い切って歌っちゃいましょう!

この楽曲には途中、ラップの部分もありますので何度か曲を聞いてから挑戦してみてくださいね。

どうしても苦手ならラップ部分は「ゴニョゴニョ」とごまかしても逆にウケが狙えて盛り上がります。

大黒摩季さんのようにのびやかに堂々と熱く歌い上げましょう!

その他、『大黒摩季』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ら・ら・ら』(発売日:1995年2月20日/ドラマ「味いちもんめ」主題歌大黒摩季さん最大のヒット曲で、最後のミリオンセラー。)
  • 『永遠の夢に向かって』(発売日:1994年10月5日/「COUNT DOWN TV」OPテーマ。イントロが長く歌いだしまで1分20秒かかることが特徴)
  • 『白いGradation』(発売日:1994年1月29日/スキー用品「Victoria」CMソング。「あなただけ見つめてる」と同時期にチャートインし、50万枚近くの売り上げを記録)

カラオケで盛り上がる曲は『GET MY LOVE』

MAX GET MY LOVE

アーティスト名:MAX
リリース年月日:1996年10月9日

シンセサイザーで奏でられる弾むようなリズム、メロディラインは当時らしさを表しているといえます。

MAXらしい楽曲を味わうにはうってつけの1曲であると、現在もファンの間では人気の楽曲なんですよね。

また、ツーリングカーレース「’96インターTEC」のイメージソングに抜擢されるなどレースのイメージにぴったりな疾走感あふれる楽曲なのでカラオケで盛り上がる曲としてピッタリですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

リズム、メロディが1996年らしいものとなっているので、当時を感じながら体を動かしてみましょう!懐かしさと楽しさが溢れて盛り上がること間違い無しです!

サビの「GET MY LOVE」では、ガッツポーズをして❝エイエイオー❞的な動きの振付けがありますので、MVの映像を参考にみんなで真似すると盛り上がりますのでぜひやってみてくださいね!

その他、『MAX』さんの盛り上がる曲はこれ!

『Give me a Shake』(発売日:1997年4月9日/初のオリコンシングルチャート1位を記録・「日本レコード大賞」優秀作品賞受賞・「紅白歌合戦」出場曲)

『Ride on time』(発売日:1998年7月22日/ドラマ「スウィートデビル」EDテーマ・ラテン系ダンスナンバー)

『TORA TORA TORA』(発売日:1996年2月21日/映画「麗霆゛子レディース!!MAX」主題歌、他)

ここまで1996年リリースのカラオケで盛り上がる女性向きの楽曲をご紹介してきましたが、私がこの中で一番おすすめする楽曲はSPEEDさんの『BODY&SOUL』です。

SPEEDさんといえば1996年辺りの年代を象徴するアーティスト。弾けるようなアップテンポのこの曲は、誰にも聴き覚えがあるはず!

「ボーディアンソーッ!」とみんなで叫んで歌えば楽しいカラオケになるはず!

ご紹介した曲を参考にしていただき、カラオケで盛り上がってくださいねっ!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲