カラオケ 盛り上がる 女性 1973

カラオケで盛り上がりたい女性の方必見!

1973年リリースの楽曲の中から現在も盛り上がる曲を厳選しました。

選曲に困ったときはぜひ参考にしてくださいねっ!

1973年といえば、石油ショックでトイレットペーパーの買いだめや、ノストラダムスの大予言が流行。日本沈没がベストセラーになるなど、なにやら騒然とした時代でしたね。

ファッションではジーンズが市民権を得て定着、ロングスカートも復活した時代でした。

音楽の世界では「花の中三トリオ」などのアイドル歌手が全盛を迎える一方で演歌も根強い人気を誇っていた時代。

この年にデビューした人たちは後にブレイクする人も多く、今に通じる楽曲がたくさんリリースされた年とも言えるでしょう。

そんな時代のヒット曲の中から、未だにフェイバリットな曲を選曲しましたので、ぜひ参考にカラオケで盛り上がってくださいねっ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『中学三年生』

森昌子 中学三年生

アーティスト名:森昌子
リリース年月日:1973年2月5日

花の中三トリオの一人、森昌子さんの初期のヒット曲がこちら。

デビュー曲の『せんせい』でいきなり大ヒットを飛ばし、『中学三年生』でもオリコン3位を記録しするなど、早熟の天才ですね。

等身大の歌と言うのに、すでにスターの貫禄もありました。

「スター誕生!」の初代グランドチャンピオンでもありますが、この年に始まった「ものまね王座決定戦」の初代チャンピオンになったことは今で走っている人も少ないかも?

カラオケでの盛り上がりPOINT!

親しみやすいミディアムテンポなメロディなので、構成をしっかりアタマに入れれば、それほど苦労しないで歌える曲ですよ。

歌詞を把握して、構成を全体的につかんで下さい。

少しだけコブシ的な部分もありますが、ソコはコブシが回らなくても大丈夫です。

「歌えない~」の部分と「中学三年生~」の部分でコブシに挑戦してみましょう!

コブシのコツは、地声とファルセットをうまく細かく切り替えるような感じで。併せて、ビブラートよりも大きく音程を揺らすイメージで歌ってみてくださいね!

その他、『森昌子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『せんせい』(発売日:1972年7月1日/デビュー曲にして代表曲・日本レコード大賞新人賞、日本歌謡大賞の放送音楽新人賞)
  • 『おかあさん』(発売日:1974年9月1日/紅白歌合戦出場曲・1975年度選抜高校野球入場行進曲)
  • 『越冬つばめ』(発売日:1983年8月21日/作曲は『夢想花』で有名な円広志さん!)

カラオケで盛り上がる曲は『狙いうち』

山本リンダ 狙いうち

アーティスト名:山本リンダ
リリース年月日:1973年2月25日

歌い出しの「ウララ~」と言うフレーズや、振り付けがインパクト大な楽曲ですね。

90年代にも再注目された曲で、17年ぶりになる1991年の紅白歌合戦に同楽曲で出場しています。

東京六大学野球の明治大学がチャンステーマや、中日ドラゴンズさんも使っていて現在でも高校野球で定番の応援歌になっています。

ノリがいい曲なのでカラオケで盛り上がるにはピッタリですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

曲の冒頭「ウララ~×2」でしっかりツカミましょう!

音域が意外に低いので、少しキーを上げて歌うと歌いやすくなります。

喉を広げ気味で、胸の中心に響かせるイメージをすると、リンダさんっぽい声になるので試してみてくださいね。

手拍子がピッタリハマる楽曲なので、周りを煽ってやってもらいましょう!

左右に動きながら歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ。色っぽくやってみてくださいね。

その他、『山本リンダ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『こまっちゃうナ』(発売日:1966年9月20日/デビュー曲にして代表曲・当時は舌足らずな口調で「かわいこちゃん歌手」と呼ばれていたのが意外)
  • 『どうにもとまらない』(発売日:1972年6月5日/オリコン3位のヒット・へそ出しルックが印象的)
  • 『狂わせたいの』(発売日:1972年9月5日/アクション歌謡として注目された大人のお色気、全開の曲)

カラオケで盛り上がる曲は『他人の関係』

金井克子 他人の関係

アーティスト名:金井克子
リリース年月日:1973年3月21日

金井克子さんの代表曲で、オリコン7位を記録したヒット曲です。

イントロと間奏にあるスキャット「パッ・パッ・パヤッパッ」の部分で指差し確認のような動きをすること印象的な楽曲ですね。

当時は結構マネをした人も多いのではないでしょうか。

90年代前半に「全農パールライス」のCMソングに。その他もNTTの前身である電電公社のCMソングや2007年からはNHK「解体新ショー」のテーマソングになっているので、色褪せない名曲と言えるでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

イントロ、間奏の振付けはカラオケで盛り上がるにはぜひ取り入れたい動きですね。

1回目の「パッ・パッ・パヤッパッ」では右を向いてこのポーズ。

金井克子 他人の関係 振付け

2回目では反対を向きこのポーズです。

金井克子 他人の関係 振付け

歌が始まるまではこの繰り返しをするだけでも結構盛り上がります。ぜひ❝ドヤ顔❞でキメちゃってくださいね!

歌自体はむずかしい部分はほぼ無いので、金井克子さんのようにちょっとだけドスを効かせて歌うと雰囲気が出て更に盛り上がります。

またソシアルダンス風な動きもピッタリハマるので、ダンスをしながら歌うとなおいいですよ!

その他、『金井克子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ノーチェ デ・東京』(発売日:1965年5月/ブレイクのきっかけとなった代表曲・ラテンビートがステキな歌謡曲)
  • 『ミニ・ミニ・ガール』(発売日:1967年8月/「レ・ガールズ」テーマソング)
  • 『女王蜂』(発売日:1971年8月21日/ビート歌謡の佳曲・西野バレエ団所属「ザ・フラッシャーズ」をコーラスに従えての歌唱が印象的)

カラオケで盛り上がる曲は『傷つく世代』

南沙織 傷つく世代

アーティスト名:南沙織
リリース年月日:1973年5月1日

激しいロック調の曲で、アルバム先行シングル曲。オリコンでは3位のヒット曲になりました。

他のアイドルの方とは少し違うイメージで、「世代的共感を歌うアーティストの始まり」とも言われ、洋楽好きのファン層も獲得していました。

キャンディーズさんも、デビューアルバムでカバーするなど人気のナンバーです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ロック調の曲なのでリフ(キメのリズム)がたくさん出てきますので、カラオケをよく聴きながらリズムから外れないよう注意して下さいね。

特にシンコペーション(タンタンではなく、ンタンタ的な部分)を意識してアクセントを付けて歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ。

テンポが若干速めの楽曲なので滑舌にもご注意。「ダメね~」の部分は、少し息を多めに吐くイメージで歌ってみてくださいね。

その他、『南沙織』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『17才』(発売日:1971年6月1日/デビュー曲にして大ヒット曲・日本レコード大賞新人賞や音楽賞を受賞・デビュー半年にして紅白歌合戦に出場したのが印象的)
  • 『潮風のメロディ』(発売日:1971年10月1日/デビュー2作目のシングルで、アイドルの座を確固とした楽曲・ドラマ「おれは男だ!」や、映画「喜劇 花嫁戦争」劇中歌)
  • 『色づく街』(発売日:1973年8月21日/オリコンランキング4位を記録・2013年に岩崎良美さんがカバーするなど現在でも人気のナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『としごろ』

山口百恵 としごろ

アーティスト名:山口百恵
リリース年月日:1973年5月21日

山口百恵さんの記念すべきデビュー曲がこちら。曲を題材とした同名映画にも出演し、一躍スターになりました。

同楽曲はアイドル歌謡の定番スタイルで、スマッシュヒットしましたが、期待通りとは言えなかったそう。

そのためセカンドシングルからはイメージチェンジしていますので、貴重な曲といえるでしょう。

70年代に最もレコードを売り上げた歌手、というだけでは語りきれない方です。歴史の第1歩として、外せない曲ですよね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

大ヒットを連発していた頃の百恵さんの歌とは少しイメージが違います。

爽やかなイメージで歌ってみましょうね。ただ音域は少し低めなので、キーを少し上げると歌いやすくなるので調整してみてくださいね。

アップテンポで手拍子がマッチする楽曲なので、聞いている人たちに拍手を煽っていきましょう。

山口百恵さんの曲ではありますが、少しブリッコ気味に歌ってもイイ曲です。アイドルになったつもりでやってみて下さいね。

その他、『山口百恵』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ひと夏の経験』(発売日:1974年6月1日/百恵さんの最初のヒット曲・レコード大賞大衆賞受賞曲・紅白歌合戦出場曲)
  • 『プレイバックPart2』(発売日:1978年5月1日/ご存知の大ヒット曲・曲中に無音の部分があったりする斬新な曲)
  • 『いい日旅立ち』(発売日:1978年11月21日/谷村新司さん作の、ミリオンセールスの大ヒット曲・国鉄のDISCOVER JAPAN『いい日旅立ち』キャンペーン曲)

カラオケで盛り上がる曲は『恋する夏の日』

天地真理 恋する夏の日

アーティスト名:天地真理
リリース年月日:1973年7月1日

オリコン1位となったこの楽曲は、テニスウェアのステージ衣装が印象的でした。

この楽曲で2回目の紅白歌合戦に出場。天地真理さんのシングルでは、最後の1位を記録したナンバーとなりました。

また、この曲のリリース直後に急性盲腸炎で入院したというエピソードも。

この年、キャラクターグッズなども大量に作られたそうで、アイドルグッズのハシリとも言われています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

曲の歌い出し「あなたを待つの~」は知っている人も多いので、初めからみんなと合唱するようにすると盛り上がりますよ

リズムに合せて軽く膝を曲げてリズムを取りながら歌うと雰囲気が出て周りもノッてくれるでしょう。

また、この楽曲には簡単な振付けがありますのでぜひマネシながら歌ってみてくださいね。

「愛することを~」から始まるサビの部分では、2拍ずつ左右に一歩踏み出し手を前に出すポーズを。

天地真理 恋する夏の日 振付け

天地真理 恋する夏の日 振付け

サビの最後「ずっと~」の部分では、人差し指を立てて斜めしたから上へ向かって立てた指を振りながら上げていく振付けです。

天地真理 恋する夏の日 振付け

知っている人も多い振付けなので、一緒に踊って盛り上がれるのでぜひやってみてくださいね!

その他、『天地真理』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『水色の恋』(発売日:1971年10月1日/デビュー曲で累計80万枚の大ヒット曲・この曲以降、11曲連続オリコンTOP10入りを記録)
  • 『ひとりじゃないの』(発売日:1972年5月21日/オリコン6週連続1位、累計がミリオン超えした代表曲)
  • 『若葉のささやき』(発売日:1973年3月21日/女性アイドル像の原型を確立・飛ぶ鳥を落とす勢いの時期でした)

カラオケで盛り上がる曲は『わたしの彼は左きき』

麻丘めぐみ わたしの彼は左きき

アーティスト名:麻丘めぐみ
リリース年月日:1973年7月5日

左利きの方が市民権を得たと言われ、麻丘めぐみさんの代表曲にもなった大ヒット曲。

当時は❝姫カット❞も大流行していましたね。

オリコンランキング1位を獲得し、日本レコード大賞の大衆賞や日本歌謡大賞の放送音楽賞も受賞。さらに紅白歌合戦にも初出場した曲なので知名度は抜群ですね。

「左きき~」の部分で、左手をくるくると回転させる振りが印象的な曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

アイドル歌謡曲の王道であり、ハネ系のリズムが楽しい曲なので、リズムにノッて楽しく歌ってみましょう。

サビの「イジ・ワル・イジワルなの~」のブレイク部分をポイントに、少しオーバー気味に顔を傾けて❝スネる❞感じで歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ!

そして繰り返し出て来るフレーズ「左利き」では有名なこのポーズをしてください!

麻丘めぐみ わたしの彼は左きき 振付け

動きを合せてみんなでするとかなり盛り上がりますよ!

その他、『麻丘めぐみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『芽ばえ』(発売日:1972年6月5日/デビュー曲でオリコンランキング3位に輝いたナンバー・日本レコード大賞では、森昌子さんや郷ひろみさんを抑え、最優秀新人賞を受賞)
  • 『女の子なんだもん』(発売日:1973年1月15日/オリコンランキング7位のポップな曲・当時17歳ということで、少しビックリです)
  • 『ときめき』(発売日:1974年1月15日/オリコンランキング6位・1991年に高橋由美子さんがカバーするなど長年愛され続けている曲)

カラオケで盛り上がる曲は『てんとう虫のサンバ』

チェリッシュ てんとう虫のサンバ

アーティスト名:チェリッシュ
リリース年月日:1973年7月5日

もともとアルバムの中の1曲として作られましたが、ラジオから火が付きシングルカット。

当時のディレクターは「捨て曲」と思っていたとか…。その楽曲が累計ミリオンを達成するとは分からないものですね。

子供番組「ママとあそぼう!ピンポンパン」でも使用され、関連LPにも収録されました。

今ではすっかり結婚披露宴での定番曲となっていますが、カラオケでも盛り上がる曲として根強い人気がありますよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「サンバ」とタイトルにありますが、優しい16ビートの曲です。

タンバリンやマラカスがピッタリハマる曲なので、賑やかにやってみましょう。

音域もさほど広くなく、メロディラインも安定しているので歌いやすい曲としてもオススメ。そのまま音楽にノッて歌うだけで盛り上がりますよ。

カップルを❝イジる❞のにも持って来いな楽曲なので、もし同席していたら選曲してみてくださいね。

その他、『チェリッシュ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『なのにあなたは京都へゆくの』(発売日:1971年9月5日/デビュー曲で、累計35万枚を売り上げたロングランヒット曲・2004年「鉄人28号」EDテーマ)
  • 『ひまわりの小径』(発売日:1972年5月25日/5人グループからデュオになっての初リリース曲・歌謡曲とフォークの中間的な楽曲)
  • 『白いギター』(発売日:1973年9月25日/累計80万枚の売上になったヒット曲・日本レコード大賞の歌唱賞受賞曲)

カラオケで盛り上がる曲は『草原の輝き』

アグネス・チャン 草原の輝き

アーティスト名:アグネス・チャン
リリース年月日:1973年7月25日

オリコンランキング2位を記録し、日本レコード大賞新人賞や、日本歌謡大賞放送音楽新人賞を受賞し、ミリオン超えの大ヒット曲となりました。

高校野球の入場曲にも抜擢されているので知っている人も多いでしょう。

デビュー当初はロングスカートだったのが、ミニスカートに変更してから人気が急上昇だったとか。

現金な感じもしますが、そんな時代だったのでしょう。でも可愛いですもんね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

アグネスさんのモノマネ定番曲かも?ですが、モノマネでも、また自由に歌っても楽しめる曲ですね。

モノマネでやる場合は、たどたどしい発音でファルセット(裏声)を使って歌うと雰囲気が出ますよ。

サビ冒頭の「いま涙を~隠して~」の部分から、音も高くなりリズムもあり、音を伸ばす部分が多いので、ブレス(息継ぎ)をしっかり取って歌うように意識してくださいね。

その他、『アグネス・チャン』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ひなげしの花』(発売日:1972年11月25日/デビューシングルで、アグネスさんの代表曲。モノマネされる曲として有名ですね)
  • 『小さな恋の物語』(発売日:1973年10月25日/オリコンランキング1位を記録した大ヒットナンバー・軽快なリズムながら日本的なメロディの名曲)
  • 『ポケットいっぱいの秘密』(発売日:1974年6月10日/同年3月発売のアルバムからシングルカットされた曲・あの大作詞家、松本隆さんのデビュー作)

カラオケで盛り上がる曲は『わたしの青い鳥』

桜田淳子 わたしの青い鳥

アーティスト名:桜田淳子
リリース年月日:1973年8月25日

オリコンランキングでは18位ながら、日本レコード大賞の最優秀新人賞、日本歌謡大賞の放送音楽新人賞を受賞した、桜田淳子さん初期の大ヒット曲になりました。

「クック・クック~」のフレーズはとっても有名ですよね。

当時、桜田淳子さんは森昌子さん、山口百恵さんらと共に❝花の中三トリオ❞と呼ばれ大活躍していたのは懐かしい話ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲も冒頭「ようこそここへ、クック・クック~」で周りをつかみたい曲ですね。

右手の人差指を立てて左右に振るフリも真似したい部分。

桜田淳子 わたしの青い鳥 振付け

サビのラストでも同様の歌詞が出てきますので、その部分でもこの振付けをすると盛り上がりるのでぜひ押えておきましょう!

曲はわかりやすく、むずかしさはありませんので、自由に歌えますよ。

アイドル風にも少し歌い上げ系でもイケルと思います。いろいろ試してみて下さい。

もし歌い上げてみたい場合は、フレーズの最後部分を十分に伸ばしつつ、全体の抑揚を意識し、声を張る部分では思い切りと言った感じで歌ってみてくださいねっ!

その他、『桜田淳子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『はじめての出来事』(発売日:1974年12月5日/唯一のオリコンランキング1位記録曲・紅白歌合戦出場曲)
  • 『十七の夏』(発売日:1975年6月5日/日本レコード大賞の大衆賞受賞曲・小泉今日子さんのヒット曲『Smile Again』で同楽曲のオカリナのメロディが流れます。)
  • 『夏にご用心』(発売日:1976年5月25日/第7回日本歌謡大賞放送音楽プロデューサー連盟賞受賞曲・B面には映画『遺書白い少女』の主題歌となった『白い少女のバラード』が収録)

ここまで1973年リリースの曲の中から現在もカラオケで盛り上がる女性向きの楽曲をご紹介してきました。

これらの選曲の中で、私が最もオススメする曲は山本リンダさんの

『狙いうち』ですっ!

大人のお色気路線ですが、曲はラテン風のロックとも言える曲で、とにかくノレます。

シャウトを挟むことも出来ますし、ハスキー系のストレートに歌ってもカッコイイ曲。盛り上がるならコレ!ですね。

歌唱力で輝く方、キャラクターが素晴らしい方、可愛さや綺麗さがバツグンの方などなど、個性が様々に認められてきた頃。

音楽も小難しいことは言わないで楽しもう!そんな時代だったような気がします。そんな頃の楽曲はカラオケで盛り上がること間違いなしです!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲