カラオケ 盛り上がる 男性 2003カラオケ好きの男性、いらっしゃいませっ!2003年リリースの男性向きの曲の中から現在でも盛り上がる曲を厳選してお届け!

アップテンポで歌いやすい、有名な曲ばかり!これで盛り上がること間違い無しっ!

2003年といえば、テツ&トモさんが「なんでだろ~」って歌ってブレイクした年でしたね。

地震があったり津波があったりと暗いニュースが多かった中、北島康介さんの世界新や、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」が第75回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞したり、明るい話題もありました。

そんな時代にリリースされた男性ボーカル曲で、現在でも盛り上がる知名度の高いアップテンポな曲をご紹介します。

カラオケで盛り上がるためには、みんなが知っていることも一つの要素ですが、アレンジだったりわかりやすさだったり、いろいろ必要ですよね?この選曲なら、そのあたりもバッチリ。

カラオケに行った時は「さぁ俺の出番!」ですよね?でもいつも同じ選曲だと、「また?」って思われないかはちょっと気になるところ。

今回ご紹介する楽曲を参考にカラオケのレパートリーを増やしちゃいましょう!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『Always』

光永亮太

アーティスト名:光永亮太
リリース年月日:2003年2月19日

ドラマ「いつもふたりで」主題歌となったこの楽曲は光永亮太さんのメジャーデビューシングルで代表曲となりました。

光永亮太さんのお兄さんや義理の姉もミュージシャンであり、最近ではそのお兄さんとユニットを組んで活動中とのこと。

お兄さんは光永泰一郎(たいちろう)さん。

光永泰一郎

光永亮太さんもイケメンですが、お兄さんも超イケメンですよね。

ちなみに義理姉とは光永泰一郎さんと結婚した澤田かおりさん。

澤田かおり

楽曲『君がくれたもの』は映画「サヨナラの代わりに」のイメージソングになっていました。

光永亮太さんの『Always』は、かなりとっつきやすいメロディでリズムも良くノリやすい曲です。

様々な工夫がされたカッコイイ構成ながら、聴きやすく歌いやすい曲なので初めて聞く人がいても一緒に盛り上がれますよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

メロディはカンタンでビートに乗って歌えば周りもノレます。

高音部分はどうしても裏声が必要になってきますのでもし自信がなければキーを調整しましょう。

裏声のポイントとして、声が小さくなってしまいがちなので、その時はマイクを出来るだけ口に近づけましょう。

さらに言葉をはっきりさせるために、唇と舌、また口の開け閉め(顎の可動)を大胆にするといいでしょう。

マイクは口に近づけたままだと、地声に戻った時に音圧が変わりすぎるので、その時はマイクと口の距離を離して調整して下さい。

ついでに破裂音(ぱぴぷぺぽ等)の時は、口の中心からマイクを少しずらすだけでも効果的です。

少々テクニック的なところが多くなってしまいましたが、全体を通してアップテンポで明る曲調なので上手く歌えなくても盛り上がりますのでぜひ挑戦してみてくださいね。

その他、『光永亮太』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『believe』(発売日:2004年2月4日/愛の劇場35周年企画「コスメの魔法」主題歌)
  • 『far away』(発売日:2004年7月22日/「スーパーサッカーPLUS」オープニングテーマ曲)
  • 『Over』(発売日:2006年2月1日/ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサポーターズソング、京葉線蘇我駅の発車メロディ)

カラオケで盛り上がる曲は『IT’S SHOW TIME!!』

B'z IT'S SHOW TIME!!

アーティスト名:B’z
リリース年月日:2003年3月26日

「NETWORK SPORTS 2003」のテーマソング他、ABCラジオでも2つの番組でテーマソングとなったこの楽曲は現在でもLIVEの定番曲となっています。

MVの撮影はロサンゼルスで行われ、なんとあのブロードウェイを通行止めにして、500人ものエキストラを使って撮影されました。ちょっとした映画ですね。

聴いているだけで汗が吹き出すようなアツい曲であり、沢山のタイアップやB’zファンの年齢層は幅広いので会社の上司など交えたカラオケでも盛り上がりますよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

マイクスタンドがないなら代わりになるものを探して、稲葉さんのスタイルを真似ましょう!お友達にエアギターで松本さんの真似をしてもらうと、いっそうグッド!盛り上がると同時にウケも狙えますよ!

歌は、少しだけ喉を締め気味にして、唇をとがらせるような歌い方をすると、稲葉浩志さんに似てくると思います。眉間にシワを入れる形態模写も入れると完璧です!

その他、『B’z』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『裸足の女神』(発売日:1993年6月2日/トヨタ「カローラ・レビン」CMソング)
  • 『BLOWIN’』(発売日:1992年5月27日/カルビー「ポテトチップス」CMソング)
  • 『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』(発売日:1993年3月17日/日本テレビ開局40年記念ドラマ「西遊記」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『空に唄えば』

175R

アーティスト名:175R
リリース年月日:2003年4月16日

J-PHONE(現:ソフトバンクモバイル)のCMソングとなったこの楽曲は、メジャーデビューから2作連続で売り上げランキング1位を獲得するなど現在でも人気は高いです。

ちなみにこの2作連続1位は日本のロックバンド史上初となる快挙で話題にもなりました。

また175Rさんのシングルでは、最大のセールスを記録した曲です。

ストレートなバンドサウンドで素直でシンプルなメロディ。そして覚えやすいインパクトあるサウンド。

刺さる歌詞もいい感じでまさに非の打ち所のない盛り上がる曲と言えるでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

素直にサウンドに身を任せてシャウトしましょう!ヘッドバンギングも倒れない程度に!出来れば歌詞もおぼえて、画面を見ずに歌えればいっそう盛り上がると思います。

歌詞が早口なので、できるだけ口を大きく開けて遠くの人に届くように歌うと歌詞が伝わりやすいのでぜひ意識して歌ってみてください。

みんなで声を出せるフレーズもタクサンなので、隣の部屋を気にせずに声を出しましょう!必ず盛り上がりますよ!

その他、『175R』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『夕焼けファルセット』(発売日:2004年7月21日/テレビ朝日系ドラマ「ああ探偵事務所」主題歌)
  • 『ORANGE』(発売日:2004年11月17日/ネスレジャパン「Kit Kat サプライズライブ篇」CMソング)
  • 『メロディー』(発売日:2005年9月7日/任天堂「押忍!闘え!応援団」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『HELLO』

HELLO HYDE

アーティスト名:HYDE
リリース年月日:2003年6月4日

ドワンゴ「40メロミックス」のCMソングに本人が出演し、1stシングル以来2度目のオリコンシングル週間チャートの1位を獲得した話題作となりました。

「ライブで熱いものを吐き出したい」と言うHYDEさんの思いから、前3作とは打って変わって、「動」をコンセプトにライブを前提としたアップテンポな楽曲になっています。

楽曲自体の完成度、演奏力の高さもピカイチの曲ですのでカッコよく決める!ならこれで決まりですね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

メロディは長めの音符が多く一見するとゆったり聞こえますが、ビートは早いので乗ってる感じがとても気持ちいいですよ。

カラオケのサウンドを感じながら歌うと、その気持ちよさが味わえると思います!

また、HYDEさん特有の艶っぽい声からシャウト気味に出す男らしい発声をマネてみてもいいですね。

女性に人気の高いHYDEさんなので上手く歌えると同席した女性陣もうっとりするかも!?

その他、『HYDE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『HORIZON』(発売日:2003年11月6日/映画「スカイハイ 劇場版」主題歌)
  • 『COUNTDOWN』(発売日:2005年10月5日/映画「ステルス」日本語版主題歌)
  • 『SEASON’S CALL』(発売日:2006年2月22日/アニメ「BLOOD+」第2期OPテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『上海ハニー』

ORANGE RANGE

アーティスト名:ORANGE RANGE
リリース年月日:2003年7月16日

ドラマ「オレンジデイズ」やニンテンドーDS用ゲーム「押忍!闘え!応援団」にも使用されていますが、公式にはノンタイアップの曲ですが、第3回MTV Video Music Awards Japan 2004 Best New Artist Videoを受賞するなどORANGE RANGEをスターダムに押し上げた楽曲と言ってもいいでしょう。

ロコローションとともに、ORANGE RANGEに夏のバンドというイメージを定着させた曲で、熱く盛り上がる曲です。

中間部には沖縄民謡のお囃子(はやし)「イヤーサッサァー」も入って、自然と身体が動き出す曲と言えますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌やメロディにむずかしい部分は一切なく、とにかく一緒に声を出せば盛り上がれる!そんな曲です。

RAPのMC部分もむずかしさはないですし、お囃子などは「そのまま盛り上がっちゃってください!」ってサービス精神旺盛な一曲。

サビの部分ではみんなで腕を大きく左右にふる振付けをしながら一緒に歌うと更に盛り上がれます。

詩の最後の「ミッ」も忘れずに!

その他、『ORANGE RANGE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ビバ★ロック』(発売日:2003年10月22日/テレビアニメ「NARUTO -ナルト-」のエンディングテーマ)
  • 『チェスト』(発売日:2004年8月25日/「ちゅらさん3」の挿入歌)
  • 『UN ROCK STAR』(発売日:2006年8月30日/ホンダ・ストリームのコマーシャルソング)

カラオケで盛り上がる曲は『夏の思い出』

ケツメイシ

アーティスト名:ケツメイシ
リリース年月日:2003年7月16日

ボーダフォン日本法人(現ソフトバンクモバイル)のCMソングとなったこの楽曲は「Mステ」の2007年度夏うたランキングで2位を獲得するなど人気の高い曲です。

歌手のBENIさんが自身のアルバム「四季うた summer」の中でこの曲をイングリッシュカバーしたことでも話題になりましたね。

BENI

また、ケツメイシさんのLIVEでは、現在でも定番曲になっています。

耳馴染みの良いメロディに誰もが共感する歌詞がRAPのリズムの軽快さ相まって歌っている人、聞いている人の双方が気持ちよくなれる曲ですね。

季節感あふれる曲なので夏場はぜひ歌いたい一曲ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

LIVEの定番曲だけあって、聴く人のハートをつかむ曲。歌の巧さはそれほど必要ないのもウレシイですね。なので、歌詞を味わいながらしっかり聴こえるように歌えばOK!

RAPのコツとしては、韻を踏んでいる言葉をしっかり発音することと、リズムを掴むこと。そのためにもカラオケのサウンドをしっかり聞きましょう。

また口をしっかり大きく動かして発音することも大事です。これは唇と舌、顎の開け閉めを思い切りやることですね。

早口などに気を取られて、口の動きがおろそかになると、言葉自体が聞き取れなくなっちゃいますので、大事なPOINTです。

もしラップが苦手だとしても2〜3人で歌えるので、みんなにも参加してもらって一緒に歌って盛り上がりましょう。

その他、『ケツメイシ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『君にBUMP』(発売日:2007年7月28日/ボーダフォン日本法人(現ソフトバンクモバイル)のCMソング)
  • 『トレイン』(発売日:2007年4月11日/JR東日本民営化20周年記念のCMソング。ドラマ「小暮写眞館」主題歌)
  • 『LOVE LOVE Summer』(発売日:2012年7月11日/「お願い!ランキング」7月期ED曲。「H.I.S」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『死ぬほどあなたが好きだから』

時給800円 死ぬほどあなたが好きだから

アーティスト名:時給800円
リリース年月日:2003年7月23日

「ココリコミラクルタイプ」2003年4月~6月のEDテーマとなったこの楽曲は遠藤章造さん、八嶋智人さん、品川祐さんの3人によるユニットの曲で番組の企画から誕生しました。

ユニット名の800は、なんとなくモンゴル800さんに憧れたのだとか。

残念ながら2006年3月に解散しましたが、タレントが番組で結成したユニットながら、かなりしっかりした楽曲で複数の男性同士で歌う曲として、盛り上がり要素がたっぷりです。

番組を知ってる人ならなおさら盛り上がりますよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

音域もメロディも、素人向けでカンタンです。しかし構成がしっかりしているので、そのあたりが気にならないのがウレシイですね。

好きという気持ちをシンプルに伝えている歌詞なので、気になるあの子にさりげなくアピールするにもオススメの楽曲です。

オリジナルが3人のユニットなのでカラオケでも男性3人で歌うと盛り上がりますよ!

その他、『時給800円』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『たまには泣いてもいいですか?』(発売日:2004年11月25日/コロムビアミュージックエンタテインメントからR and Cに移籍した2ndシングル)
  • 『さくらいろ』(発売日:2006年3月8日/リリース直後にプロデューサーであるピエール瀧さん(!)が解散を決断)

カラオケで盛り上がる曲は『それがすべてさ』

福山雅治 それがすべてさ

アーティスト名:福山雅治
リリース年月日:2003年8月27日

大塚製薬「ポカリスエット」CMソングとして有名なこの楽曲オリコンシングルチャートで、自己かつ2000年代最長となる5週連続1位を記録するヒットシングルとなりました。

また同時発売のアルバムとともに、男性ソロ・アーティストとして初めてオリコンチャートのシングル・アルバム両部門で同時1位を獲得しています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

福山さんの特徴でもあるギター中心の伴奏と心地よいテンポが気持ちよく歌える楽曲です。

「スリー・ツー・ワン・ゼロ」はみんなを煽って声を出してもらうと一層盛り上がりますよ!

間奏部分のギターソロや低い音程でのRAPっぽい部分など、見せ場がタクサンありますのでぜひ予習してからチャレンジしてみてくださいね!

その他、『福山雅治』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『HEAVEN』(発売日:1999年11月17日/ドラマ「OUT〜妻たちの犯罪〜」主題歌)
  • 『HEY!』(発売日:2000年10月12日/「シドニーオリンピック」テーマソング・東芝「Dynabook」CMソング)
  • 『化身』(発売日:2009年5月20日/ドラマ「魔女裁判」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『BEAUTIFUL DREAMER』

GLAY

アーティスト名:GLAY
リリース年月日:2003年10月16日

SUZUKI「シボレー・クルーズ」CMソングとなったこの楽曲は氣志團のロックフェスティバル、氣志團万博にGLAYが前座で登場した際に初披露されました。

2004年のX-RATED TOUR以降、GLAYのライブに欠かせない定番の1曲となり現在でも人気の高い楽曲となっています。

アップテンポでハードなメロディーがカッコイイのでクールにキメて盛り上がりたい曲ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

原曲キーが高めでかつ早口なので難易度は少し高めですが、リズムにノルこと、ゆったり伸ばす、歯切れよく止めるなどメリハリを付けながら歌うと雰囲気が出しやすいですよ。

どうしても難しい場合はキーを2~3個下げててもそれほど雰囲気は壊れないので曲が始まる前にさりげなくマイナスボタンを連打してササッと下げちゃいましょう。

ボーカルのTERUさんみたく眉間にシワを寄せつつスタイリッシュにパフォーマンスできれば男性のみならず女性も盛り上がること間違い無し!

その他、『GLAY』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Blue Jean』(発売日:2004年8月4日/「エステティックTBC」2004サマーキャンペーンCMソング)
  • 『VERB』(発売日:2008年6月11日/「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」OPテーマ)
  • 『Bible』(発売日:2012年5月23日/「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM supported by glico」テーマソング)

カラオケで盛り上がる曲は『Choo Choo TRAIN』

EXILE Choo Choo TRAIN

アーティスト名:EXILE
リリース年月日:2003年11月6日

テレビ朝日系「内村プロデュース」2003年10月~12月度EDテーマとなったこの楽曲はEXILEリーダーのHIROさんがかつて在籍していたZOOの曲のカバーです。

紅白歌合戦にこの曲で初出場したことも話題になりましたね。

また音楽ゲーム「太鼓の達人 ゴー! ゴー! 五代目」や「Dance Dance Revolution(2013)」に収録されるなど幅広い年齢層に愛されている曲です。

EXILEを誰もが知ることになった曲と言ってもいい楽曲で知名度バツグン。

明るく親しみやすい名曲なのでみんなで盛り上がるには持って来いな曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

みんなで歌えることはもちろん、キメで動きを合わせたり、ジャンプしたりできるので一体感が生まれる曲です。

コミカルでもスタイリッシュでも、想いのままに楽しんじゃいましょう!ダンスのおぼえがなくても、まずはイントロ部分での一列に並んでグルグル回る振付けをするのは鉄板ですね。

EXILE

ところでこの振付けはなんて言うんでしょうね?

一説によると「サークルダンス」や「ロールダンス」だとする情報がありましたが、正式名称は決まっていないようで、EXILEのメンバー間でも「Choo Choo TRAINのイントロダンス」と呼んでいるそうですよ。

サビ終わりの「wow wow wo oh」の「oh」の部分に併せてみんなでジャンプするのもライブでは定番の振付けなので、みんなに「はいジャンプっ!」なんて言って煽って一緒に飛び跳ねるとさらに盛り上がりますよ。

その他、『EXILE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『real world』(発売日:2004年6月30日/プロ野球中継「1球の緊張感 LIVE 2004」のイメージソング)
  • 『YES!』(発売日:2006年3月1日/ニベア「薬用ホワイトニング」CMソング他)
  • 『THE MONSTER 〜Someday〜』(発売日:2009年4月15日/トヨタ自動車「WISH」CMソング他)

ここまで2003年にリリースされた楽曲の中から現在でもカラオケで盛り上がれる男性向きの曲をお届けしてきましたが、中でも私がベストだと思う曲は、ズバリっ!

ケツメイシさんの『夏の思い出』です!

カンタンで親しみやすい楽曲なのに、心にしっかり残る歌詞がステキな曲です。

ラップが苦手な人もこの機会にぜひチャレンジしてみてくださいね!

ヒットした曲、みんなが知っている曲、そして歌いやすい曲を選んでみました。やっぱりどの曲も、名曲だと感じています。

そんな曲を歌いこなせれば、きっとアナタを見る目が変わることでしょう。

盛り上がっちゃってゴメンナサイ!ってぐらい楽しんで下さいねっ!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲