カラオケ 盛り上がる 女性 1974いろんな集まりでカラオケに行く機会、けっこうありますよね。そんなとき、「何を歌えば盛り上がるのか…」と悩みませんか?

今回は1974年リリースの楽曲から女性が現在でもカラオケで盛り上がる曲を厳選しました!

1974年と言えば、「ベルサイユのばら」が初公演され、ブームとなった年でした。その人気は現在も衰えることを知りませんよね。

また、国民的キャラクターのハローキティが誕生したのもこの年でした。

そんな時代に流行した楽曲の中から皆で盛り上がれる楽曲をピックアップ!レパートリーに加えてみて下さい!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『ポケットいっぱいの秘密』

アグネス・チャン ポケットいっぱいの秘密

アーティスト名:アグネス・チャン
リリース年月日:1974年6月10日

同年発売のアルバム「アグネスの小さな日記」に収録された曲でしたが、アレンジを変えてシングルカットしたことで人気曲となりました。

この楽曲の一番の歌詞を縦に読むと…

あなた 草のうえ
ぐっすり 眠ってた
ねがお 優しくて
すきよって ささやいたの

なんと❝アグネス❞の隠し言葉がっ!

そんな雑学も交えつつカラオケで歌うと盛り上がりますよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

テンポがよいこの曲。リズムにのせて体を左右に揺らしながら笑顔で歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ!

手拍子が合う曲なのでイントロから手を叩くジェスチャーをして、みんなに手拍子を煽っていってくださいね。

アグネス・チャンさんの曲は高音で響かせるメロディ-が多いですが、この楽曲にも数回、高音部分が出てきています。

お腹から声をだし口角を上げて歌うと高音を出しやすくなりますのでぜひ一度試してみてくださいね!

高音部分に自信がない人はキーの調整を。2~3固定度なら曲の雰囲気も大きくく変わらないので、調整して歌いましょう。

その他、『アグネス・チャン』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ひなげしの花』(発売日:1972年11月25日/真っ先に思い浮かぶアグネス・チャンさんのデビューにして代表曲)
  • 『草原の輝き』(発売日:1973年7月25日/日本レコード大賞・新人賞受賞曲)
  • 『小さな恋の物語』(発売日:1973年10月25日/オリコン週間1位を記録し最大のセールスとなったナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『ひと夏の経験』

山口百恵 ひと夏の経験

アーティスト名:山口百恵
リリース年月日:1974年6月1日

山口百恵さんを一躍トップアイドルに押し上げた楽曲が、この「ひと夏の経験」でした。

日本レコード大賞の大衆賞をはじめ、日本歌謡大賞・放送音楽賞の受賞や、紅白歌合戦紅組トップバッターでこの曲を披露するなど、まさにブレイクするーとなりました。

疾走感のあるメロディーと、アイドル歌謡の王道といった楽曲なのでカラオケで盛り上がる曲としておすすめです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌い出しはしっとりと始まり、サビでいっきに曲が盛り上がりますので、抑揚を意識して歌ってくださいね

Aメロは優しく歌い進め、サビ前の「愛は尊いわ」の部分でいっきに盛り上げていきましょう。

サビの「誰でも一度だけ~」の部分は歯切れよく「だっ・れっ・でーもっ」と言った感じに1音ずつ区切って歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ!

その他、『山口百恵』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『夢先案内人』(発売日:1977年4月1日/東京音楽祭国内大会・ゴールデンカナリー賞、世界大会・銅賞を獲得)
  • 『イミテイション・ゴールド』(発売日:1977年7月1日/多くのアーティストにカバーされているナンバー)
  • 『プレイバックPart2』(発売日:1978年5月1日/「Play Back!」のフレーズが印象深いナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『二人でお酒を』

梓みちよ 二人でお酒を

アーティスト名:梓みちよ
リリース年月日:1974年3月25日

「こんにちは赤ちゃん」の大ヒットで一躍人気歌手となった梓みちよさん。

デビュー当初は清純派歌手として活動されていましたが、70年代に入ると大人なイメージへと変更していきました。

この「二人でお酒を」は、大人へとへイメージチェンジしてから初リリースされた楽曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

梓みちよさんもされてるように、指をパチンッと鳴らすしぐさをしながら歌って雰囲気を出してみましょう!

そして何よりこの楽曲は梓みちよさんが地べたに座りながら歌うのが定番になっていますので、マネして歌うのも結構盛り上がりますよ。

梓みちよ 二人でお酒を 振付け

その他、『梓みちよ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『こんにちは赤ちゃん』(発売日:1963年11月1日/100万枚を超える昭和の名曲)
  • 『メランコリー』(発売日:1976年9月21日/後にこの楽曲を作曲した吉田拓郎さんがセルフカバー)
  • 『よろしかったら』(発売日:1979年9月21日/日本専売公社「パートナー」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『グッド・バイ・マイ・ラブ』

アン・ルイス グッド・バイ・マイ・ラブ

アーティスト名:アン・ルイス
リリース年月日:1974年4月5日

アン・ルイスさんと言えば代表曲の「六本木心中」や「あゝ無情」のような、パワフルでロック調のイメージが強いですよね。

実は、アン・ルイスさんはデビュー当初、グラビアアイドルとして活動していて、楽曲もアイドル歌謡路線だったんですよね。

アン・ルイス

この「グッド・バイ・マイ・ラブ」はアイドル時代に初ヒット、その後のブレイクに繋がったナンバーです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲はかなり知名度の高い楽曲。知っている人も多く、普通に歌うだけでも自然とみんなで大合唱になり盛り上がります。

更に盛り上げるためにはこの部分!

一番と二番の間にある英語のセリフがなんといっても注目されるポイント。

完璧な英語の発音ができるのが一番いいのですが、適当な発音でも❝ウケ❞を狙えて結構盛り上がりますよ!

なので英語に自身がなくても堂々と歌い切りましょう!

その他、『アン・ルイス』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『甘い予感』(発売日:1977年8月5日/作詞作曲を手掛けた松任谷由実さんのアルバム「OLIVE」収録曲)
  • 『六本木心中』(発売日:1984年10月5日/「ワリッカ・ハイボールCAN」CMソング)
  • 『あゝ無情』(発売日:1986年4月21日/ドラマ「不信の時~ウーマン・ウォーズ~」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『恋のインディアン人形』

リンリン・ランラン 恋のインディアン人形

アーティスト名:リンリン・ランラン
リリース年月日:1974年4月15日

リンリン・ランランさんが双子のデュオとしてデビューした曲が「恋のインディアン人形」でした。

長いお下げ髪にインディアンのような衣装を着て歌唱したこの曲は、最大のヒット曲となりました。

2004年に、加護亜依さん、辻希美さんのユニットW(ダブルユー)さんによってカバーされるなど長年愛され続けているナンバーです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲には振付けがありますので、簡単な部分だけでも取り入れると盛り上がりますよ!

サビの「夢を作って」からの部分は手の平を広げて前に出し、リズムに乗せて左から右へ動かしてください。

リンリン・ランラン 恋のインディアン人形 振付け

「あなたに あなたに」の部分では横へ2回、前へ2回、指さしをします。

リンリン・ランラン 恋のインディアン人形 振付け

二人で歌える楽曲なので、カラオケが苦手な人にもオススメ。

曲を知っている人とデュエットすれば結構盛り上がりますのでぜひ誘ってみてくださいね。

その他、『リンリン・ランラン』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『陽気な恋のキューピッド』(発売日:1974年8月25日/タイトル通りの陽気な楽曲)
  • 『小さなプロポーズ』(発売日:1976年7月10日/NHK「初級英語」挿入歌)

カラオケで盛り上がる曲は『ヒッチハイク』

あきいずみ ヒッチハイク

アーティスト名:あきいずみ
リリース年月日:1974年

「亜樹まこと」という芸名で歌手デビューし、❝あきいずみ❞と改名してイメージチェンジした時の楽曲がこの「ヒッチハイク」です。

上から下まで繋がったジャンプスーツにロングブーツをまとって、激しい振りの圧巻のパフォーマンスを披露していましたね。

あきいずみ ヒッチハイク 衣装

カラオケでの盛り上がりPOINT!

あきいずみさんのように、一語一語をはっきりと力強く歌いましょう。

「それも いいわ×3」と、同じ言葉を繰り返す部分は最後に向けてどんどん声を大きくして強くして盛り上げていきましょう。

あきいずみさんは間奏部分でカンフーアクションを披露していましたので、パンチやキックなどカンフーっぽい動きをするといいでしょう。

サビ終わりの「ヒッチハイク」は❝ヒッ❞と❝ク❞にアクセントを付けて歯切れよく歌うと雰囲気が出て更に盛り上がりますよ!

その他、『あきいずみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『そりゃないわ』(発売日:1971年/亜樹まことさん名義でだしたデビューシングル)
  • 『バカンス』(発売日:1974年/雄叫が入るハードな歌謡曲)

カラオケで盛り上がる曲は『とびだせ初恋』

浅野ゆう子 とびだせ初恋

アーティスト名:浅野ゆう子
リリース年月日:1974年5月25日

ドラマ「抱きしめたい!」で浅野温子さんとともに“W浅野”としてブレイクした浅野ゆう子さん。

その後は数々のドラマで活躍しているので女優としてデビューしたのかと思いきや、実はアイドル歌手としてデビューしているんですよ!

この楽曲はアイドルだった浅野ゆう子さんの記念すべきデビュー曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの部分についている振りを是非取り入れてみましょう!

フレーズの歌い始めに❝パン・パン❞と手拍子が二回入っています。その時に顔は左へ倒しながら手拍子をしましょう。

浅野ゆう子 とびだせ初恋 振付け

また、サビの最後「気になるのよ」の❝よ❞の部分で手を銃の形にしてパッと前へ出して決めましょう!

浅野ゆう子 とびだせ初恋 振付け

簡単にできる振付けなので是非チャレンジしてみて下さいね。

その他、『浅野ゆう子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『セクシー・バス・ストップ』(発売日:1976年4月25日/国内にとどまらず海外でもカバーされる人気のナンバー)
  • 『サマーチャンピオン』(発売日:1979年4月5日/「カネボウ化粧品夏キャンペーン」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『今夜かしら明日かしら』

テレサ・テン 今夜かしら明日かしら

アーティスト名:テレサ・テン
リリース年月日:1974年3月1日

天才少女として歌唱コンテストで注目され、その後デビューを果たしました。

その後、女優としても活躍しアジアを中心に人気を獲得。その人気ぶりから日本でも歌手デビューを果たしました。

その記念すべきデビュー曲が「今夜かしら明日かしら」です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

テレサ・テンさんが当時行っていたように、歌い始める前にくるっと回転するパフォーマンスを取り入れてみましょう。

テレサ・テン 今夜かしら明日かしら 振付け

また、歌い終わりも同じようにくるっと回転して紳士のように片膝をまげたお辞儀をして場をしめるとよいでしょう。

テレサ・テン 今夜かしら明日かしら 振付け

歌うときのポイントは、繰り返すフレーズや単語の2回目にアクセントを付けるよう意識して歌うとメリハリがついて盛り上ありますよ!

その他、『テレサ・テン』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『時の流れに身をまかせ』(発売日:1986年2月21日/有線大賞3年連続大賞・グランプリを達成した代表的な一曲)
  • 『スキャンダル』(発売日:1986年11月21日/サングラスをかけて歌う姿が印象的なナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『愛がはじまる時』

風吹ジュン 愛がはじまる時

アーティスト名:風吹ジュン
リリース年月日:1974年5月1日

大河ドラマ、朝の連続テレビ小説はじめ多くのドラマ、そしてCMに出演している風吹ジュンさん。

1975年に女優デビューを果たしたのですが、その1年前に歌手デビューをしていたんですよ!

そのデビュー曲がご紹介する「愛がはじまる時」でした。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

少しキーが高めなので、喉が温まるカラオケの中盤以降の選曲をオススメします。

風吹ジュンさんの歌い方が少し舌っ足らずな特徴的な歌い方なので、あえてはっきり歌わずにふわふわした歌声で歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ。

曲調がとても明るい曲なので、表情はもちろん笑顔で最後まで歌いましょう!

その他、『風吹ジュン』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『夏のふれあい』(発売日:1974年5月1日/「愛がはじまる時」のB面として収録されたナンバー)
  • 『23才』(発売日:1975年5月5日/水曜劇場「寺内貫太郎一家2」劇中歌)

カラオケで盛り上がる曲は『ひまわり娘』

伊藤咲子 ひまわり娘

アーティスト名:伊藤咲子
リリース年月日:1974年4月20日

当時アイドルの登竜門的な番組だった「スター誕生!」で優勝し、アイドル歌手としてデビューした伊藤咲子さん。

そのデビュー曲がこの「ひまわり娘」です。

「誰のために咲いたの」というフレーズが有名ですよね!

若干、海援隊の『贈る言葉』のメロディーと似ているような…?

この曲は伊藤咲子さんのモノマネをされる際によく使用されたり、生命保険のCMやゲーム内の主題歌にもなっているので、知っている人も多くみんなで歌える曲としておすすめです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

伸びやかな歌声が魅力的な伊藤咲子さん。メロディーラインもゆったりと進むので、音一つ一つを大切にしながら優しく伸びやかに歌い進めましょう。

伊藤咲子さんもされてるようにサビ前の「あなた太陽みたい」の部分でだんだん声を大きくし、その勢いのままサビに入り歌い上げましょう。

最後に出てくる2回目の「あなただけの花になりたい~」の後の❝タメ❞の部分は、高音を充分に伸ばし、続く「それが私の願い」は優しく入り余韻を残すよう意識してみてください。

カラオケ上級者のような雰囲気が出せますよ!

その他、『伊藤咲子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『乙女のワルツ』(発売日:1975年7月5日/セイコー「セイコー腕時計」、日産自動車「プレセア」CMソング)
  • 『きみ可愛いね』(発売日:1976年3月5日/第27回紅白歌合戦初出場曲)

ここまで、1974にリリースされた楽曲の中から現在でもカラオケで盛り上がること間違いなしな女性向きソングを紹介してきましたが、私が特にオススメするのは、アン・ルイスさんの

「グッド・バイ・マイ・ラブ」ですっ!

小泉今日子さんや真心ブラザーズさんなど多数のアーティストからカバーされるなど、幅広い年齢層の人が一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

なんといってもこの曲の見せ場は、英語のセリフ!

サラリと英語のセリフをこなせば、皆からの見る目が一瞬で変わること間違いなしですよ!

1974年はアーティストのデビュー曲が多い年でしたね!

デビュー曲から話題が膨らむことも多いので、ぜひ積極的にレパートリーに加えて、皆で盛り上がってくださいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲