カラオケ 盛り上がる 女性 1977カラオケで時間が経つにつれて段々何を歌うか迷い始める時間帯が…。そんな時にお役立ち!1977年リリースの女性の方がカラオケで盛り上がる曲を厳選!

みんなで歌ったり踊ったりできる楽曲ばかりなので参考にして盛り上がってくださいねっ!

1977年は、今やなくてはならない存在になったカラオケや、どこの家庭にもあるテレビゲームが登場し他時代ですね。

ファッションではパンクファッションが流行。女性の方はシド・ヴィシャスさんに憧れた方も多いのではないでしょうか。

シド・ヴィシャス

ポニーテールが流行ったのもこの年ですね。女性の皆さんはとってもお洒落に気合いを入れていました。

さて、そんな1977年に少し遡ってみんなで盛り上がれる女性必見の人気ソングを曲厳選してお届けっ!

たまには懐メロも良いものですよ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。
投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『ウォンテッド(指名手配)』

ピンク・レディー ウォンテッド

アーティスト名:ピンク・レディー
リリース年月日:1977年9月5日

前作の『渚のシンドバッド』に続き、二作連続二度目のミリオンセラーを記録したこの楽曲は、生涯で作詞した曲なんと5000曲以上の阿久悠さんが手がけた曲です。

ちなみにYMOさんの 初期の代表曲「テクノポリス」は、「踊れる音楽で売れる曲」をコンセプトに坂本龍一さんがピンク・レディーさんのこの楽曲を分析して作ったという逸話も!

そんな当時の歌って踊れる音楽の代表格だったピンク・レディーさん。中でもこの楽曲はカラオケで盛り上がること間違い無しのナンバーです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

何と言ってもこの楽曲は二人で歌うのが一番盛り上がりますよね。

更に振付けをしながら歌うと良いのですが、全て覚えるのは少しむずかしいのでポイントに絞って振付けをご紹介します!

出だしはお互いにマイクを向け合って、「私の鍵をこわして逃げて行った~」まで歌います。

ピンク・レディー ウォンテッド 振付け

その後に来る「う~Wanted!!」では右手を後ろに引いてから、ライオンのように手を「がおー」の形にして前に出します。

ピンク・レディー ウォンテッド 振付け

「ある時謎の~」で始まる早口のラップ調のところは交代で歌い、一人が歌っている時にはもう一人がダンスをします。

「謎の運転手」のところでハンドルを回すような動きをしてください。

ピンク・レディー ウォンテッド 振付け

「アラブの大富豪」のところでは人差し指で鼻の下を擦るような仕草をしながら、足をがに股に開きます。

ピンク・レディー ウォンテッド 振付け

これは当時、アイドルががに股をするのは衝撃的な振り付けでした。でも恥ずかしがらずがっつり足を開いちゃいましょう!

サビ前の最初「I want you」では前に人差し指を出してください。

ピンク・レディー ウォンテッド 振付け

続く「アアッア アアッーア」で腕を頭の上で円を描くように回します。

ピンク・レディー ウォンテッド 振付け

ぜひ仲良しの女子同士で振り付けを決めて、楽しんでくださいね!!

その他、『ピンク・レディー』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ペッパー警部』(発売日:1976年8月25日/ダンスで大胆に足を開く振り付けが衝撃的)
  • 『渚のシンドバッド』(発売日:1977年6月10日/富士フイルム「写ルンです」CMソング)
  • 『UFO』(発売日:1977年12月5日/ピンク・レディーさんの代表曲・この楽曲の影響で未確認飛行物体(ユー・エフ・オー)が「ユーフォー」という呼び名に変わったとの逸話も)

カラオケで盛り上がる曲は『風をくらって』

研ナオコ 風をくらって

アーティスト名:研ナオコ
リリース年月日:1977年3月10日

作詞・作曲をつのだひろさん(現・つのだ☆ひろさん)が手がけたこの曲は、オリコンは週間14位と健闘。

タレントとしての研ナオコさんはいわゆる三枚目なのに唄となると、この『風をくらって』に代表されるように失恋ソングが良く似合いますよね。

テレビ番組などに出演して歌う際の衣装もとてもお洒落で美しかったですね。そんな多彩な顔も持つ研ナオコさんの『風をくらって』をお洒落に歌いこなしてください!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

Aメロ、Bメロはメロディーラインを切らさないように、語尾を伸ばし気味に歌えば、大人っぽく歌えます。

でも、サビは一転「ヒュルルール ルルル ルルルルー」のところはちょっとキーが高いですが、タイトル通り「風」をイメージをして頭の上から抜けるように歌ってみてください。

左右にステップを踏みながら歌えば、更に大人びた印象になるでしょう。

全体的にラテン調のようなリズムの取りやすい曲なので、手拍子やタンバリンで盛り上げてもらうのも、盛り上がるPOINTです!!

その他、『研ナオコ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  •  『LA_LA_LA』(発売日:1976年6月25日/中島みゆきさんが初めて提供した作品・第27回紅白歌合戦出場曲)
  • 『かもめはかもめ』(発売日:1978年3月25日/「ザ・ベストテン」へこの曲で初出演)
  • 『Mary Jane』(発売日:1993年10月21日/ユニバーサルミュージック主催「ゴールデン・ミューズ賞」受賞。2011年にはファンクバンドのゴマアブラさんがカバー)

カラオケで盛り上がる曲は『わがまま金曜日』

榊原郁恵 わがまま金曜日

アーティスト名:榊原郁恵
リリース年月日:1977年7月1日

榊原郁恵さんの所属事務所ホリプロが開催したHTSCにおける第1回大会の記念すべき優勝者ということで、ホリプロが一丸となって送り込んだニューホープでした。

キャッチフレーズは、「一億円のシンデレラ」なんて言われていましたね。

『わがまま金曜日』は榊原郁恵さんのシングル第3弾の曲で、大胆な水着姿で歌う姿が印象的でした。

作詞を担当したのは藤公之介さん。藤公之介さんは榊原郁恵さんの『いとしのロビン・フッド』の作詞や、その他大勢のアーティストさんの作詞をされている大御所さんです。

そんな藤公之介さんが「わがままし放題」というテーマで作詞したのがこの楽曲です。

歌詞にも

  • 「急いで迎えに来てほしい」
  • 「水玉模様の傘がいい きょうの気分に似合うから」
  • 「十分以上 待たせたら 誰かとどこかへ行っちゃうわ」

と、わがまま言い放題な、 キュートなものになっています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

初々しい榊原郁恵さんの『わがまま金曜日』は、やっぱり笑顔いっぱい元気良く歌うのが一番です!

出だしの「ウウウ」からテンポ良くノリノリで歌ってみてください。

Bメロの頭の「ランブリング ランブリング」もちょっと指を肩の辺りでくるんくるんと回しながら歌うと、より可愛く歌えますよ!

さすがに水着姿では歌えませんが、当時の可愛い榊原郁恵さんの姿を思い出しながら盛り上がってくださいね!!

その他、『榊原郁恵』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『私の先生』(発売日:1977年1月1日/デビュー曲・憧れの担任、黒岩先生をモデルにした楽曲)
  • 『いとしのロビン・フッドさま』(発売日:1978年1月1日/明るいタッチの楽曲で、総売り上げ約15.3万枚のスマッシュヒット)
  • 『夏のお嬢さん』(発売日:1978年4月1日/榊原郁恵さんの代表曲)

カラオケで盛り上がる曲は『イミテイション・ゴールド』

山口百恵 イミテイション・ゴールド

アーティスト名:山口百恵
リリース年月日:1977年7月1日

作詞を阿木燿子さん、作曲を宇崎竜童さんという、山口百恵さんが引退するまでヒット曲を生み出し続けたゴールデンペアが手がけた曲です。

宇崎竜童さんも2004年に同楽曲をカバーしていますので相当な力作だったといえるでしょう。

『イミテイション・ゴールド』がリリースされた当時、山口百恵さんはなんと若干18歳!

しかし、とても大人びた雰囲気で、未だにファンの方も多いヒット曲となりました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

大人テイストのこの曲はお色気たっぷりで歌うのがマストです。

マイクを持っていない方の手で軽くリズムを取りながら歌うと、歌いやすくなる上に色っぽさも出てきますよ。

特にサビの「ア・ア・ア・イミテイション・ゴールド」で左手をすばやく2回振り、

山口百恵 イミテイション・ゴールド 振付け

3回めで手を握って止めた後、手をひらいて下ろしていきます。

山口百恵 イミテイション・ゴールド 振付け

そして「イミテイション・ゴールド」の部分で再び握った手を上に上げ、そこから手をゆっくり開きながら下におろしていきます。

山口百恵 イミテイション・ゴールド 振付け

サビ終わりの「◯◯がちがう」と繰り返される部分はそれぞれ違う人を指差ししながら歌うと盛り上がりますよ!

その他、『山口百恵』さんの盛り上がる曲はこれ!

『冬の色』(発売日:1974年12月10日/初のバラード作品・オリコンランキング初の1位記録曲)

『横須賀ストーリー』(発売日:1976年6月21日/「これっきり~」のフレーズは超有名)

『いい日旅立ち』(発売日:1978年11月21日/結婚式等の祝いの席や、卒業式等の旅立ち定番ソング)

カラオケで盛り上がる曲は『やさしい悪魔』

キャンディーズ やさしい悪魔

アーティスト名:キャンディーズ
リリース年月日:1977年3月1日

それまでのキャンディーズさんの清楚で可憐なイメージを一新するため、アン・ルイスのさんのデザインによる大胆な衣装と“デビルサイン”を含めた斬新な振り付けを取り入れた楽曲。

キャンディーズさん自身も「私たちの代表曲」と言うほどのヒット曲となりました。『やさしい悪魔』は音域の広い難曲で、歌のうまいキャンディーズさんでさえもレコーディングに苦戦したというエピソードも。

作曲したのはなんと吉田拓郎さん!さらにコーラスでも参加し、イントロの靴音が吉田拓郎さん自身の靴の音だったことは知る人ぞ知る情報でしょう。

3人組で踊りながら歌う上にコーラスもあり、少し難易度は高めですが、歌いこなせると確実に盛り上がりますのでぜひマスターしてくださいね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

少し難易度が高いとお伝えしましたが、3人で歌える曲なので曲を知っている人を誘って一緒に歌えば意外とイケちゃいますので安心してください!

最初の「カツン、カツン・・・」という足音はヒールでやってみてください!キャンディーズファンがいたらかなりウケます!

Aメロの「やさしい悪魔」でスタンドマイクに右手、左手の順に腕をかけて、うまくスタンドマイクを使ってくださいね。

全部の振付けを真似するのは少しハードルが高いので、サビの「やさしい悪魔」の「悪魔」のところで両手の人差し指を前に出して、ツンツンする振付けは簡単なので、ここだけは押えて起きましょう!

やさしい悪魔の後に❝つん・つん❞です!

キャンディーズ やさしい悪魔 振付け

その他、『キャンディーズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

『年下の男の子』(発売日:1975年2月21日/紅白歌合戦初出場曲)

『暑中お見舞い申し上げます』(発売日:1977年6月21日/この楽曲がヒット中に解散宣言したことは有名)

『微笑みがえし』(発売日:1978年2月25日/郵政省の暑中見舞い葉書、「かもめ~る」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『しあわせ未満』

太田裕美 しあわせ未満

アーティスト名:太田裕美
リリース年月日:1977年1月20日

太田裕美さんといえば、『木綿のハンカチーフ』や『赤いハイヒール』が有名ですが、 この『しあわせ未満』も実は隠れたヒット作なんです!

オリコンでは最高4位で売り上げ枚数は31万枚と、前述の2曲にセールスでは及びませんでしたが、作詞家の松本隆さん(『木綿のハンカチーフ』の作詞者)が、書いた歌詞が素朴でとっても良い楽曲です。

❝あばら家・水仕事・指にしもやけ❞や❝もっと利口な男捜せよ❞など、『しあわせ未満』が満載な歌詞が続出です。

そんなシチュエーションを絶対に経験してそうもない、慶應義塾大学出の松本隆さんが書いたところがまた面白いですね。

歌詞は悲しげな内容ですが、曲調は明るいポップス。そして知名度も高い楽曲なのでカラオケも盛り上がりソングとしてピッタリですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

リズムに乗って体を揺らして、可愛く笑顔で歌いましょう。

サビの「しあわせ未満」は少し強めに、伸びやかに歌うのが雰囲気がでますので、深くブレス(息継ぎ)をしながら歌うよう意識してくださいね。

サビの「幸せ未満」というフレーズは繰り返し出てきますので、ここはみんなにも合唱してもらえるようマイクを向けてアピールしていきましょう。

その他、『太田裕美』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『木綿のハンカチーフ』(発売日:1975年12月21日/山陽新幹線岡山駅=博多駅間開業・全通をヒントに松本隆さんが作詞した曲)
  • 『赤いハイヒール』(発売日:1976年6月1日/オリコンランキング最高位は2位・筒美京平さんが「これ以上の良い曲は書けない」と言ったエピソードも)
  • 『さらばシベリア鉄道』発売日:1980年11月21日/(作曲の大瀧詠一がジョニー・レイトンさんの『霧の中のジョニー』に刺激され、アルバム『A LONG VACATION』のために作った曲)

カラオケで盛り上がる曲は『明日草』

清水由貴子 明日草

アーティスト名:清水由貴子
リリース年月日:1977年7月1日

ユッコの愛称で親しまれた清水由貴子さんの2枚目のシングルです。作詞は数々のアーティストの数千曲の作詞を手がけた、阿久悠さん。

歌詞は16,17歳の少女の、失恋などの悲しい気持ちを、それでもつか幸せになると信じて明るい曲調で歌ったものですね。

ティーンに限らず、この歌詞は今日という日が辛くても、少しずつ積み重ねていけば、必ず努力は実り『明日草』が咲くという人生の応援歌に聞こえてきませんか?

そんな『明日草』を歌って元気になりましょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

Aメロは少し寂しげなマイナー調なメロディーなのですが、Bメロからは一転して「明日という日は~」のところからとても前向きに変化しますので、不安な気持ちを吹き飛ばすように明るく笑顔で歌ってくださいね。

冒頭とサビの頭の「風が吹く風が吹く」「雨が降る 雨が降る」など2回ずつ同じフレーズを繰り返す部分は知っている人も多いので、みんなで合唱できるようマイクを向けるパフォーマンスで盛り上げていきましょう。

曲全体を通して大きなメロディーの転調もないので歌いやすい曲としてもおすすめです!

その他、『清水由貴子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『お元気ですか』(発売日:1977年7月1日/フォークギターの弾き語りがステキな楽曲)
  • 『ほたる坂』(発売日:1977年10月10日/曲間にかけられる愛称の「ユッコ!!」が有名)
  • 『銀座の雨の物語』(発売日:1983年9月21日/清水由貴子さんと小西博之さんのデュエット曲・「欽ちゃんの週刊欽曜日」の番組企画からの一曲)

カラオケで盛り上がる曲は『硝子坂』

高田みづえ 硝子坂

アーティスト名:高田みづえ
リリース年月日:1977年2月25日

高田みづえさんのデビューシングルですが、実は1977年2月25日発売の木之内みどりさんのアルバム『硝子坂』のタイトル曲として発表された曲のカバーなんです。

高田みづえさんの『硝子坂』は前述の木ノ内みどりさんはじめ、キャンディーズさん、PUFFYさんなど数々のアーティストの作詞を手がけた島武実さんの作詞。そして作曲はダウン・タウン・ブギウギ・バンドで有名な宇崎竜童さんです。

なんと発売1ヶ月半でオリコンTOP10入りを果たし、シングル売上は31万枚を突破!高田みづえさんの楽曲として「私はピアノ」に次ぐ2番目のヒット曲となりました。

ちょっと演歌調の歌い方を、15才だった高田みづえさんが歌っています。

ポップスと演歌をミックスしたような独特の歌唱法は「カタカナ演歌」とも呼ばれ、ちょっと不思議な感覚になるけど、耳に残る名曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

基本的にAメロは少しポップですが、Bメロからサビにかけて、どんどん演歌テイストが入って来るような作りになっています。

例えば1番の歌詞のBメロ部分の「それはあなたがやっぱり好きだからいじわるなあなたは~」の「あなた」や「好きだから」のところなどは、少しタメ気味に、恋焦がれるのに手が届かないイメージで歌ってみましょう。

そして一番盛り上がるサビの「私の前には硝子坂 きらきら光る硝子坂」は、演歌歌手の皆さんがやっているように、こぶしを握ってでもいいので、しっかり力を込めて歌ってみてください。

「いじわるなあなた」に「さよなら」を言ってあげるわ、という気持ちで是非歌ってみてくださいね。

その他、『高田みづえ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『私はピアノ』(発売日:1980年7月25日/楽曲提供は、なんとあの桑田佳祐さん!高田みづえさん最大のヒット曲)
  • 『純愛さがし』(発売日:1983年6月30日/ドラマ「高校聖夫婦」主題歌)
  • 『そんなヒロシに騙されて』(発売日:1983年8月21日/サザンオールスターズさんのカバー曲・シングル売上30万枚を超え『私はピアノ』『硝子坂』次ぐ3番目のヒット曲)

カラオケで盛り上がる曲は『気まぐれヴィーナス』

桜田淳子 気まぐれヴィーナス

アーティスト名:桜田淳子
リリース年月日:1977年5月15日

なんと言ってもこの曲、出だしからとっても色っぽいんです。

女性の色気をトマトになぞらえて表現した話題作となりました。

当時まだ高校を卒業したばかりの桜田淳子さんに、こんなオトナな歌詞を手掛けたのは阿久悠さんなんですね。

マリリンモンローをイメージして制作されたこの楽曲で、明るくて健康的はお色気、ちょっとお茶目なおませな女の子のイメージを作りアイドルから大人への脱皮を図っていたとのこと。

オトナになった方が歌うのにピッタリな楽曲ですよっ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

健康的で明るいテンポのこの曲には手拍子やタンバリンがピッタリハマリます!ご一緒の皆さんに渡して盛り上げてもらってください。

特徴的な振付けがありますので、盛り上げるためにはぜひ押えておいてください!

サビ前の「あなたはどうしますか」の所で、右足の膝を左側にあげて右手を膝に置いて、可愛いポーズをしてみましょう。

桜田淳子 気まぐれヴィーナス 振付け

続く「プピルッピップップピルア」の部分では、肩を左右交互に上下に揺らしてください。

桜田淳子 気まぐれヴィーナス 振付け

あとは腕振りでリズムを取りながらボックスステップを踏むと更に雰囲気が出て盛り上がりますので、歌に余裕がある人は是非やってくださいね!

その他、『桜田淳子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『わたしの青い鳥』(発売日:1973年8月25日/レコード大賞最優秀新人賞・日本歌謡大賞放送音楽新人賞の2大タイトルや各音楽賞の新人賞を総なめした楽曲)
  • 『黄色いリボン』(発売日:1974年5月25日/紅白歌合戦初出場曲)
  • 『サンタモニカの風』(発売日:1979年2月25日/「ナショナルエアコン」CMソング・2007年ロッテ「ACUO」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『熱帯魚』

岩崎宏美 熱帯魚

アーティスト名:岩崎宏美
リリース年月日:1977年7月5日

好きな人への気持ちをストレートに表現したこの楽曲は、オリコン週間ランキング4位を記録した人気曲。

2010年公開の映画「FLOWERS-フラワーズ-」の作中に岩崎裕美さんが同楽曲の一部を歌唱する場面が流れるなど長年親しまれ続けている一曲ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

オトナな雰囲気雰たっぷりの『熱帯魚』は岩崎宏美さんご本人に習って、情熱的に。この楽曲はサビから始まるので、出だしからトップギアでいきましょう!

Aメロは語尾を少し伸ばすように歌うと、より一層色気が出ていいですよ!

「ああ 今夜はもう帰りません~」の部分で岩崎宏美さんは手を差し伸べるような振付けをしています。

岩崎宏美 熱帯魚 振付け

誰かを指しながら歌うと結構盛り上がりますのでぜひ試してみてくださいねっ!

その他、『岩崎宏美』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ロマンス』(発売日:1975年7月25日/オリコン年間ランキング6位を記録した岩崎宏美さんを代表する一曲)
  • 『センチメンタル』(発売日:1975年10月25日/1976年春の選抜高等学校野入場行進曲)
  • 『ただ・愛のためにだけ』(発売日:2005年3月24日/30周年を記念して中島みゆきさんが制作したナンバー)

さて、ここまで1977年にヒットした女性必見の曲を厳選してお届けしましたが、「これ!!」という1曲はありましたか?

中でも私がおススメする1曲はピンク・レディーさんの・・・

『ウオンテッド(指名手配)』ですっ!

知名度の高さも去ることながら、覚えやすい振付けでみんなで参加して盛り上がれるところが良いですね!

全員を巻き込んでカラオケで盛り上がってくださいねっ!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲