カラオケ 盛り上がる 女性 2007

2007年にリリースされた楽曲の中から現在でも女性が盛り上がる曲を厳選してお届け!

アップテンポ&知名度バツグンの楽曲をラインナップしていますのでこれさえおさえておけば、盛り上がれること間違い無しっ!

2007年といえば、企業による食品偽装や政治とカネの問題などの不祥事が相次いた年でしたよね。

この年の世相を表す漢字に「偽」が選ばれ、一般に名の通った団体であっても信用はできないと、個人の力を確立する必要を感じた年でした。

そんな不穏な空気がながら年ではありましたが、音楽の世界ではそんな空気を払拭するよう盛り上がれるアップテンポな曲が盛り沢山。

そんな年に生まれた曲の中から、アップテンポで知名度が高く、カラオケで歌うと盛り上がれる事間違い無しな女性アーティスト曲をピックアップ!

みんなで盛り上がって日々のストレス発散!&ダイエットにも効果あり!?

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『とび魚のバタフライ』

チャットモンチー

アーティスト名:チャットモンチー
リリース年月日:2007年6月20日

映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」主題歌となったこの楽曲は、オリコンシングル売り上げ最高順位5位を記録し人気曲となりました。

ポップなメロディーとメルヘンチックな歌詞なのでテンションが上りますよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

淡々としたAメロ、Bメロからサビへ向かって盛り上がるメロディーラインなのでここでいっきにテンションを上げていきましょう!

歌詞の「ブルー×6ホワイトブルー」の部分はみんなで合唱すると盛り上がれますよ。

ちなみに、次に出てくる歌詞は「ホワイトブルー」ではなく「ネイビーブルー」なので、歌詞を間違えないよ言うに注意が必要です。

多少歌詞を間違えても問題なく盛り上がる曲なのでそれほど気にしなくてもいいかも?

曲の爽やかなテイストを崩さないよう、頑張って原曲キーで挑戦してみてくださいね!

その他、『チャットモンチー』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『シャングリラ』(発売日:2006年11月15日/CX系アニメ「働きマン」エンディング・テーマ。チャットモンチーの代表作。)
  • 『風吹けば恋』(発売日:2008年6月25日/資生堂 SEA BREEZE CMソング。)
  • 『きらきらひかれ』(発売日:2012年7月4日/チャットモンチー最速の曲)

カラオケで盛り上がる曲は『CHE.R.RY』

YUI CHE.R.RY

アーティスト名:YUI
リリース年月日:2007年3月7日

KDDI au「LISMO」CMソングとなったこの楽曲は、キャッチコピー「甘酸っぱい果実のような春のうたを贈ります」の通り、詩もメロディも納得の可愛さです。

淡い恋心を歌った歌詞には共感できるところも多いのでは?

当時はガラケー全盛期でしたが、スマホとなった現在でも歌詞の「指先で送る君へのメッセージ」は通じるものがありますよね。

曲の構成としては、2コーラス目のサビ後の間奏がなく、気まずさの心配が無い点もこの曲のおすすめポイントです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビ直前の「好きなのよ/好きだから ah ah ah ah」の部分は「恋に悩んでため息をついている」悩ましげな感じを込めて歌うと雰囲気が出ますよ。

サビの部分はCMソングにもなっているので知名度バツグン。知っている人も多いのでみんなで合唱して盛り上がりましょう!

その他、『YUI』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『My Generation』(発売日:2007年6月25日/ANB系ドラマ「生徒諸君!」主題歌。)
  • 『HELLO』(発売日:2011年6月1日/映画「Paradise Kiss」オープニング&挿入歌)
  • 『It’s My Life』(発売日:2011年1月26日/『ユーキャン』CMソング))

カラオケで盛り上がる曲は『PEACH』

大塚愛

アーティスト名:大塚愛
リリース年月日:2007年7月25日

ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」の主題歌となったこの楽曲は、オリコンCD売り上げランキング最高順位1位を記録し、カラオケランキングでも4位になるなど大塚愛さんの曲の中でも1位2位を争う人気の楽曲です。

夏真っ盛りにぴったりの、ちょっとチャラチャラしていてセクシーで、でも全体的にはキュートな仕上がりのバランス上手な一作。女性同士でも、男女グルーブでも使えます。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

なんと言ってもこの曲はサビの始まりの「PEACH!」をみんなで合唱するのがポイントっ!

周りの人にマイクを向けて「ピーチ!」と言ってもらうと更に盛り上がりますよ。

但し、2番めからは「BEACH!」や「PINCH!」が織り交ざってくるので歌詞を間違えないように注意が必要です。

まぁ、ビーチもピンチもピーチと発音が似ていますので間違って歌っても気づかれないと思いますが念のため。

Cメロの終盤、「high touch!」は高音でかつロングトーンと難しい部分ですが、息が途切れないよう頑張ってクリアしてくださいね。

その他、『大塚愛』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『さくらんぼ』(発売日:2003年12月17日/「COUNT DOWN TV」2003年12月OPテーマ、「めちゃ²イケてるッ!」2004年度EDテーマ)
  • 『CHU-LIP』(発売日:2007年2月21日/ドラマ「きらきら研修医」の主題歌。遺伝子の不思議を歌った曲)
  • 『ゾッ婚デイション』(発売日:2010年4月7日/アサヒビール「すらっと」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『シアワセ』

aiko シアワセ

アーティスト名:aiko
リリース年月日:2007年5月30日

ドコモ関西のCMソングや2007年の紅白歌合戦出場曲となったこの楽曲は、日常で感じられる幸せの瞬間を、大切に切り取ってつないだ、日記を読んでいるような曲。

コロコロかわっていくメロディラインと爽やかなアレンジ。それでいて、サビはしっかり盛り場がある。

気になる男性がいる女性が共感できる歌詞ですので、告白できないでいる人への応援ソングとしてもオススメです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビ冒頭の「二人周り流れるストーリー」の部分は、メロデイ、歌詞両方の観点からキモになります。

抑揚を付けてポップに歌いあげてください。MVと同様にタンバリン片手にaikoのマネをしながら歌うのも盛り上がりますよ。

その他、『aiko』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ボーイフレンド』(発売日:2000年9月20日/aikoさんには珍しいカントリー調。オリコンシングル売り上げランキング最高順位1位)
  • 『キラキラ』(発売日:2005年8月15日/ドラマ「がんばっていきまっしょい」主題歌)
  • 『恋のスーパーボール』(発売日:2011年5月23日/カルピス『カルピスウォーター』CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『大阪LOVER』

Dreams come true

アーティスト名:DREAMS COME TRUE
リリース年月日:2007年3月7日

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのために書き下ろされたこの楽曲は、遠距離恋愛の恋人との距離のもどかしさを歌った曲。

男性に頼もしくリードしてほしいという女性の本音を本物になりきれない❝あえての大阪弁❞を使いアップテンポでコミカルに描かれています。

告白したい方、プロポーズしたい方にもオススメの楽曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌詞の不慣れな感じが出ている大阪弁が何と言ってもかわいいですのでこの部分はあえて強調して歌ってみましょう。

サビ始まりの「何度ここへ…」の部分はCMでも起用されている部分になるのでみんなにマイクを向けて合唱するようにすると一層盛り上がりますよっ!

その他、『DREAMS COME TRUE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『晴れたらいいね』(発売日:1992年10月21日/NHK連続テレビ小説「ひらり」主題歌)
  • 『うれしい!たのしい!大好き!』(発売日:1989年9月1日/江崎グリコ「ポッキー」CMソング、映画「山田ババアに花束を」主題歌。25年以上前の曲ながら人気は根強く現在でもライブの定番曲。)
  • 『さぁ鐘を鳴らせ』(発売日:2013年7月10日/ドラマ「救命病棟24時」第5シリーズ主題歌。2015北海道マラソンのオフィシャルソング)

カラオケで盛り上がる曲は『星屑サンセット』

YUKI 星屑サンセット

アーティスト名:YUKI
リリース年月日:2007年8月8日

ドラマ「パパとムスメの7日間」主題歌として書き下ろされたこの楽曲は、YUKIさん曰く

「この時期は自分の主張や自分の物語を入れ込んだ歌詞ではないものを作りたかった」

とのこと。

ドラマの❝思春期の娘と父親が入れ替わってしまう❞というコミカルなドラマにマッチしたテイストは、現実世界から離れたファンタスティックな世界観を楽しませてくれる作品ですね。

新垣結衣さん主演の高視聴率ドラマだったので、観ていた人も多いのでは?当時を懐かしんで盛り上がりましょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

Aメロ、Bメロは少しリズムが取りにくいですが、一番の盛り上がりのポイントであるサビはリズムが一定なので歌いやすいので、ここは盛り上げに集中できます。

サビ始まりの「たったひとつの光」からいっきに抑揚を付けてテンションを上げていきましょう。

とにかくテンポがよいのでタンバリンを使ってリズム音を足すのもオススメです。

また、Cメロ扱いのサビ部分「星屑サンセット道で」まで歌い切ると次の歌い出しが欠けてしまいますので、曲を知っている人がいたら被せるように応援してもらうとみんなで更に盛り上がりますよ。

その他、『YUKI』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ドラマチック』(発売日:2005年6月29日/アニメ「ハチミツとクローバー」オープニングテーマ)
  • 『世界はただ、輝いて』(発売日:2012年2月12日/ソロデビュー10周年アルバム『POWE OF TEN』収録のために作られたロックナンバー。過去の作品のタイトルが歌詞に散りばめられている。)
  • 『誰でもロンリー』(発売日:2014年8月20日/タイアップなし。「星を待ってる」のフレーズのリピートが印象的なダンスナンバー。)

カラオケで盛り上がる曲は『俄然Yeah!』

mihimaru GT 俄然Yeah!

アーティスト名:mihimaru GT
リリース年月日:2007年8月27日

ヘアケア「ダリヤ パルティ」のCMソングや「音楽戦士」2007年8月のOPテーマ、「music.jp」のCMソングなど非常にタイアップが多いこの楽曲は、仕事での中だるみと満たされない不満を吹き飛ばすご機嫌なチューンで人気の高い楽曲です。

ノリがよいことと、よく知られていることがポイントです。NHK紅白歌合戦でも歌われているので、当時歌番組を見ていない人でも、どこかで耳にしたことはあるはずなので、みんなでワイワイ歌えます。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

誰もが知っているサビ「歌えYeah!」が一番の盛り上がりポイント。自分を鼓舞する気持ちが最も込められるところです。

❝Yeah!・Change!・Clap!❞のシャウトは、拳を高く突き上げて聞いている人を煽っていきましょう。

男性のラップのパートが一部ありますが、カラオケのメンバーに男性がいたら協力を仰いで。もしいなければ適当にゴニョゴニョ言っても盛り上がりますよ。

また、本人出演のMVでは職場の上司にお茶をぶっ掛けるシーンがあるなど面白い内容になっているのでカラオケの選曲の際にはぜひMVアリを選んでみてくださいね。

パーティーテイストなメロディにのってフィーバーしちゃいましょう!

その他、『mihimaru GT』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『気分上々↑↑』(発売日:2006年5月15日/「スキバラ」EDテーマ。❝HEY DJ❞でお馴染みのmihimaruGTさんを一躍有名にした代表作。)
  • 『ギリギリHERO』(発売日:2008年4月30日/映画「少林少女」主題歌。人の目なんて気にせず、自分らしく熱く生きろ!というメッセージが込められた曲。)
  • 『君だけのStory』(発売日:2013年2月20日/映画「空の境界」主題歌、「奇跡体験!アンビリバボー」1月~3月EDテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『glitter』

浜崎あゆみ glitter

アーティスト名:浜崎あゆみ
リリース年月日:2007年7月18日

「MUSIC.JP」のCMソングや「ゼスプリ・ゴールドキウイ」のCMソングとなったこの楽曲は、「この夏こそ、夢へ向かって走りだそう」という前向きなメッセージが、重厚感があるサウンドに乗って、自分を鼓舞するメッセージとなって響く曲ですね。

夏の照りつける太陽と青空の開放感を感じられる曲なので、夏の定番ソングとしても人気の高い楽曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

全体的にアップテンポですが、1音が比較的長めです。それだけに、切るところとつなぐところをしっかり分けることを意識すると上手く聞こえます。

少ない単語でシンプルな詩ですが、強いメッセージ性をしっかり引き出して、自分の心に刻み込んで歌いましょう。そうすれば聞いている人にも生きる希望が湧いて、盛り上がることでしょう。

また、灼熱のシーズンのイメージを保つため、ぜひ原曲キーでチャレンジしてみてください!

その他、『浜崎あゆみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『BLUE BIRD』(発売日:2006年6月21日/「ゼスプリ・ゴールドキウイ」CMソング。浜崎あゆみさんのカラオケランキング最高順位1位)
  • 『M』(発売日:2000年12月13日/「ツーカーセルラー東京・東海」CMソング。❝MARIA❞のフレーズが有名な代表作。ヨーロッパでもリリースされ世界規模に。)
  • 『Feel the love』(発売日:2013年12月25日/「COUNT DOWN TV」2013年12月~2014年1月OPテーマ、「H.I.S.キャンペーン」CMソング、キティーちゃんがDJ Hello Kittyとして参加したクラブソング。)

カラオケで盛り上がる曲は『Eyes on you』

加藤ミリヤ

アーティスト名:加藤ミリヤ
リリース年月日:2007年2月7日

映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」主題歌のために書き下ろしたこの楽曲は、映画のイメージに合わせたバブル時代を回想させるディスコナンバー。

加藤ミリヤさんならではの女性像が織り交ぜられたカッコイイラブソングに仕上がっています。

バブル期がテーマとあって、愛する人との明日に希望と期待だけを見ている女性の気持ちが描かれています。

先行き不安定な現代にあって、この曲をチョイスすればただ恋愛に心を燃やした頃を思い出し、甘く温かい気持ちがよみがえりますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビは、Bメロにくらべて落ち着いたメロディなので、しっとりと歌い上げることでかえって溢れる気持ちが伝わります。

最初の音から次の音が1オクターブ上がるので少し苦しいけど頑張って。

サビの英語の歌い出し部分をみんなの方にマイクを向けて一緒に歌ってもらっても一体感が生まれて盛り上がりますよ!

その他、『加藤ミリヤ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『SAYONARAベイベー』(発売日:2008年9月24日/男女の会話の掛け合いで構成されたサビが独特な加藤ミリヤさん)
  • 『I miss you』(発売日:2010年7月28日/アルバム「HEAVEN」収録。刹那な恋に傾けた熱い心を歌った曲)
  • 『Heart Beat』(発売日:2012年8月8日/「コカ・コーラ ロンドンオリンピック」 キャンペーンソング)

カラオケで盛り上がる曲は『シャナナ☆』

MINMI シャナナ☆

アーティスト名:MINMI
リリース年月日:2007年7月18日

毎年トリニダード・トバゴで開催されるカリブ音楽フェス「ソカ モナーク」出場のために制作し、現地でも連日ローカルメディアの取材が入るほど反響を呼んだソカ「Sha na na~Japanese wine~」の日本語バージョン。

ソカとは、ソウルとカリプソを折衷した、トリニダード・トバゴ発祥のカーニバル音楽。

この曲は軽快なリズムのソカを基調としながら、途中盆踊りや歌謡曲の和風テイストがミックスされていてメロディラインがめまぐるしく変わりますので聞いている人を飽きさせない楽曲。

ジェットコースターに乗った気分で盛り上がれますよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ゆっくりとしたテンポから始まるので、ここは抑揚を付けてしっとりと歌い上げてください。

そこから一気にテンポがアップしますのでリズムに載って行きましょう。

ソカの心弾むリズムと優しい歌詞は聞いたことが無かった人もすぐに覚えられるので、みんなで大合唱しましょう。

タオルを振り回す振付もピッタリハマる楽曲なのでぜひみんなで回しましょう!!

ちなみに、サビ終わりの歌詞にない部分の英語は

always sing with me(オールウェイズシングウィズミー)

Sha na na…

と歌うと雰囲気が出てなお一層盛りがりますよ。

その他、『MINMI』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『サマータイム!!』(発売日:2005年7月6日/「ソカ モナーク」出場に先駆け、MINMIの名をトリニダード・トバゴに広めた曲。)
  • 『ラララ〜愛の歌〜』(発売日:2012年7月4日/シリアスあり、ハイテンションあり、自分を愛したい人へのメッセージソング。)
  • 『ボンキュボン』(発売日:2015年8月26日/アルバム『EGO』収録曲。無理してダイエットなんてしなくても…と、ぽっちゃりさんを応援する曲)

ここまで2007年リリースの女性向き盛り上がる楽曲をご紹介してきましたが、中でも私が最もオススメするのは『シャナナ☆』です。

身体全体を使って楽しめるノリの良い曲であり、MINMIさんもライブでのMCでよく言いますが、「全員がひとつに」なれる曲です。

ぜひみんなで大いに盛り上がってくださいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲