カラオケ 盛り上がる 女性 2006カラオケで盛り上がる曲が浮かばない!そんな経験はありませんか?

今回は2006年の女性の人気曲の中から現在でも盛り上がる曲を厳選してお届け!

女性同士はもちろん男性を交えたカラオケにもオススメですよ!

2006年といえばトリノ冬季オリンピックが開催され、女子フィギュアスケート荒川静香さんが金メダルに輝き話題になった年ですね。

メダルへ導いた技は荒川静香さんの代名詞とも言える「イナバウアー」。真似をして腰を痛めたなんて話も聞いたり聞かなかったり。

音楽では、倖田來未さんの「エロカッコイイ」スタイルが人気になり、流行語大賞に選ばれましたね。

❝最高のプロポーションを維持するためには人に見られているという意識が大切❞とする倖田來未さんの意見に、多くの女の子たちが感銘を受けたり、腰を痛めたりしました。

腰は関係ありませんでした。

前置きはこのぐらいにしまして、カラオケで盛り上がりたい時にどんな曲がいいのか…と悩んだ経験ありませんか?

検索しても中々いい曲に出会わなかったり…

そこで今回は2006年のヒットソングの中から現在でも盛り上がること間違い無しのアップテンポな曲を厳選してお届けします。

ここでは誰もが一度は聴いたことのある、または聴いたことがなくても絶対好きになる「カラオケで盛り上がる10曲」をピックアップしています。「2006年はこの曲が流行ってたよね!」「そういえばこんな事があったよね!」と盛り上がること間違い無しですよ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『タイヨウのうた』

沢尻エリカ タイヨウのうた

アーティスト名:沢尻エリカ
リリース年月日:2006年8月30日

ドラマ「タイヨウのうた」の挿入歌です。ドラマの内容は、太陽光に当たることができないXP(色素性乾皮症)という病気を持つ女性・雨音薫さんが、捨てられたギターを手にし音楽の魅力に引き込まれていきます。

そんな中ギターの元持ち主の青年と出会い、歌うことで青年の心を動かし純愛へと発展しますが、雨音薫さんの病気はどんどん進行していってしまうという幸福と死が隣り合わせになった切ないお話しです。

雨音薫さんを演じた沢尻エリカさんの気丈に振る舞う姿は、日本中の人々の涙を誘いました。

この楽曲はCD発売前の着うたダウンロード数が50万を突破するほどの人気で話題作となりましたのでこのドラマを知らない人も聴いたことがある人は多いですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ゆったりと歌い、手拍子を打ってもらいましょう。サビの盛り上がりがとても良いので、お腹の底から思い切り歌って下さい!

携帯電話のライトをペンライトに見立て振ってもらえばライブ感を楽しむことができますよ!

その他、沢尻エリカさんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Stay With me』(発売日:2006年8月30日/ドラマ「タイヨウのうた」挿入歌)
  • 『FREE』(発売日:2007年7月4日/SUBARU「R2」&「ステラ」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『Go my way』

矢井田瞳 Go my way

アーティスト名:矢井田瞳
リリース年月日:2006年3月15日

日本コカ・コーラ「新・爽健美茶」のCMソングになったこの楽曲は着うたで先行発売されました。

「Go my way」の疾走感と爽やかなお茶のイメージがピッタリ合って、聞き入ってしまうCMでしたね。

MVで沢山の人が走るシーンが印象的な作品ですが、そのイメージ通りに疾走感満点の曲なので、盛り上がること間違いなしです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

矢井田瞳さんの歌い方や声はすごく独特で、真似するのは難しいので自分風にアレンジして歌いあげましょう。

サビはジャンプしながら、片手を天井へ向けて思い切り歌うととっても楽しいですよ!エアギターで雰囲気を出しても盛り上がりますよ!

  • その他、矢井田瞳さんの盛り上がる曲はこれ!
  • 『My Sweet Darlin’』(発売日:2000年10月4日/ニコンデジタルカメラ「COOLPIX 880」CMソング)
  • 『I’m here saying nothing』(発売日:2001年1月24日/ドラマ「おいしい女たち」主題歌)
  • 『アンダンテ』(発売日:2002年7月10日/「ろみひー」エンディングテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『恋のつぼみ』

倖田來未 恋のつぼみ

アーティスト名:倖田來未
リリース年月日:2006年5月24日

ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の主題歌です。放送作家の鈴木おさむさんと芸人の森三中・大島美幸さんの馴れ初め、結婚するまでの道のりを赤裸々に表現していて、エッセイや漫画も大ヒットしましたね。

「ブス恋」と聞けば思わず、「あーあのドラマね!」と笑ってしまうくらい面白い内容でした。

倖田來未さんのイメージ「エロカッコイイ」が流行語大賞に選ばれるなど話題になったアーティスト。

テレビ出演、タイアップ曲などでも、普段音楽を聴かない人でも知っている人は多いので盛り上がること間違いなしですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌いやすいリズムとメロディラインなので、手拍子を打ってもらいノリノリで歌いましょう!

サビは関西弁が登場するので、大好きな人を見つめながら気持ちを込めて歌いあげると思いが伝わるかも!?ガンガン攻める一曲ですね。

その他、倖田來未さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『キューティーハニー』(発売日:2004年5月26日/映画「キューティーハニー」主題歌)
  • 『Butterfly』(発売日:2005年6月22日/ドラマ「コスメの魔法2」主題歌)
  • 『you』(発売日:2005年12月7日/「music.jp」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『Real voice』

絢香 Real voice

アーティスト名:絢香
リリース年月日:2006年7月19日

ドラマ「サプリ」の主題歌です。ドラマの内容は、大手広告会社に女性CMプランナーとして勤める主人公が、プレイベートよりも仕事を優先し続けている中で出会った生意気で軽い年下のアルバイトの男性の影響で少しずつ意識が変わっていくというストーリーでした。

主人公が周りの男性に心揺れ動くたびに「もーどうして!」「じれったい!」と見る人の心も揺さぶられましたよね。

主演の伊東美咲さんとアルバイト男性を演じる亀梨和也さんの身長差でのキスシーンもすごく微笑ましかったです。

絢香さんといえば知らない人がいないほど大人気のアーティスト。圧倒的な歌唱力と表現力で、明るい曲からバラードまで聴く人の心を鷲掴みにする楽曲を生み出し続けています。

『Real voice』はとても前向きな歌詞で、思わず手拍子を打ちたくなる1曲ですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビはMVの様に軽くジャンプしながら歌うとテンションが上りますよ!

絢香さんのように腕を伸ばしたり、下を向いて首を振ったり、祈るように歌ったり、パートごとに合わせて抑揚を付けて歌いあげると感情が入りやすくてオススメです。

その他、絢香さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『For today』(発売日:2007年11月14日/限定配信シングル「ポッキー」CMソング)
  • 『君がいるから』(発売日:2008年6月25日/アルバム「Sing to the Sky」収録曲)
  • 『Hello』(発売日:2012年2月1日/アルバム「The beginning」収録曲「ランチパック」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『YOU』

木村カエラ YOU

アーティスト名:木村カエラ
リリース年月日:2006年1月18日

ネフレコンフェクショナリー「キットカット」のCMソングです。

受験生の少女が受験直前に、カバンの中からお母さんが入れてくれたキットカットを見つけ、受かりますようにと祈るシーンがありました。

キットカット=きっと勝つ

という掛け合わせから、必勝アイテムとして未だに大人気のお菓子ですね。

「YOU」は歌いやすい音域、メロディライン、リズムなのでカラオケにとてもオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ゆったりとしたリズムで始まるので、体を左右に揺らして聴いている人と一体となって楽しみましょう!

サビの部分は聞いたことがある人は多いはずなので、みんなで歌えて盛り上がること間違いないです!

その他、木村カエラさんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『リルラ リルハ』(発売日:2005年3月30日/ボーダフォン「連発メール編」CMソング)
  • 『happiness!!!』(発売日:2004年10月27日/ロート製薬「セセラ」CMソング)
  • 『どこ』(発売日:2009年1月28日/「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」オープニングテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『メランコリニスタ』

YUKI メランコリニスタ

アーティスト名:YUKI
リリース年月日:2006年1月25日

花王「エッセンシャル・ダメージケア」のCMソングになった知名度バツグンの楽曲です。

小ネタですが、この楽曲のタイトル「メランコリニスタ」ってどんな意味なんでしょうか?

どこかの国の言葉だと思っていたのですが、実はYUKIさんの造語なんですよね。

2012年2月1日に発売されたYUKIさんの2枚目のベストアルバム「POWERS OF TEN」の中では

夢に出てくる理想の女性像

だと紹介されているのでメランコリニスタという名前の女性なのでしょう。

本来の言葉の意味合いとしては

メランコリー=憂鬱
~スタ=~な人

なので、訳すと❝憂鬱な人❞という事になりますね。

歌詞の内容から考えると、憂鬱な女性を励ましている楽曲なんでしょうね。

ちなみに、メランコリニスタに続く「フランチェックベニスタ」も造語なのですが、これも分解して訳すと

フランチェック=ひどく興奮した
~スタ=~な人

となり、❝ひどく興奮した人❞という意味なのでしょう。

憂鬱な人と興奮した人。みんな集まって盛り上がろうという想いが込められているのかもしれませんね。

YUKIさんは独特な世界観と柔らかい歌声で、男女ともに人気のあるアーティストです。

JUDY AND MARYさんのボーカルとして活動されていた頃からのファンも多いですね。

MVも面白いので、カラオケの選曲の際には映像付きがオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ダンスミュージックということで、とにかくリズムに合わせ身体を動かしましょう!手拍子や身体を左右に揺らすなどするといいですよ。

YUKIさんの世界に入り込んで、みんなでレッツダンシング!

その他、YUKIさんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『COSMIC BOX』(発売日:2009年11月18日/映画「曲がれ!スプーン」主題歌)
  • 『ランデヴー』(発売日:2009年3月4日/恋に落ちた男女の物語)
  • 『星屑サンセット』(発売日:2007年8月8日/ドラマ「パパとムスメの7日間」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『フレンジャー』

大塚愛 フレンジャー

アーティスト名:大塚愛
リリース年月日:2006年4月12日

東芝「au CDMA 1X WIN MUSIC-HDD W41T」のCMソング、ニュース番組「スポーツうるぐす」のテーマソングです。

MVは台湾で撮影されたのですが、大塚愛さんはこの撮影のために生まれて初めてバイクに乗ったとのこと。

免許を取得するシーンも盛り込まれているので面白いですよね。

大塚愛さんは「桃ノ花ビラ」「さくらんぼ」「恋愛写真」など数々のヒット曲を生み出す女性シンガーソングライター。

中でも『フレンジャー』はとびきり明るく元気な曲なので、みんなで歌ってストレス解消しちゃいましょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

一番の盛り上がりはサビの「だっだっだだっ!ファイッ!」の部分なのでみんなで叫びましょう!

振り付けはもちろんガッツポーズで決めっ!誰かを指名してその人に向け熱く歌うのもアリ!盛り上がること間違いなしですよ!

その他、大塚愛さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『さくらんぼ』(発売日:2003年12月17日/「COUNT DOWN TV」12月度オープニングテーマ、バラエティ番組「めちゃめちゃイケてるッ!」エンディングテーマ)
  • 『ロケットスニーカー』(発売日:2008年5月21日/オリコン週間ランキング4位)
  • 『PEACH』(発売日:2007年7月25日/ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『スイミー』

Every Little Thing スイミー

アーティスト名:Every Little Thing
リリース年月日:2006年8月30日

ドラマ「結婚できない男」の主題歌です。阿部寛さん演じる主人公は、背が高くルックスも良し、高学歴、高収入、という見た目パーフェクトの独身男性ですが、皮肉屋で偏屈な性格を持つ「こじらせ男子」で、女性や結婚に嫌悪感を抱く独身を40歳まで貫くという、まさに結婚できない男です。

この設定だけでも面白いのに、主人公が不器用な恋愛をもたもたと繰り広げるラブコメディーになっていて、共感を得ながらもプッと笑ってしまうような面白いドラマでしたよね。

Every Little Thingさんの楽曲はCMやドラマのタイアップも多く、年齢層・男女関係なく人気のあるアーティストなので盛り上がること間違いなしですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

出だしや間奏部分の「ちゅるーちゅるっちゅっちゅっちゅー」は歌詞に出てこない機種がありますが、聴いている人を楽しませる大切なフレーズなので、みんなで一緒に歌いましょう!

身体を左右に揺らしたり、手を左右に振ったりしてライブ感を楽しむのもいいですね。

その他、Every Little Thingさんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『出会った頃のように』(発売日:1997年8月6日/森永製菓「ICE BOX」CMソング)
  • 『Feel My Heart』(発売日:1996年8月7日/「ヴィーナル」CMソング)
  • 『Dear My Friend』(発売日:1997年1月22日/「スリムビューティハウス」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『恋のダウンロード』

仲間由紀恵 with ダウンローズ

アーティスト名:仲間由紀恵 with ダウンローズ
リリース年月日:2006年1月31日

auのCMソングです。「仲間由紀恵 with ダウンローズ」さんの設定としてはボーカルを女優・仲間由紀恵さんが勤め、MC担当ローズさん、DJ担当ダウンさんの3人組が結成されるというCMキャラクターです。

CDデビューより先にCMデビューしたのでリリース直後から多数の音楽番組にひっぱりだこ!

しかし次曲「恋は無期限」で突然の解散宣言…という話題性あるグループでした。

とても話題になった楽曲なので、

「あれ?なんか聴いたことがあるな?」

という人は多いと思いますのでみんなで盛り上がれる曲ですね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

前奏から手拍子で始めましょう。簡単な振り付けがあるので、覚えて踊ればとさらに盛り上がりますよ!

途中にセリフもあるので、「好きな人…」「それは君だ!」「クタシイけれど…」「認めます!」とみんなで掛け合いをするのがめっちゃ楽しいです!恥ずかしがらずやってみてくださいね!

その他、仲間由紀恵さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『負けない愛がきっとある』(発売日:1997年8月1日/「ロックマンX4」OPソング)
  • 『ダメな恋』(発売日:1998年1月21日/アルバム「遠い日のメロディー」収録曲)
  • 『恋は無制限」(発売日:2006年7月21日/「仲間由紀恵 with ダウンローズ」最後の楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『ハートに火をつけて』

ZARD ハートに火をつけて

アーティスト名:ZARD
リリース年月日:2006年5月10日

ドラマ「愛の劇場 すてきにコモン!」の主題歌で、ZARDさん最初で最期の昼ドラマタイアップです。

曲自体が長すぎず短すぎない良い長さで、サビは同じ歌詞の繰り返しなので、とても覚えやすく歌いやすいです!

ZARDさんのファンの人もそうでない人も、懐かしい気持ちで歌えてしまうレトロな曲調が素敵ですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

裏拍子を打ちやすいので、歌いながらみんなと手拍子したり手を振ったり身体を左右に揺らして一体となりましょう!

間奏部分はリズムに合わせ、「ちゃっちゃっ、ちゃちゃっ」と手拍子を揃えてみてください!

盛り上がること間違いなしですよ!

その他、ZARDさんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『揺れる想い』(発売日:1993年5月19日/「ポカリスエット」CMソング)
  • 『負けないで』(発売日:1993年1月27日/応援ソングの定番曲)
  • 『マイフレンド』(発売日:1996年1月8日/アニメ「SLAM DUNK」エンディングテーマ)

ここまでカラオケで盛り上がるおすすめの曲をご紹介してきましたが、中でも私のイチオシは「フレンジャー」です!

大塚愛さんの曲は元気いっぱいで、だけど乙女チックで、女性が歌えば間違いなく可愛い!

最後の「だっだっだだっだだっだっだだっ!Fight!」がもう楽しすぎます!まさにカラオケで盛り上がること間違いなしですよっ!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケ盛り上がる曲【女性】2007年カラオケ盛り上がる曲【女性】2005年