カラオケ 盛り上がる 30代 女性カラオケで盛り上がりたい!と思っても、いざ選曲しようとすると何を歌えばいいか思い浮かばない…なんてことよくありますよね。

そこで30代の女性がカラオケで盛り上がる人気曲を厳選しました!

アップテンポでノリの良い曲をピックアップしましたので参考にしてくださいね!

会社の集まりや女子会の二次会でカラオケに行くことって結構多いですよね!

30代といえば、上司や部下、年上年下問わず関わりある年代。だからこそ、カラオケで盛り上がる選曲には気を使ってしまいます。

そんな30代女性にオススメ!大ヒットした誰もが知る楽曲の中からカラオケで盛り上がる曲だけをピックアップしました!

選曲に困ったときはぜひ参考にして、盛り上げ役になってくださいねっ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『今すぐKISS ME』

LINDBERG 今すぐKISS ME

アーティスト名:LINDBERG
リリース年月日:1990年2月7日

1990年に放送された月9ドラマ「世界で一番君が好き!」の主題歌となったこの楽曲は、オリコンヒットチャート1位を獲得するなど、当時爆発的な人気を誇り代表曲となりました。

2002年に解散し2009年に再結成したLINDBERGさん。2014年からは精力的に活動を再開していますよね。

そんな背景もあり、最大のヒット曲となった「今すぐKISS ME」はテレビでも代表曲としてよく取り上げられていますので幅広い年齢層の人が知っている曲。なのでみんなで歌って盛り上がれる曲としておすすめですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

バンドらしいロックテイストの楽曲で、出だしからアップテンポで盛り上がりやすい曲なので、リズムに乗り遅れないように注意しましょう!

ボーカルの渡瀬マキさんの様に、1フレーズずつ歯切れよく歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ!

サビ前の「やめられない oh yeah」の部分でだんだんと声を大きくしていき、サビに向けて盛り上げるように意識して歌ってくださいね。

サビの「今すぐKISS ME~」の後にある「Wow Wow」の部分では皆にマイクを向けるなどしてあおり、全員でコールして盛り上がりましょう!

その他、『LINDBERG』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『BELIEVE IN LOVE』(発売日:1991年7月3日/「夢で逢えたら」OPテーマ)
  • 『GAMBARAなくちゃね』(発売日:1994年5月18日/「進研ゼミ」CMソング)
  • 『もっと愛しあいましょ』(発売日:1995年11月1日/「かざあなダウンタウン」テーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『負けないで』

ZARD 負けないで

アーティスト名:ZARD
リリース年月日:1993年1月27日

メディアへの露出が少ないアーティストでありながら多数のヒット曲を生み出してきたZARDさん。

この「負けないで」はZARDさんの知名度と人気を一気にあげた大変有名な一曲ですよね!

当時、恋愛ソングが続いていたので違うタイプの詩を書きたいと思っていた矢先に出会った楽曲だったそう。

24時間テレビのマラソン企画の応援歌として定着しているので、合唱で盛り上がれるナンバーです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

聴けばすぐに「負けないで」とわかるイントロ。流れれば自然と大合唱になること間違い無しですね!

リズムも分かりやすく「タン タン タン タン」と手拍子も取りやすいので、皆にもやってもらえるようマイクを持ちながらジェスチャーして煽っていきましょう。

サビの「負けないで」のフレーズは超有名なので、この部分はマイクを向けてみんなで合唱できるようにすると更に盛り上がりますよ!

その他、『ZARD』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『揺れる想い』(発売日:1993年5月19日/「ポカリスエット」CMソング)
  • 『マイフレンド』(発売日:1996年1月8日/「SLAM DUNK」EDテーマ)
  • 『心を開いて』(発売日:1996年5月6日/「ポカリスエット」CMソング・累計70万枚を突破した人気曲)

カラオケで盛り上がる曲は『ロマンスの神様』

広瀬香美 ロマンスの神様

アーティスト名:広瀬香美
リリース年月日:1993年12月1日

❝冬の女王❞の異名で知られる広瀬香美さん。数多くの冬の定番ソングがありますよね!

この楽曲はアルペンのCM曲となり、爆発的なヒットを記録。現在でも冬一番の人気ソングになっています。

この曲は広瀬香美さんが中学一年生の時に作曲したものが原型になっているとのこと。

長年温め続けてきた楽曲だけに、完成度の高い❝冬の盛り上がりソング❞になっていますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲はなんと言っても、高音で印象深いサビが盛り上がりポイントです!

キーが高いので喉がきちんと温まった、カラオケ中盤での選曲をオススメします。

サビの「きっと誰かを感じてる」では、メロディーの音階が上がっていく「感じてる」に合せて声を大きくしていきましょう。

「Boy Meets Girl」や「Fall In Love」の部分は掛け合いの部分になりますので、マイクを向ける演出で盛り上げてくださいね!

その他、『広瀬香美』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『愛があれば大丈夫』(発売日:1992年12月2日/映画「病は気から 病院へ行こう2」主題歌)
  • 『ゲレンデがとけるほど恋したい。』(発売日:1995年12月1日/「アルペン」CMソング・同名映画の主題歌)
  • 『真冬の帰り道』(発売日:1997年1月1日/「アルペン」CMソング・アップテンポで人気のナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『TOMORROW』

岡本真夜 TOMORROW

アーティスト名:岡本真夜
リリース年月日:1995年5月10日

シンガーソングライター、作詞・作曲家、ピアニストとマルチな才能を発揮している岡本真夜さん。

実は元は歌よりもピアノが好きだったのですが、DREAMS COME TRUEさんの『未来予想図』を聞いて「歌手になりたい」と思ったのが歌手デビューのきっかけだったというエピソードがあります。

そんな岡本真夜さんのデビュー曲が「TOMORROW」。同楽曲はドラマの主題歌にもなり、累計売上げが約180万枚を達成し代表曲となりました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビのメロディーから始まる曲なので、歌の❝最初の入り❞はノリ遅れないよう、事前に確認しておきましょうね!

リズムが「ンタッ ンタッ ンタッ」と裏拍子をとれる曲なので、間奏のリズムにのり、率先してみんなの手拍子を促しましょう。

後半サビの繰り返しでは、2回目のサビが半音上がり(キーが上がる)ますので、ちょっと苦しくなるかも。

なので、その部分はみんなに合唱を煽って応援してもらえるよう、マイクパフォーマンスをすると一体感がでて更に盛り上がりますよ!

その他、『岡本真夜』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『そのままの君でいて』(発売日:1997年1月16日/「信用金庫」CMソング・ドラマ「セカンド・チャンス」挿入歌)
  • 『大丈夫だよ』(発売日:1998年2月25日/「ビートたけしのTVタックル」EDテーマ)
  • 『宝物』(発売日:1999年2月10日/ドラマ「ママチャリ刑事」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『Timing』

ブラックビスケッツ Timing

アーティスト名:BRACK BISCUITS(ブラックビスケッツ)
リリース年月日:1998年4月22日

BRACK BISCUITSさんはバラエティー番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」から誕生した企画ユニット。

当時、同番組から誕生した千秋さんがボーカルを務めた「ポケットビスケッツ」のライバルユニットとして番組内で数々の対決をしていた印象も強いのでは?

この「Timing」は、その対決の1つで勝利し発売する機会をつかんだ楽曲です。

番組の視聴率も後押しとなり、累計売上げ約148万枚を記録する大ヒット曲になったので、同世代の人で知らない人はいないでしょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲は男性パート、女性パートに分かれているデュエット曲となっています。

デュエット曲とは言っても、Aメロの部分が分かれているだけなので、女性一人でも十分歌える曲です。

男性パートの部分はみんなにマイクをむけて、合唱してもらうのもありです!

知名度バグツンのサビ「ズレた間のワルさも」は繰り返し出て来るフレーズなので、1回めは自分で、2回めはみんなでと分けて歌うと一体感が生まれて盛り上がりますよ!

歌い方はボーカルのビビアン・スーさんの様に「ワルッ・サモウォ~」と歌うと雰囲気が出て更に盛り上がりますよ!

その他、『BRACK BISCUITS』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『STAMINA』(発売日:1997年12月3日/オリコン最高2位を記録したデビュー曲)
  • 『Bye-Bye』(発売日:1999年5月26日/新メンバーケディ・ティンさん加入後に発売された最初で最後の曲)

カラオケで盛り上がる曲は『LOVEマシーン』

モーニング娘。 LOVEマシーン

アーティスト名:モーニング娘。
リリース年月日:1999年9月9日

今年デビュー20周年を迎えるモーニング娘。さん。2017年には63枚目となるシングル「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」を発売するなど現在も活躍を続けていますよね。

デビューから現在にいたるまで沢山のヒット曲がありますよね。

中でも7枚目のシングル「LOVEマシーン」は長年歌い続けられているグループの代表曲。

加入直後、いきなりセンターに起用された後藤真希さんの話題性も重なって最大のヒット曲になったのでこの楽曲を知らない人は世代を超えていないでしょう!

後藤真希 デビュー当時

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲はポップでコミカル要素を含むダンスナンバーとなっており、曲中には皆で参加できる盛り上がり要素が満載!

Aメロの「あんたにゃ もったいない(Fu Fu)」の「Fu Fu」や、「熱けりゃ冷ませばいい(フーフー)」「フー フー」の部分はマイクを向けるパフォーマンスで周りのみんなに掛け声をもらえるよう煽ってください!

サビの部分には盛り上がる鉄板の振付けがありますのでぜひやってみてくださいね!

「日本の未来は」と「恋をしようじゃないか」の後の「Wow Wow Wow Wow」では親指と人差し指でL字を作り、斜め右下から左上へリズムに合わせて上げていきます。

モーニング娘。 LOVEマシーン 振付け

世界がうらやむ「Yeah Yeah Yeah Yeah」ではL字にした手をまっすぐ上に伸ばしリズムに合わせて左右に大きく振りましょう!

モーニング娘。 LOVEマシーン 振付け

この2つの動きだけでも覚えてすると確実に盛り上がりますのでぜひやってみてくださいね!

その他、『モーニング娘。』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ハッピーサマーウエディング』(発売日:2000年5月17日/結婚式の定番ソングとして根強い人気のナンバー)
  • 『恋愛レボリューション21』(発売日:2000年12月13日/20世紀最後に発売され新世紀を意識したディスコ風の盛り上がりソング)
  • 『ザ☆ピース!』(発売日:2001年7月25日/曲中の石川梨華さんによる台詞が印象深い、当時のメンバー9人として最初で最後の楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『Body&Soul』

SPEED

アーティスト名:SPEED
リリース年月日:1996年8月5日

デビュー当時平均年齢13.5歳の小・中学生で編成されたユニットと言うことで大変話題となったSPEEDさん。

デビュー曲の「Body&Soul」当時、最年少だった島袋寛子さんは何と小学6年生。そのパワフルでハイトーン(高音)な歌声には衝撃を受けました。

SPEEDさんは2000年に人気絶頂の中に解散してますが、期間限定などで度々再結成するなど根強い人気ぶりを見せていますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

アップテンポなナンバーとなっているこの曲。

サビ前はラップ調のメロディーも取り入れられているので、よくリズムにのって歌いましょう!

島袋寛子さんが歌うサビの部分「同じStepの毎日じゃ~」や「空を抱きしめて~」は、かなりの高音が続きます。

なので、ここの高音を意識してキー設定を調整しておくことをオススメしますが、❝声が出ない無理している感❞を出すことでも結構盛り上がりますよ!

高音の出し方については、お腹から力一杯に声を張り、頭の天辺に響かせるるような感じで発声をすると島袋寛子さんの雰囲気が出て尚かつ歌いやすいので試してみてくださいね!

何度も出てくる「Body&Soul」の部分はぜひ皆でコールできるようマイクパフォーマンスも忘れずに!

その他、『SPEED』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Go!Go!Heaven』(発売日:1997年3月26日/グループ初のオリコン1位を獲得した楽曲)
  • 『Make Me Up!』(発売日:1997年8月6日/ロート製薬「Zi:リセ」CMソング)
  • 『ALL MY TRUE LOVE』(発売日:1998年10月28日/「1998年バレーボール世界選手権」テーマソング)

カラオケで盛り上がる曲は『Majiで恋する5秒前』

広末涼子 majiでkoiする5秒前

アーティスト名:広末涼子
リリース年月日:1997年4月15日

広末涼子さんは現在、女優として大活躍していますが、忘れてはいけないのはこの楽曲。

記念すべき1stシングルとなったこの楽曲は、作詞・作曲を竹内まりやさんが手がけているだけあって現在でも色あせないナンバーとなっています。

広末涼子さんが出演していたドラマ「木曜の怪談’97 悪霊学園」の主題歌や、NTTドコモ「ポケベル」のCMソングになっていましたので同世代には懐かしのナンバーとなっています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

イントロから手拍子をしてリズムを刻んでいきましょう。

歌い始めや曲の終盤にある「ワン・ツー・スリー フォー ファイブ」は盛り上げるためには飛ばしてしまわず、ささやき声で歌っていきましょう!

この楽曲には特定の振付けはありませんが、当時の広末涼子さんの様に左右に首を傾けながらかわいく歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ!

リズムにのりながら歯切れよく笑顔で歌いきってくださいね!

その他、『広末涼子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『大スキ!』(発売日:1997年6月25日/アサヒ飲料「ミツ矢サイダー」CMソング)
  • 『summer sunset』(発売日:1998年5月13日/「王様のブランチ」EDテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『ら・ら・ら』

大黒摩季 ら・ら・ら

アーティスト名:大黒摩季
リリース年月日:1995年2月20日

大黒摩季さんといえば、2016年に約5年半ぶりのアルバム発売や、単独ライブの開催など現在も人気ぶりは衰えを知りませんよね。

シンガーソングライターとしての活動はなんと小学生から!3歳からクラシックピアノも始めています。

力強い歌声が魅力的で数々の大ヒット曲のある大黒摩季さん。

この「ら・ら・ら」もそんな楽曲の1つで、ドラマ「味いちもんめ」の主題歌といったタイアップも後押しになりオリコン1位&ミリオンセラーも達成!

現在もカラオケの盛り上がりソングとして人気の高い楽曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

とにかく力強くパワーを貰える楽曲ですよね!

大黒摩季さんのようにお腹から声を出し、歌い出しからパンチを効かせて歌い上げましょう。

サビは聴き馴染みのあるメロディー。そして歌詞も「ららら」と、で歌いやすいので、サビに入る前に「さぁ ご一緒に!」と言いながらマイクを渡して(向けて)ぜひみんなで歌いましょう。

手を上にあげメロディーに合わせながら左右に揺らすのも鉄板なふりですので、歌いながらジェスチャーをするのも結構盛り上がりますよ!

その他、『大黒摩季』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『夏が来る』(発売日:1994年4月23日/2003年発売(2012年再販)されたアルバムにはスペイン語バージョンが収録)
  • 『熱くなれ』(発売日:1996年7月8日/NHK「アトランタオリンピック」テーマソング)
  • 『あぁ』(発売日:1996年2月26日/「味いちもんめⅡ京都編」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『春~spring~』

Hysteric Blue

アーティスト名:Hysteric Blue(ヒステリック ブルー)
リリース年月日:1999年1月21日

大阪府出身のロックバンドで❝ヒスブル❞の略称で親しまれたHysteric Blue(ヒステリック ブルー)さん。

セカンドシングルであるこの楽曲は「目撃!ドキュン」のEDテーマに起用され、ブレイクのきっかけとなりました。

現在も春の定番ソングとして根強い人気があります!

歌詞が女性視点なので、ボーカルのTamaさんが作詞を手掛けたのと思われがちですが、実際はドラムのたくや(現:楠瀬拓哉)さんによって作られた楽曲だったとは意外ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ロックバンドらしいノリの良さもありながら、切ないメロディーもある表現豊かな楽曲なので、メリハリを付けて歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ。

Aメロは優しく物思いにふけるように歌ってみましょう。

Bメロの「それでも」の後、「あぁ」の部分はドラムも大きく入り、サビへ向かって盛り上がって行く部分です。

Aメロとは印象をがらりと変え、声量を上げつつ滑舌良く歌っていきましょう。

サビ前の「遠くみつめ」からは、テンポアップしサビへ向かって更に勢いが付く部分なので、熱く歌い上げてくださいね!

そして、一番の盛り上がるサビの「こういう夢ならもう一度逢いたい」は、地声と裏声の切り替えがポイント!

ボーカルのTamaさんは「逢いたい」の「あ」の部分だけ裏声で歌っていますが、それよりもキーが低い人は少し手前の「もう一度」の「も」から裏声にしてもOK!

また、どうしても裏声が難しい場合は、サビのフレーズは超有名な部分なので、みんなへマイクを向けて合唱スタイルにすると、この部分は歌わなくても盛り上がるのでやってみてくださいね。

その他、『Hysteric Blue』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Little Trip』(発売日:1999年5月8日/アルバム「baby Blue」からのシングルカット)
  • 『グロウアップ』(発売日:2000年10月25日/アニメ「学校の怪談」のOPテーマ)
  • 『ふたりぼっち』(発売日:1999年10月20日/「ポップジャム」EDテーマ)

これまでカラオケで盛り上がる、30代女性に人気のある楽曲を紹介してきましたが、この中で私が最もオススメ出来るのは、ZARDさんの

「負けないで」ですっ!

毎年聴く機会のあるこの曲は、老若男女誰もが知るナンバー。リズムも取りやすく、サビに入れば自然と皆が口ずさんでいることでしょう。

どんな場面でも皆で盛り上がれる、締めにもってこいの曲ですよ!

長年活躍していたり、再始動、再結成があったりと現在も耳にする機会の多い楽曲ばかりを揃えましたので、是非参考にして、皆で楽しいカラオケタイムを過ごして下さいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲