カラオケ 盛り上がる 男性 20042004年にリリースされた、アップテンポで今でもカラオケで盛り上がる男性ボーカルの曲を厳選!

10年経った今でも、色あせることなく、歌い継がれている曲ばかりですのでカラオケで盛り上がること間違い無しっ!

2004年といえばアテネオリンピックのあった年ですよね。

そのときに生まれた「チョー気持ちいい」「気合だーっ!」という流行語は「え?あれからもう10年経ったの?」とちょっと驚いてしまうほど今でも記憶に新しいですね。

メダルを次々に獲得する日本選手の白熱した戦いぶりを、連日テレビで見た男性は多いのではないでしょうか。

他には「ニンテンドーDS」「 PSP(PlayStation Portable)」といった携帯ゲーム機が発売されたのもこの年で、大いにハマった人も多いでしょうね。

そんな時代に流行した楽曲の中から、男性ボーカルのアップテンポで知名度の高い曲を厳選!

当時を懐かしみながら盛り上がれること間違い無しっ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『ロコローション』

ORANGE RANGE

アーティスト名:ORANGE RANGE
リリース年月日:2004年6月9日

「第55回NHK紅白歌合戦」出場曲となったこの楽曲は、ORANGE RANGEさんが「夏のバンド」というイメージを決定づける曲となりましたね。

現在でも夏歌ランキングの上位を常にマークしていているので盛り上がれる❝夏の定番曲❞としても有名。

炭酸飲料「MATCH」CMソングにもなっていますし、ORANGE RANGEさんのライブに行くと必ずと言っていいほど歌われる楽曲なので、カラオケで盛り上がるには外せない一曲でしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

軟派な男が女の子に語りかけるよう歌詞が特徴。ゆったりとしたリズム、ラップ、激しいロックでノリのいいサビと、愉快な歌詞、と様々な面のある曲で、聴いていて楽しい1曲となっているため、みんなで踊って歌っても楽しいはずです。

歌詞の中に女性の掛け声で少し恥ずかしいセリフがありますが、ここは思い切ってみんなの方にマイクを向けて一緒に歌ってもらいましょう。

こっちが照れるとみんな照れてしまうので、堂々と且つ、さわやかな感じでサラッと歌うのがポイントですね。

その他、『ORANGE RANGE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『上海ハニー』(発売日:2003年7月16日/ORANGE RANGEが一躍有名となった曲。ドラマ「オレンジデイズ」・ニンテンドーDS用ゲーム「押忍!闘え!応援団」にも使用。)
  • 『チェスト』(発売日:2004年8月25日/「ちゅらさん3」挿入歌。ハードロックでORANGERANGEの楽曲の中でも短いものとなっている)
  • 『お願い!セニョリータ』(発売日:2005年6月8日/飲料「MATCH」のCMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『キレイだ』

w-inds キレイだ

アーティスト名:w-inds
リリース年月日:2004年6月2日

ブルボン「フルーツガム」のCMソングとなったこの楽曲は、元々はスキマスイッチさんがライブで度々披露していた曲を提供してもらったものです。

後にスキマスイッチさんがセルフカバーしてるのですが、この楽曲の元祖はw-indsさんなんですよね。

失恋した辛い気持ち、後悔を歌った曲ですが、メロディーは非常に明るいので不思議と前向きになれちゃいます。

恋人と別れちゃったなんて人がいる場合は応援ソングとしてもいいいですね。

スキマスイッチさんの楽曲よりもテンポが遅めなので、歌いやすいという点もおすすめの一曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

曲の出だしとサビの盛り上がりの高低差を付けて歌うのがポイント!

しっとりと歌い出し、サビではしっかりと声量を出して歌いましょう。

特にサビの部分は若干早口になりますので、歌詞をシッカリ伝えるために口の動きをいつもより1.5倍大きくするようなイメージで歌うとよく聞こえますよ。

MVのwind-sさんのダンスを見ながら見よう見まねで真似しながら歌うのも笑えて盛り上がります!

その他、『w-inds』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Paradox』(発売日:2001年10月17日/映画『Star Light』主題歌・レコード大賞最優秀新人賞受賞曲となり知名度バツグン)
  • 『IT’S IN THE STARS』(発売日:2006年2月22日/アメリカの歌手「LaGaylia Frazier」のカバー。MV冒頭のスターウォーズのパロディーは必見!)
  • 『ブギウギ66』(発売日:2006年9月6日/紅白歌合戦出場曲・ドライブにもオススメ!)

カラオケで盛り上がる曲は『オンリー ロンリー グローリー』

BUMP OF CHICKEN

アーティスト名:BUMP OF CHICKEN
リリース年月日:2004年7月7日

BUMP OF CHICKENさんはこの曲で初めてオリコンシングルチャート1位を獲得した記念すべき楽曲です。

アルバム『ユグドラシル』にも同楽曲は収録されているのですが、こちらはイントロ部分にコーラスが追加されたアルバムバージョン。

曲の冒頭のコーラス部分が曲の盛り上がりを予感させ、前向きな歌詞と疾走感に広がりのある曲の作りが、かっこよさの中に切なさも感じさせてくれるので、女性ウケもよく盛り上がるだけではなくますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの手前は少し早口になる部分があるので滑舌を良くするため大きく口を開けてはっきりと発音することを心がけると雰囲気が出ていい感じです。

「オンリーロンリー」という歯切れのいいワンセンテンスが何度も繰り返されるため、その部分がやってくるたびに、マイクをみんなの方に向けるなどして一緒に歌うようにすると一層盛り上がりますよ。

その他、『BUMP OF CHICKEN』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『天体観測』(発売日:2001年3月14日/ドラマ『天体観測』挿入歌。2013年のdocomoのCMソング。最大のヒット曲)
  • 『アルエ』(発売日:2004年3月31日/エヴァンゲリオン登場人物綾波レイに恋した藤原基央さん(ボーカル)がそのキャラを思い浮かべて作った曲。想起させる言葉が詞中にも用いられています。)
  • 『ラフ・メイカー』(発売日:2000年9月20日/2作目シングル「ダイヤモンド」のカップリング曲。ファンが作成したアスキーアートで作られたMVが話題に。)

カラオケで盛り上がる曲は『スターゲイザー』

スピッツ

アーティスト名:スピッツ
リリース年月日:2004年1月21日

シングル「スカーレット(1997年リリース)」でオリコン1位を獲得して以来7年ぶりの1位となったこの楽曲は『あいのり』の主題歌(2003年10月より1年間)としての印象が強く残っていますね。

当時「あいのり」といえば誰もが知る番組だったと思います。その主題歌となったこの曲は、当時を知っている人は誰でも「聞き覚えのある曲」となっているはず。

この楽曲はサビから始まるので歌い始めから当時を懐かしむことができるのでオススメです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌い出しからAメロあたりまではバックミュージックがギター一本とちょっと歌唱力に自身がないと難しいですが、上手く歌うことを意識し過ぎず、みんなで合唱するようにすると一体感ができて盛り上がれます。

結局あのカップルはどうなったの?結婚したひとっているのかな?なんて歌以外の部分でも話題が広がって盛り上がりますよっ!

ちなみに『あいのり』がきっかけで結婚まで至ったカップルは

  • 関ちゃん&優香
  • タカシ&オグ
  • まりっぺ&タクロー
  • ガチャピン&DAI

ぐらいだったかな?放送期間は1999年10月11日~2009年3月23日と、10年7ヶ月と結構長かったので、そこから比べると意外と少ないかも?

その他、『スピッツ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『空も飛べるはず』(発売日:1994年4月25日/ドラマ「白線流し」の主題歌として起用され、初回ランキング28位から急上昇し、スピッツのシングル初のオリコン1位を獲得。ミリオンセラーとなる)
  • 『春の歌』(発売日:2005年4月20日/コカ・コーラ「アクエリアス」CMソング。アルバム「スーベニア」の1曲目に収録されていたが、タイアップが決まり急遽シングルカットされた)
  • 『小さな生き物』(発売日:2013年9月11日/。「センチュリー21」CMソング。同名のアルバムに収録されている)

カラオケで盛り上がる曲は『君の街まで』

ASIAN KUNG-FU GENERATION

アーティスト名:ASIAN KUNG-FU GENERATION
リリース年月日:2004年9月23日

『君という花』に続く「SPACE SHOWER Music Video Awards」受賞曲となったこの楽曲は、ベースドラムのビートが心地よいノリやすい曲ですね。

こだわりのあるMVも必見。カラオケの選曲の際にはぜひMV付きを選んでくださいね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲には裏声の部分があったりと少々難しいところはありますが、何より盛り上がるにはノリの良さが重要。細かいところは気にしないで思い切り歌っちゃいましょう。

サビの「揺らいでいる」の❝る❞の部分や「僕らを救う」の❝う❞の部分など語尾が裏声になるので、裏声が苦手な人はみんなで合唱するといい感じですね。

曲のノリもいいのですが、とにかくMVが面白い!

MVでは山本晋也監督がシンクロナイズドスイミングの監督をしていて、プールの中にいるザリガニに選手が捕まってしまうというハチャメチャな内容なので、映像だけでも十分に盛り上がりますよ。

その他、『ASIAN KUNG-FU GENERATION』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『君という花』(発売日:2003年10月16日/「Pooh!」EDテーマ・「JAPAN COUNTDOWN」DEテーマ)
  • 『フラッシュバック』(発売日:2003年11月19日/1stフルアルバム「君繋ファイブエム」収録。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲では3番目に短い楽曲)
  • 『ループ&ループ』(発売日:2004年5月19日/SUZUKI「チョイノリ」CMソング・ドラマ「駄目ナリ!」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『君こそスターだ』

サザンオールスターズ

アーティスト名:サザンオールスターズ
リリース年月日:2004年7月21日

桑田佳祐さんはこの曲を、❝すべての人たちへの人生の応援ソング❞だと語っているこの楽曲は本人が出演したTOYOTA「MORE THAN BEST」CMソングや、「第77回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲となど、たくさんタイアップされていましたので知名度の抜群の一曲です。

サザンオールスターズさんの世間の認知度はいうまでもありませんね。若年層から熟年層まで全年代対応のバンドなので、会社の上司や年上の方とのカラオケには特にオススメですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サザンらしさのある夏を感じさせるこの一曲は、聴いたことがない人でも耳馴染みやよく、曲を知らない人でもすぐに一緒に歌うことができますよ。

背中を押されるようで、元気になることのできる歌詞にメロディは、カラオケで聴いていても歌っていても、盛り上がることのできる一曲でしょう。

桑田佳祐さんの歌い方は特徴的なのでモノマネがしやすいので上手い下手は抜きにして歌い方を本人に寄せると面白くって更に盛り上がりますよっ!

その他、『サザンオールスターズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『勝手にシンドバッド』(発売日:1978年6月25日/アサヒ「三ツ矢サイダー」CMソング。ドラマ「おとなの夏休み」第1話の主題歌)
  • 『希望の轍』(発売日:1990年9月1日/アルバム「稲村ジェーン」収録曲。 JR茅ケ崎駅の発車メロディ)
  • 『エロティカ・セブン』(発売日:1993年7月21日/ドラマ『悪魔のKISS』主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『Mickey』

Gorie with Jasmine & Joann

アーティスト名:Gorie with Jasmine & Joann
リリース年月日:2004年9月8日

バラエティ番組『ワンナイR&R』のコント内で作られたキャラクター・松浦ゴリエの登場曲として使用されていたトニー・バジルの「ミッキー」を日本語詞に書き換えた上でカバーした楽曲。

発売1週目の初動売上で10万枚以上を売り上げ、オリコンシングルチャート1位を獲得しました。

2004年当時人気コント番組であった『ワンナイR&R 』から生まれた楽曲ということで、この曲や番組を記憶している人は現在でも多いはず。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「Oh Mickey Love Mickey ペコリMickey」という軽快なフレーズが何度も何度も繰り返されるために、この部分を覚えてみんなで歌って盛り上がれますよ。

MVではゴリエことガレッジセールの照屋年之(てるやとしゆき)さんの軽快なダンスを見ることができますので、見よう見まねでダンスをすると楽しいですよ!

その他、『Gorie with Jasmine & Joann』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Pecori?Night』(発売日:2005年9月14日/お台場冒険王2005イメージソング)
  • 『Pecori?Lesson』(発売日:2006年9月20日/リトル・ペギー・マーチの『I Will Follow Him』の替え歌・ゴリエのラストシングル)

カラオケで盛り上がる曲は『希望~Yell~』

NEWS

アーティスト名:NEWS
リリース年月日:2004年5月12日

「アテネオリンピックバレーボール世界最終予選」のイメージソング。この曲をアピールするために全国を回り、200本ものラジオ番組に出演しました。

NEWSという知名度・人気を一定に保っているグループの楽曲は、どの年代にリリースされたものであっても「聞いたことある!」となる人が多いですよね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

背中を押されるような元気で明るい曲は、場を盛り上げること間違いないと思います。気取らず、単純な言葉の歌詞も、人を前向きな気持ちにさせてくれます。

サビの「フレッ!フレッ!」の部分は腕を肩まで上げて肘を曲げ伸ばしする簡単な振付けがありますので、ぜひみんなで一緒にやってみてください。

さぁみなさんご一緒にっ!

フレッフレ~っ!

当時は山下智久さんや錦戸亮さんもいたころなので、MVは懐かしい感じがしますね。

その他、『NEWS』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『NEWSニッポン』(発売日:2003年11月7日/「バレーボールワールドカップ2003」イメージソング。デビューシングル)
  • 『チャンカパーナ』(発売日:2012年7月18日/4人体制での初シングル)
  • 『weeeek』(発売日:2007年11月7日/クリムゾン RUSS-K「RUSS-Kを集めろ!」「何系でもないRUSS-K」CMソング・「レコメン!」2007年11月度EDテーマ。GReeeeNが書き下ろした楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『君にBUMP』

ケツメイシ

アーティスト名:ケツメイシ
リリース年月日:2004年7月28日

2004年「vodafone 音楽ケータイ」CMソングとなったこの楽曲はケツメイシの夏のイメージを定着させた一曲ですね。

MVの振り付けはパパイヤ鈴木が担当したということでダンスも必見です。

「BUMP BUMP 君じゃないと」というサビのワンフレーズがとても印象深く、その箇所が繰り返しやってくるために、みんなで歌いやすく盛り上がるのにオススメの一曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

弾むようなサビのメロデーは繰り返し登場しますので、曲を知らなかった人でも直ぐに一緒に歌えて盛り上がれますよ。

サビのフレーズ「BUMP BUMP 君じゃないと合わせる意味がいない」は歌う上では「BUMP BUMP 君じゃない と合わせる意味が無い」と、❝と❞の区切る部分が後ろになるのでここだけはシッカリとおさえて挑戦してくださいね。

手拍子がとってもピッタリ来るリズムなので、みんなに手拍子するよう煽って歌うと盛り上がります!

その他、『ケツメイシ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『トモダチ』(発売日:2002年2月20日/「JAPAN COUNTDOWN」EDテーマ。初のオリコンシングルチャートトップ10入りを果たした曲)
  • 『さくら』(発売日:2005年2月16日/京急井土ヶ谷駅では、2015年3月18日より接近メロディに採用。ケツメイシ最大のヒットシングル)
  • 『闘え! サラリーマン』(発売日:2010年11月17日/ぐるなびCMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『自由への招待』

L'arc en ciel

アーティスト名:L’Arc~en~Ciel
リリース年月日:2004年6月2日

ダイハツ工業「MOVE CUSTOM」CMソングとなったこの楽曲は、オリコンシングルチャートで、前作に続き4作連続1位を獲得した知名度バツグンの曲。

ちなみに、L’Arc~en~Cielさんはこの楽曲で1位獲得が通算13作目となりました。

かっこよく、スピード感のあるポップチューンな曲調なので、カラオケで盛り上がる曲としてオススメです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

勢いのあるメロディーラインで、自然と体がノッちゃうのが良いですね。

hydeさんの歌い方の特長は裏声。サビの部分で音を伸ばすときに使っていたりと曲のイメージに大きく影響する部分なのでぜひマスターして挑戦したい所。

裏声のポイントとしては小さくなってしまいがちなので、その部分はマイクを口に近づけて声を拾うようにすると、声の強弱がつきにくくオススメの方法です。

女性ウケもいいL’Arc〜en〜Ciel及びhydeさんなので、ぜひこの機会にマスターしてカッコイイ所見せちゃいましょう!

その他、『L’Arc~en~Ciel』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『HONEY』(発売日:1998年7月8日/「NTTパーソナル関西」CMソング・「スーパーサッカー」EDテーマ。「第49回NHK紅白歌合戦」初出場曲)
  • 『Killing Me』(発売日:2005年1月13日/「Matthew’s Best Hit TV」EDテーマ)
  • 『HEAVEN’S DRIVE』(発売日:1999年4月21日/初のノンタイアップシングル。オリコン週間シングルチャートで最大の初動セールスを記録)

ここまで2004年にリリースされた楽曲の中から男性ボーカルの現在でもカラオケで盛り上がる曲をご紹介してきましたたが、私がこの中で一番おすすめする楽曲は「ロコローション(ORANGERANGE)」ですっ!

2004年頃のヒットナンバーを語るのに当時ブレイクしていたORANGERANGEさんは欠かせない存在ですよね。

軽い言葉でありながら、かっこいいラップにバンドサウンドを織り交ぜ、重厚なつくりをしている楽曲は、歌っても踊っても楽しめます。

これらの選曲を参考にカラオケで盛り上がっちゃってくださいねっ!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲