カラオケ 盛り上がる 男性 2005みんなで盛り上がる飲み会の後、カラオケにも行きたくなりますね。でも選曲で悩むこと、けっこうないですか?

そんな時にお役立ち!男性向きのアップテンポで有名な曲を集めました。これで盛り上がること間違い無しっ!

2005年といえば、プロ野球セ・パ交流戦がスタートした年。ジブリアニメ「ハウルの動く城」も大ヒットでした。そして「電車男」も、本にドラマに映画まで!社会現象でしたね。

そんな年だった時のヒット曲から、男性向けの盛り上がりソングを厳選してお届けっ!

場の空気を読んで盛り上がりに勢いをつけたり、落ちた空気を一変させたり、そんなチカラのある曲ばかりです。歌のコツなんかにも触れていきますよ!

ぜひ活用して、カラオケヒーローになってくださいね!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『青春アミーゴ』

修二と彰

アーティスト名:修二と彰
リリース年月日:2005年11月2日

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の主題歌です。このドラマでの共演をきっかけに、亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久(NEWS・当時)によって結成されたユニットが「修二と彰」。

2005年のヒット曲といえば、なんといってもこの曲でしょう。カラオケでも定番になりました。

この楽曲はスウェーデンの作曲家チームが行っため後にスウェーデンでも発売されているんですよ。

マイナーコードでアップテンポは、昔から歌謡曲に多く、日本人が好みやすい曲調ですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

男性デュエットで、ハモらずに歌える簡単さがまたイイですよね。ライバルの人と歌うのも良し、親友と歌うのもまた良し。

簡単な振りをつけながら歌うと、必ず盛り上がりますよね。歌詞自体もドラマティックで、お芝居がかっていますので、その辺を意識しながら歌うと、喝采モノです。

その他、『修二と彰(亀梨和也 KAT-TUN&山下智久)』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ONE DROP』(発売日:2009年2月11日/KAT-TUNの曲で、ドラマ「神の雫」主題歌)
  • 『UNLOCK』(発売日:2016年3月2日/KAT-TUNの曲で、ドラマ「怪盗 山猫」主題歌)
  • 『SUMMER NUDE ’13』(発売日:2013年7月31日/山下智久の曲で、真心ブラザーズのカバー。ドラマ「SUMMER NUDE」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『さくら』

ケツメイシ

アーティスト名:ケツメイシ
リリース年月日:2005年2月16日

ケツメイシとゆかりのある京急井土ヶ谷駅では、2015年から電車の接近メロディに採用されています。もともとノンタイアップ曲ですが、ケツメイシ自身初の年間Single1位を3,000枚差で逃した大ヒット曲です。

数ある「桜ソング」の中でも、名曲の誉れ高い曲ですね。切ない歌詞に美しいメロディ、そして効果的に挿入されるRAPはお見事!な楽曲です。

季節に合わせて歌いたい、そんな名曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌の難易度は高くなく、おぼえさえすればどなたにでも歌えると思います。RAPの部分で少し早口の感じになりますが、その部分でオーディエンスを煽ることもできるでしょう。

その後、みんなで声を揃えて歌えば、一体感もバツグンです。盛り上がりますよ!

その他、『ケツメイシ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『はじまりの合図』(発売日:2003年1月8日/日本ハム『シャウエッセン』のCMソング。LIVEでは1曲目に!)
  • 『また君に会える』(発売日:2007年6月27日/資生堂「ANESSA」CMソング。PVに蛯原友里が出演しています。)
  • 『友よ 〜 この先もずっと…』(発売日:2016年4月20日/映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『お願い!セニョリータ』

ORANGE RANGE

アーティスト名:ORANGE RANGE
リリース年月日:2005年6月8日

大塚ベバレジ「MATCH」CMソングです。パラダイス山元さんがPercussionで参加していることでも話題になりました。

前作からわずか2週間でリリースされた、ORANGE RANGEとして通算11枚目のシングルです。

この曲を歌えば、盛り上がらないわけがない!ってぐらいの宴会ソングです。歌詞、アレンジ、リズムにメロディ、どれをとってもビンビンなセンス!

目イッパイ楽しめますよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

みんなで歌っても大丈夫ですし、何人かで回し歌いもOK。ひとりで歌って、周りにかけ声や合いの手を要求してもイイ感じ!です。

特にラテン系のかけ声、「ウ〜ッ」や「あっ」などは、声を思い切り出す方が、オリジナルの雰囲気も出てますますテンションが上がりますよ。

女性の合いの手もありますので、気になるあの子にお願いしてみると仲良くなれるかも?

その他、『ORANGE RANGE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ロコローション』(発売日:2004年6月9日/『第55回NHK紅白歌合戦』にて沖縄からライブ中継されました。)
  • 『チャンピオーネ』(発売日:2006年5月10日/NHK「2006 FIFAワールドカップ」中継テーマソング)
  • 『イカsummer』(発売日:2007年4月25日/カネボウ化粧品「ALLIE」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『NO MORE CRY』

D-51 NO MORE CRY

アーティスト名:D-51
リリース年月日:2005年2月2日

ドラマ『ごくせん』(第2シリーズ)の主題なった楽曲なのでD-51を知らない人でも、「この曲は知ってる!」という人は沢山いますね。

沖縄出身アーティストの中では、アクのない素直なイメージの曲で爽やかに歌っています。

男性デュオもけっこうありますが、爽やか、かつアップテンポに盛り上がる曲として貴重な楽曲です。

わかりやすさも二重丸!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

キレイないおぼえやすいメロディです。そのまま乗っかって歌いましょう!

ただ男声にしては少々音程が高いので、歌いやすいキーに合わせてくださいね。

ハモれる人と一緒に歌えば、さらに楽しくなります。サビは周りも巻き込みましょう!

その他、『D-51』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『TOP OF THE SUMMER』(発売日:2004年7月7日/メジャーデビューSingle。「HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP」 2004年6・7月エンディングテーマ)
  • 『BRAND NEW WORLD』(発売日:2006年7月26日/アニメ「ONE PIECE」オープニングテーマ)
  • 『ファミリア』(発売日:2010年5月26日/アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN!」の16thエンディングテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『愛のバクダン』

B'Z 愛のバクダン

アーティスト名:B’z
リリース年月日:2005年3月9日

CDジャケットのイラストが幼稚園児たちのお絵かきのデザインを採用したことで話題になりました。

B’zさんのLIVEでは今も定番曲で、テレビでも色んな場面に使われている楽曲ですね。

また、カラオケのみならずバンドのコピーもたくさんして欲しいとのことで、CD初回限定盤にはカラオケバージョンやGuitarの音だけを消したマイナスワンが入っています。

LIVEでの盛り上がりがハンパないB’zです。当然楽曲も、それをとても意識した作りになっています。

原曲キーは高めの設定ですが、聴いても歌っても、そしてLIVEに行ってもマチガイなく盛り上がる曲なのでぜひ一度チャレンジしてください!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

まわりと一緒にシャウトできるフレーズが随所に!拳を突き上げながら、その部分で思いっきり叫んじゃいましょう!

また誰かに横でエアギターしてもらうのもアリ!ヘッドバンギングしながら、ジャンプジャンプでサイコー!です。

その他、『B’z』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『太陽のKomachi Angel』(発売日:1990年6月13日/「三貴・カメリアダイヤモンド」CMソング。古くても有名曲!)
  • 『LOVE PHANTOM』(発売日:1995年10月11日/ドラマ「Xファイル(第1シーズン)」主題歌、TBS「COUNT DOWN TV」オープニングテーマ。)
  • 『ultra soul』(発売日:2001年3月14日/「2001年世界水泳選手権大会」公式テーマソング。定番中の定番。)

カラオケで盛り上がる曲は『BOHBO No.5』

サザンオールスターズ BOHBO-No.5

アーティスト名:サザンオールスターズ
リリース年月日:2005年7月20日

TOYOTA『MORE THAN BEST』CMソングです。タイトルの元ネタは、当然ペレス・プラード楽団の「マンボNo.5」ですね。

「神の島遥か国」と両A面Singleでした。また、アナログ盤やカセットテープ盤も同時リリースでしたが、カセットテープ盤はこれがラストになった記念すべき?楽曲です。

サザン、そして桑田さんお得意の曲調で、歌謡曲風でありつつノリの良い曲に仕上がっています。

歌詞も色っぽくて、ナカナカ味わい深いですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サザンの曲はとにかく盛り上がる曲が多いですね。一緒に歌ったり合いの手を入れたり、とてもやりやすいと思います。

日本語の歌詞が英語っぽく聞こえる発音が桑田佳祐さんの特長なので、歌詞の日本語の発音にとらわれず、耳から入ってきた雰囲気で歌うと雰囲気が出ますよ。

また、少しだけ口を閉じ気味で唇を尖らせて、声をこもらせつつ歌うと即席モノマネができます。笑いもとれるかも?

その他、『サザンオールスターズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『マンピーのG★SPOT』(発売日:1995年5月22日/「サザンのエロス三部作」として、様々な話題に。)
  • 『HOTEL PACIFIC』(発売日:2000年7月19日/サザン初のマキシシングル!桑田さん出演のWOWOWのCMソングです。)
  • 『IRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜』(発売日:2006年8月9日/「お台場冒険王2006」テーマソング、及び同イベントCMソング。)

カラオケで盛り上がる曲は『POP STAR』

平井堅 POP STAR

アーティスト名:平井堅
リリース年月日:2005年10月26日

この楽曲はドラマ『危険なアネキ』主題歌になり、カップリングの「ため息キップ」は大同生命CMソングになりダブルタイアップとなりました。

また、太鼓の達人などの音楽シミュレーションゲームにもたくさん採用されていますので幅広い年齢の人が知っている曲ですね。

もともと平井堅さんは、メロウでゆったりした楽曲が多いアーティストなんですが、この楽曲は平井堅さんのそんなイメージが吹き飛んでしまうほどノリの良い曲ですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

タイトル通りの軽快で爽やかなポップナンバー。リズムにノッてさっそうと歌いたいですね。

ただ平井堅さんは日本の男声ボーカリストの中でも、ミックスボイスとファルセットがバツグンの方。

原曲キーではナカナカ歌いこなすのは難しいので、自身にあった設定にするのがいいでしょう。

一番高い音に合わせるのではなく、一番低い音が出るところにキーを合わせるのがポイント。高音部分は裏声で対応すると全体的にまとまりのある響きになります。

裏声がヘロヘロになってしまってもそれはそれでネタ的に笑いを誘えますね。

「君だけに~」の歌詞の部分は気になるあの子に視線を送ってヘロヘロにしちゃいましょう!いや、メロメロかっ!

その他、『平井堅』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『KISS OF LIFE』(発売日:2001年5月16日/フジテレビ系ドラマ「ラブ・レボリューション」主題歌)
  • 『Style』(発売日:2003年7月30日/ソニー「ハンディカム」のCMソング)
  • 『バイマイメロディー』(発売日:2006年6月14日/KDDI/沖縄セルラー電話「au LISMO」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』

サンボマスター 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

アーティスト名:サンボマスター
リリース年月日:2005年8月3日

ドラマ「電車男」エンディングテーマになったこの楽曲でサンボマスター自身も大きく知名度上げるきっかけとなりました。

また、本人がドラマの最終回に出演したことでも話題になりましたね。

サンボマスターと言えばこの曲!的な名曲です。温かいSoundのパンクロックで、歌詞も必聴の作品です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

メッセージフルな曲です!思い切りシャウトしましょう。特に、タイトル部分のサビラストは気持ちを込めると、テンションアップ!です。

トーク部分も覚えて歌うと、シャウトにいっそう盛り上がりがプラス。気持よく叫びましょう!

その他、『サンボマスター』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ』(発売日:2005年11月2日/カップリングが和田アキ子のカバー「あの鐘を鳴らすのはあなた」)
  • 『光のロック』(発売日:2007年12月12日/映画「劇場版BLEACH The Diamond Dust Rebellion もう一つの氷輪丸」主題歌)
  • 『きみのキレイに気づいておくれ』(発売日:2010年12月1日/テレビアニメ「海月姫」エンディングテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『全力少年』

スキマスイッチ 全力少年

アーティスト名:スキマスイッチ
リリース年月日:2005年4月20日

スキマスイッチの代表曲となったこの楽曲は実に様々なところで使われていますね。

タイアップはNTTDoCoMo関西 TV-CMソング、「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」2005年4月度オープニングテーマ、映画「ラフ ROUGH」挿入歌、OVA「東京マーブルチョコレート 全力少年編」主題歌、ジャストシステム 「スマイルゼミ 全力キッズテニス編」CMソングなどど…。

ロングセラーのこの曲。おそらくは音楽好きのほとんどの人が知っているであろう曲なので幅広い年齢層に対応した盛り上がれる楽曲ですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

音楽を聴く、プレイする、歌う、そんな楽しさにあふれた曲です。思い切りカラオケで楽しんじゃいましょう!

なんといっても誰もが知っている曲。一緒に歌うなり、手拍子するなり、まちがいなく盛り上がる曲です。

大橋卓弥さんはけっこう歌い方、譜割りに特徴がある方。一つの音符に2つの音があるなど、歌うには少しコツが必要なので事前に2~3回はCDを聞いて予習しておきましょう!

その他、『スキマスイッチ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ガラナ』(発売日:2006年8月16日/映画「ラフ ROUGH」主題歌)
  • 『アカツキの詩』(発売日:2006年11月22日/NTT西日本WEBコンテンツ「あそむび」内ネットムービー・「幸運探偵〜風烈光の事件簿〜」主題歌)
  • 『星のうつわ』(発売日:2014年12月13日/映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『超特急』

ゆず 超特急

アーティスト名:ゆず
リリース年月日:2005年11月9日

「恋愛観察バラエティ あいのり」の主題歌(2005年10月〜2006年9月)。またテレビ岩手/わんだふぉ〜!PRCMソング。

ちなみに「あいのり」の初代主題歌は同じくゆずさんの『始まりの場所』でしたね。

両A面の『陽はまた昇る』も、「めざましどようび」テーマソング(2005年10月〜2005年12月)でした。

ネオフォークのジャンルのトップランナーと言っても過言ではないゆずさん。この年のヒット曲として、しっかり印象深く残りました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ハネ系の軽快なリズム、デュオのお手本のような歌、誰でもが簡単にノレる構成、コレで盛り上がらなくちゃ!って曲ですね。

友人とハモリをおぼえれば、一目置かれることまちがいなしです。タンバリン片手がオススメ、盛り上がるでしょう!

その他、『ゆず』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『夏色』(発売日:1998年6月3日/「スペースシャワーTV」1998年度6月期 POWER PUSH曲。LIVEでの定番曲!)
  • 『サヨナラバス』(発売日:1999年3月17日/NHK連続テレビ小説「やんちゃくれ」の最終週に、一度だけ挿入歌に!)
  • 『OLA!!』(発売日:2015年4月15日/映画「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」主題歌)

ここまで2005年にリリースした楽曲の中からカラオケで盛り上がる男性向きの曲を厳選してお届けしてきましたが、この中で、私がベスト!だと思う曲は、スキマスイッチさんの『全力少年』です!

みずみずしい感性と歌い継がれるべきフェイバリットな曲です。ぜひレパートリーにしてみてください。

❝盛り上がりポイント❞は各楽曲ごとに異なりますので、しっかり予習して本番のカラオケに望みましょう!

これで盛り上がること間違い無しです!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲