カラオケ 盛り上がる 30代 男性

カラオケで盛り上がる30代男性にオススメの鉄板ソングを盛り上げるポイント解説付きでご紹介!

カラオケでいつも同じ選曲になっている人はぜひレパートリーに加えてください!

30代の男性と言えば、友人同士や彼女、そして合コン。家族で娯楽として楽しむ以外にも、会社の飲み会や仕事のつきあいでカラオケに行く機会も多いですよね。

気の知れた仲間内ならどんな選曲でもアリですが、合コンや会社の集まりなんかの時に選曲って困りますよね。

そんな時にオススメできるカラオケで盛り上がる楽曲をピックアップしましたのでぜひ参考にしてください!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『フラワー』

kinki kids

アーティスト名:KinKi Kids
リリース年月日:1999年5月26日

2016年の紅白歌合戦に初出場を果たすということで話題になったKinKi Kidsさん。

ジャニーズ事務所初のデュオとして「硝子の少年」でデビュー。いきなりミリオンセラーを記録する大ヒットとなりましたよね。

現在まで4作品でミリオンセラーとなっていますが、この「フラワー」もその一つです。

またデビューから現在まで、発売したシングル曲がすべてオリコン初登場1位を記録しておりギネスブックに登録されています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

みんなでリズムを刻みやすい楽曲なので、イントロ部分で手をたたく振りをし皆の手拍子をあおりましょう!

サビから始まるので、出だしはしっかりと入るようにして下さいね。

その後のAメロは静かに入りましょう。

「大人になるだけ」

の部分からはサビに向かってだんだん大きくしていき、そこでつけた勢いのままサビに入っていければ抑揚もついて盛り上がること間違いなしです!

その他、『KinKi Kids』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『硝子の少年』(発売日:1997年7月21日/約180万枚売り上げたデビュー曲)
  • 『全部だきしめて』(発売日:1998年7月29日/ミリオンセラーとなった吉田拓郎さんのカバー曲)
  • 『夏の王様』(発売日:2000年6月21日/ドラマ「Summer Snow」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『ギリギリchop』

B'z ギリギリchop

アーティスト名:B’z
リリース年月日:1999年6月9日

この楽曲が、出だしの松本孝弘さんのギターと、サビでの稲葉浩志さんの高音部分の歌声が魅力的なナンバーですよね。

アニメ「名探偵コナン」のOPテーマにもなっていますので幅広い年齢層に対しても知名度抜群!

キーが高いので歌うには少し難易度が高いですが、カラオケで盛り上がるには歌のうまさは関係ないので思い切りシャウトしちゃいましょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ハードでテンポが早いこの曲。

リズムに乗り遅れないようイントロからテンポを刻み、曲の入りはしっかりとしましょう。

サビはキーが高いので難しく感じると思いますが、怖がらずにお腹から力強く声を出した方が音が取りやすいです。

❝声が出ないのに無理やり歌ってる感❞だけでも十分に盛り上がりますよ!

曲のメロディーとパワフルな歌声で、空気が熱くなること間違いなしですっ!

その他、『B’z』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『LOVE PHANTOM』(発売日:1995年10月11日/ドラマ「Xファイル(第1シーズン)」主題歌・「COUNT DOWN TV』OPテーマ)
  • 『ultra soul』(発売日:2001年3月14日/「世界水泳大会」公式テーマソング)
  • 『イチブトゼンブ』(発売日:2009年8月5日/ドラマ「ブザービート~崖っぷちのヒーロー~」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『ROSIER』

LUNA SEA

アーティスト名:LUNA SEA
リリース年月日:1994年7月21日

「月と海」という意味をもつバンド名のLUNA SEAさん。

インディーズ時代には「狂気」という意味の「LUNACY」と表記していたそうですが、メジャーでの活動を視野に入れた際「深く・広く活動したい」という思いをこめ現在知られる「LUNA SEA」に変更したとのこと。

ボーカルの河村隆一さんといえば、伸びのある高めの歌声が印象深いですが、この「ROSIER」では低音部分も厚みのある歌声で魅力的に歌い上げています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

イントロ部分の英語

「I’ve pricked my heart I am the trigger」

は歌わない人が多いですが、盛り上げるためには飛ばさすしっかりと歌いましょう!

力強く入り、伸ばす部分にはビブラートも取り入れることで一気に雰囲気を熱い空気に持っていくことが出来ます!

その後の「Hu」もシャウト気味に!恥ずかしがらずに取り入れられればより盛り上がりますよ!

その後のAメロではいきなり低音になるため喉をとじ下を向きがちですが、逆にしっかりと口を開き喉をあけ目線を落とさないようにしたほうが綺麗に響きますので意識してみてくださいね!

その他、『LUNA SEA』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『TRUE BLUE』(発売日:1994年9月21日/オリコンシングルランキング初1位を記録した曲)
  • 『DESIRE』(発売日:1995年11月13日/5thアルバムの先行シングルとして発売された情熱的なラブソング)
  • 『END OF SORROW』(発売日:1996年3月25日/40万枚以上のセールスを記録した人気のナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』

Mr.Children

アーティスト名:Mr.Children
リリース年月日:1995年8月10日

この楽曲は第37回日本レコード大賞・優秀作品賞を受賞。4thシングルから6作連続でミリオンセラーとなるなどの記録を残しています。

また、阪神・淡路大震災の義援金としてこの楽曲の売上金や印税を活用したというステキなエピソードがある曲ですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

イントロから拍手が合うテンポのよい曲なので、 手拍子を自ら行い皆をあおりながら歌いましょう!

サビの「シーソーゲーム」の後や「She So Cute」の後に出てくる「Ah~」の部分は、マイクを皆に向けるなどして全員でコールするのもこの曲の鉄板の盛り上げ方です!

桜井和寿さんがライブでやっているように、その部分に入る前に「ヘイカモン!」など取り入れるとより一層一体感が出て盛り上がるはず!是非取り入れてみましょう。

その他、『Mr.Children』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『innocent world』(発売日:1994年6月1日/「アクエリアス ネオ・イオシス」CMソング)
  • 『youthful days』(発売日:2001年11月7日/ドラマ「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」主題歌)
  • 『HANABI』(発売日:2008年9月3日/ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『エロティカ・セブン』

サザンオールスターズ エロティカ・セブン

アーティスト名:サザンオールスターズ
リリース年月日:1993年7月21日

1978年のデビューから現在まで音楽業界の第一線を走り続けているサザンオールスターズさん。

神奈川県の茅ヶ崎市は桑田佳祐さんの出身地と言うこともあり、サザンオールスターズさんにあやかった商品があったり、名前のついた場所が多数存在しています。

茅ヶ崎市にある海水浴場のサザンビーチは有名ですよね!

この「エロティカ・セブン」はドラマ「悪魔のKISS」の主題歌に起用され、ミリオンセラーとなりましたので知っている人も多い曲。

みんなで一緒に歌えて盛り上がる曲としておすすめです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲は単調になりがちですが、フレーズごとにメロディーの山となる部分にむけて声を大きくすると抑揚がつき、単調にならず盛り上げることが出来ますよ。

分かりやすいのはサビの

そんな愛こそすべて

の部分で、「すべて」に向かってだんだん大きくしていくというのが、抑揚の付け方で取り入れやすいところです。

伸ばす部分でビブラートも取り入れられたら、熱い空気が出せること間違いなしです!

その他、『サザンオールスターズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『勝手にシンドバッド』(発売日:1978年6月25日/「今何時」のフレーズが盛り上がるデビュー曲)
  • 『HOTEL PACIFIC』(発売日:2000年7月19日/初めてダンスを本格的にとりいれた歌って踊れる盛り上がりソング)
  • 『君こそスターだ』(発売日:2004年7月21日/「選抜高等学校野球大会」入場行進曲)

カラオケで盛り上がる曲は『ピンクスパイダー』

hide ピンクスパイダー

アーティスト名:hide
リリース年月日:1998年5月13日

X JAPANのギタリストとして大変人気のあったhideさん。

ロックやメタル調のハードなイメージが強いですが、子供時代はコンプレックスがあり、内気でおとなしい性格だったというエピソードも。

そんなhideさんは中学生の時に聴いたキッスの楽曲に衝撃を受けロックに目覚めたとのこと。

この楽曲はソロとしてミリオンセラーを記録した唯一のシングル曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

hideさんの歌い方は、鼻にかけた発声と単語を切らずに伸ばすような歌い方が特徴です。

単語と単語の間に切れ目を入れずに伸びるよう歌うのですが、hideさんのように口を開けて言葉ははっきりとだすようにしましょう!

イントロや間奏部分で「アォウ!」とシャウトを取り入れると、この曲の雰囲気が良く出せますよ。

シャウトの場所はサビ終わり

あの空が 高すぎたから

の直後です。ぜひ思い切りシャウトしちゃってください!

その他、『hide』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『DICE』(発売日:1994年1月21日/2007年12月12日にマキシシングル化して再販された人気のナンバー)
  • 『TELL ME』(発売日:1994年3月24日/エースコック「スーパーカップ」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『どんなときも。』

槇原敬之

アーティスト名:槇原敬之
リリース年月日:1991年6月10日

優しい歌声で多くの人を魅了している槇原敬之さん。

シンガーソングライターとしてだけでなく、作詞家、作曲家としてアーティストへ楽曲提供も行っているので、槇原敬之さんの楽曲を聴いたことのある人は多いのではないでしょうか?

1991年6月22日公開の映画「就職戦線異状なし」の主題歌や、西田尚美さん主演のケンタッキーフライドチキンのCMソングなどに起用され、初めてミリオンセラーとなった楽曲です。

紅白歌合戦に初出場を果たした曲でもありますので、幅広い年代の人と一緒に盛り上がれる曲としておすすめです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「タン タン タン タン」とリズムが取りやすいので、イントロから手拍子をして皆をあおりましょう。

サビはCMにもなっていましたので歌える人も多いはず!マイクを渡して皆で大合唱しちゃいましょう!

キーボードの弾き語りが特徴的な槇原敬之さんなので、歌に余裕がある人はエアーキーボードをしながら歌うと更に盛り上がりますよ!

その他、『槇原敬之』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『冬がはじまるよ』(発売日:1991年11月10日/「サッポロビール」CMソング)
  • 『No.1(ナンバーワン)』(発売日:1993年9月1日/2015年10月31日公開の映画「俺物語!!」主題歌※再アレンジバージョン)
  • 『Hungry spider』(発売日:1999年6月2日/ドラマ「ラビリンス」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『あー夏休み』

TUBE

アーティスト名:TUBE
リリース年月日:1990年5月21日

TUBEさんといえば、夏やSummerをタイトルに取り入れた楽曲を多く出していることもあり、夏バンドのイメージが強いですよね!

ボーカルの前田亘輝さんの情熱的な歌い方も雰囲気をだしている要因の一つといえるでしょう。

この「あー夏休み」もタイトル通りラテン調のメロディーと夏に関する歌詞で、夏を連想させるTUBEさんの代表曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

イントロから情熱的に始まるこの曲。そのリズムを体で刻みながら歌い進めましょう。

お腹から声をだしはっきりした歌声で歌えたら前田亘輝さんの雰囲気がでること間違いなしですっ!

サビの「Hold me tight」は超有名なフレーズなので、「一緒に~!」と呼びかけて合唱するよう煽るようにすると盛り上がりますよ!

リズムに合わせ、マイクを持っていない方の手を真上に上げながらジャンプするという動きはライブでも定番の振付け。

皆でやればより熱く盛り上がりますのでぜひやってみてくださいね!

その他、『TUBE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『シーズン・イン・ザ・サン』(発売日:1986年4月21日/バンド名を改名後最初のシングル曲)
  • 『夏を待ちきれなくて』(発売日:1993年5月12日/初のオリコンチャート1位を獲得、紅白歌合戦初出場を果たしたナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『WHITE BREATH』

T.M.Revolution WHITE BREATH

アーティスト名:T.M.Revolution
リリース年月日:1997年10月22日

破壊力のある声量と伸びのある歌声が特徴的な西川貴教さん。

アーティスト名の“T.M.Revolution”は貴教が革命を起こすという意味の“Takanori Makes Revolution”から来ているのだそう。

T.M.Revolutionさんで特に印象深いのが、この「WHITE BREATH」の上半身裸にジャケットとネクタイで吹雪の中歌を歌っているPVですよね!

現在でも風に吹かれながら歌唱する演出は西川貴教さんの定番となっていますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

いきなりサビから始まるこの曲。出遅れないようにバシッと決めましょう!

その勢いを殺さないようAメロに入り、お腹に力を入れてはっきりと歌い進め、再びサビでは、より大きく歌唱して熱い雰囲気をだしていきましょう。

服装がスーツなら、素肌にネクタイとジャケットで西川貴教さん風の服装が演出できるのでぜひやってみてください!意外と盛り上がりますよ!!

その他、『T.M.Revolution』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『LEVEL4』(発売日:1997年4月21日/ゲームソフト「モータートゥーン・グランプリ」CMソング)
  • 『HOT LIMIT』(発売日:1998年6月24日/2016年7月アニメ「ReLIFE」第2話EDテーマ)
  • 『Burnin’Xmas』(発売日:1998年10月28日/T.M.Revolutionさん初のクリスマスソング)

カラオケで盛り上がる曲は『SHAKE』

SMAP

アーティスト名:SMAP
リリース年月日:1996年11月18日

2016年末に惜しまれながら解散してしまったSMAPさん。

メンバー個人でも俳優、バラエティーで活躍しており誰もが知る国民的アイドルグループでしたよね。

これまでにリリースした楽曲は、中学校、高校の音楽の教科書に使われるなどSMAPさんの曲は人気知名度ともにとても高いですよね。

この「SHAKE」も音楽番組やライブで多く披露し大変盛り上がる代表的なSMAPさんの楽曲の一つです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

最初から最後までノリのよい楽曲です。

イントロで木村拓哉さんがしているように、裏声で「トゥルルル、Wow!」のシャウトをいれて一気に場の空気を熱くしましょう!

リズムは「タン タン タン タン」というわかりやすいリズムなので、イントロでは手を叩くジェスチャーで手拍子をあおっていきましょう。

タンバリンやマラカスを使用すればより盛り上がるでしょう!

サビの前で「カモン!」や「一緒に!」と添えながらみんなの方にマイクを向けて声を貰うようにすると更に盛り上がりますよ!

その他、『SMAP』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『青いイナズマ』(発売日:1996年7月15日/「ローソン」CMソング)
  • 『世界に一つだけの花』(発売日:2003年3月5日/ドラマ「僕の生きる道」主題歌)
  • 『BANG!BANG!バカンス!』(発売日:2005年7月27日/「スーパーベースボール」テーマソング)

ここまでカラオケで盛り上がる30代男性に現在も人気の高い楽曲を紹介してきましたが私が特にオススメ出来る楽曲は、SMAPさんの

「SHAKE」ですっ!

解散してもなおSMAPさんはアイドルグループの中で知名度はナンバー1。

テレビで流れることも多いこの曲は、サビを聴いたことのある方が多いはずです。

テンポもよいこの曲を入れれば知らない人でも自然と手拍子がでてくるような、必ず盛り上がること間違いなしな一曲でしょう!

アーティストを象徴する様々なジャンルの楽曲を紹介しましたので、新たなジャンルを開拓し、是非カラオケで披露してみてくださいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲