カラオケ 盛り上がる 女性 1982「カラオケに行って青春時代の曲で盛り上がりたい!」という方におすすめ!

1982年リリースの楽曲の中から現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングを選曲しました!
この記事を参考に、良き時代を思い出し、大いに盛り上がってくださいね!

1982年は500円紙幣が硬貨になり「500円玉貯金」なる言葉が流行りました。
いまや絶滅危惧種の「テレホンカード」が発売されたのもこの年で、ソニーが世界初のCDプレーヤーを発売と、科学やテクノロジーがブームにもなりました。
「ウッソー」、「ホントー」、「カワイイー」で会話を完結する女性が増えたのもこの頃です。
そんな1982年に流行した楽曲の中から、当時、最も勢いがあった女性歌手、女性ヴォーカルバンドを中心に、カラオケで歌えば皆で盛り上がれる曲をピックアップしました!
是非、参考にしてくださいね!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『赤道小町ドキッ』

山下久美子 赤道小町ドキッ

アーティスト名:山下久美子
リリース年月日:1982年4月1日

この曲はカネボウ化粧品「82‘キャンペーンソング」として起用され、山下久美子さん初の大ヒット曲となりました!

オリコンチャートでも2位を記録、彼女のライブでは観客が立ち上がって盛り上がることから「総立ちの久美子」という異名もあるほど。

現在はシングルマザーとして子供を育て、多くの女性から広く支持を得ていますね。

力強く生きる女性として、現在でも広く支持され活躍する山下久美子さんは外せませんね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

冒頭や間奏部分にある「ドキッ、ドキッ」では、山下久美子さんのように頭を両手で抱えるしぐさで歌って盛り上げていきましょう!

山下久美子 赤道小町ドキッ 振付け

彼女のライブは盛り上がることで有名ですから、アップテンポのリズムに合わせ、間奏でジャンプをするぐらい楽しさを表現して歌いましょう!

最後のきめ台詞「ドキッ」はマイクを皆に向け、一緒になって声を出すことで一体感が生まれ気持ちよく締まりますのでぜひやってみてくださいね!

その他、『山下久美子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ワンダフルcha-cha』(発売日:1980年10月10日/トヨタ自動車「コルサ」CMソング)
  • 『宝石』(発売日:1994年5月11日/カルピス食品工業「カルピス」CMソング)
  • 『TOKYO FANTASIA』(発売日:1996年12月4日/資生堂「ff」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『ラ・セゾン』

アン・ルイス ラ・セゾン

アーティスト名:アン・ルイス
リリース年月日:1982年6月5日

前年に長男を出産し、育児休養を経て音楽活動を再開した最初のシングルがこの曲。

作詞は山口百恵さんで、曲タイトルの「ラ・セゾン」は日本語で「発情期」という意味合いなんですね。

今でもコアなファンがいるアン・ルイスさん、彼女の曲は時代を超えて今でも広く支持されています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

彼女の歌詞は男性に対して挑発的なのが特徴ですから、女子会で歌えば盛り上がること間違いなし!

失恋や彼氏と喧嘩したときにアン・ルイスさんの曲を歌えばスッキリするはず!

「男たちうなじに爪をたてれば…」の部分は爪で引っ掻くしぐさで、「男と女それでいいの…」という部分はうなずくように、感情を表現することで更に盛り上がれますよ!

その他、『アン・ルイス』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『あゝ無常』(発売日:1986年4月21日/歌詞中の「サングラス外したら吹きだしちゃうほど…あどけない目をしてるあいつに弱いの…」という歌詞は親友の吉川晃司さんの事だとか。)
  • 『天使よ故郷を見よ』(発売日:1987年5月1日/アン・ルイスさんのファンの中で支持が高い曲です!)
  • 『WOMAN』(発売日:1989年9月6日/子育てをする母の思いをアン・ルイスさんなりに表現した曲です!)

カラオケで盛り上がる曲は『少女A』

中森明菜 少女A

アーティスト名:中森明菜
リリース年月日:1982年7月28日

当時の中森明菜さんは可愛いながらもどこか不良っぽさが残る印象で、この曲は中森明菜さんしか歌えない曲だと絶賛されました。

のちに五月みどりさんが中森明菜さんの「少女A」をもじって「熟女B」を歌ったのには感服。

今もファンの多い中森明菜さん、初期の頃を代表する1曲です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

普段、おとなしい人がこの曲を歌うと普段とのギャップで大盛り上がり!男性からも一目置かれるでしょう。

中森明菜さんのコンサートでは「じれったい…じれったい…」の部分を観客が歌います。

ここは有名なフレーズなので、知っている人も多いハズ!皆にマイクを向けて一緒になって歌うようにしましょう。

やはり知っている曲が流れると盛り上がりますよね!

その他、『中森明菜』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『スローモーション』(発売日:1982年5月1日/記念すべき中森明菜さんのデビュー曲です!)
  • 『セカンドラブ』(発売日:1982年11月10日/中森明菜さんが最も好きな曲の1つです。)
  • 『禁区』(発売日:1983年9月7日/この曲で第34回NHK紅白歌合戦に出場しました。)

カラオケで盛り上がる曲は『夏のヒロイン』

河合奈保子 夏のヒロイン

アーティスト名:河合奈保子
リリース年月日:1982年6月10日

第33回NHK紅白歌合戦に出場したファンのみならず有名な曲ですね!

ちなみに、河合奈保子さんはバリバリの関西人ですが、関西弁をほとんど使わなかったのはイメージが合わないとの理由から。

また、泣き上戸であるため、感情を出せば歌が歌えなくなるとの理由から常に冷静さを装う姿はプロ!

80年代のアイドルを代表するのが河合奈保子さんといっても過言ではないでしょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビに入る時に「いきますよ~!」などと皆に掛け声を掛けると一体感が出て盛り上ります!

「チャンス チャンス きっとなれる」の「きっとなれる」という部分は皆にマイクを向け一緒に歌いましょう!

皆で一緒に歌い、一体感を持つことで大いに盛り上がる曲ですから、一人で淡々と歌わず、皆を巻き込んで歌いましょうね!

その他、『河合奈保子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『スマイル・フォーミー』(発売日:1981年6月1日/オリコンチャート初のトップ10入りを記録した曲です!)
  • 『ムーンライト・キッス』(発売日:1981年9月1日/カスタネットを叩きながら歌う河合奈保子さんが印象的でした。)
  • 『エスカレーション』(発売日:1983年6月1日/河合奈保子さん最大のヒット曲です!)

カラオケで盛り上がる曲は『恋人たちのキャフェテラス』

柏原芳恵 恋人たちのキャフェテラス

アーティスト名:柏原芳恵
リリース年月日:1982年2月5日

この楽曲はオリコンチャートの最高位は9位で、スマッシュヒットとなった人気のナンバー。

「スター誕生」でグランドチャンピオンとなりアイドルデビュー、その後も「ハロー・グッバイ」や「春なのに」などのヒット曲で活躍し、秋篠宮殿下がファンだったことでも話題になりました。

アイドルながら歌唱力があり、また、女優としても活躍、長く活躍できるのも実力があるからこそ。

現在でも時折、彼女の姿をテレビなどで観られることから、オールドファンにとっては永遠のアイドルと言えるでしょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「あなたの胸でホップ・ステップ・ジャンプ…」と歌う部分は簡単な振り付けがあるので歌に余裕のある人はマネして歌うと盛り上がりますよ。

具体的な振付けについては、「あなたの胸で」の部分で手のひらを前に出します。

柏原芳恵 恋人たちのキャフェテラス 振付け

続く「ホップ」では右手を胸の右側の位置でバイバイするように開きます。

柏原芳恵 恋人たちのキャフェテラス 振付け

次の「ステップ」では頭の横で聞き耳を立てるように開きます。

柏原芳恵 恋人たちのキャフェテラス 振付け

最後に「ジャンプ」の部分では顔の横で誰かを案内するようなしぐさをしてください。

柏原芳恵 恋人たちのキャフェテラス 振付け

曲調も高低差が少なく、歌いやすい曲ですので誰でも無理なく気持ちよく歌えると思います!

最後の決めポーズは後ろに腕を回してかわいくキメちゃってください!

柏原芳恵 恋人たちのキャフェテラス 振付け

大人びた柔らかな雰囲気の曲ですので、女子会の場には大いに盛り上がる曲です。

その他、『柏原芳恵』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『渚のシンデレラ』(発売日:1982年4月21日/オリコンチャート最高位7位、シングル総売り上げ20万枚を記録した人気のナンバー)
  • 『カム・フラージュ』(発売日:1983年12月1日/男性への思いを綴った1曲・作詞作曲は中島みゆきさん)
  • 『花梨』(発売日:1982年10月1日/離れ離れになる幼馴染との淡い恋を歌ったナンバー)

カラオケで盛り上がる曲は『ひとり街角』

小泉今日子 ひとり街角

アーティスト名:小泉今日子
リリース年月日:1982年9月21日

デビューからカヴァー曲が続いた小泉今日子さんにとって、初のオリジナル曲です!

レコード大賞新人賞の決勝投票に残るも、堀ちえみさんに1票差で敗れ、それをバネに飛躍したというエピソードも。

第11回FNS歌謡祭「優秀新人賞」を受賞、いまも女優として活躍する小泉今日子さん、アイドル時代はコアなファンに支えられ、一時代を築きました!

小泉今日子さんの楽曲は現在でも人気は健在。この楽曲は特にアッポテンポなので盛り上げソングとしてオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「額に汗…昼下り…」と歌う部分は右手こぶしを額の上にかざし、そのまま手を開いて下げるしぐさがあります。

小泉今日子 ひとり街角 振付け

ここは小泉今日子さんになりきってその部分だけでもマネをするといいでしょう!

「揺れる…揺れる…揺れる街角…」と歌う部分はスカートの裾を持って回すしぐさがあるので、その部分もマネすると更に盛り上がりますよ。

小泉今日子 ひとり街角 振付け

後は肩でリズムを刻みながら笑顔で歌ってくださいね!

その他、『小泉今日子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『渚のはいから人魚』(発売日:1984年3月21日/第35回NHK紅白歌合戦に初出場し、ブレイクのきっかけとなった楽曲)
  • 『ヤマトナデシコ七変化』(発売日:1984年9月21日/着物を着て踊る小泉今日子さんが話題に)
  • 『なんてったってアイドル』(発売日:1985年11月21日/富士フィルム「カルディア」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『ラブ・ミー・テンダー』

松本伊代 ラブ・ミー・テンダー

アーティスト名:松本伊代
リリース年月日:1982年2月5日

松本伊代さんのデビュー当時は「田原俊彦の妹」や「瞳そらすな僕の妹」というキャッチコピーだったのは田原俊彦さんの妹役オーディションで合格したことが理由。

堀ちえみさん、小泉今日子さん、中森明菜さん、早見優さんと並び「花の82年組」と呼ばれていたことも有名ですね。

この楽曲はオリコンチャート第9位を記録し、女性の気持ちをアイドルらしく可愛く歌いあげた曲!

明るくアップテンポな楽曲なので、カラオケでの盛り上げソングとしてオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲を歌う際に松本伊代さんのバックには必ず2人のダンサーが付いていたので、カラオケでも3人で踊りながら歌うと大いに盛り上がります!

松本伊代 ラブ・ミー・テンダー

「プリーズ伝えてね…」の「ね」の部分を鼻声で伸ばすと松本伊代さんの雰囲気が出ますので併せてやってみてくださいね。

サビの部分はワンフレーズ毎に「ラブミー・テンダー」と掛け声が入りますので、この部分は皆にマイクを向け、声を貰うようにしてくださいね!

その他、『松本伊代』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『センチメンタル・ジャーニー』(発売日:1981年10月21日/ロッテ「ガーナチョコレート」CMソング)
  • 『TVの国からキラキラ』(発売日:1982年5月21日/歌詞中の「ねぇ、君ってキラキラ?」のセリフが話題に)
  • 『オトナじゃないの』(発売日:1982年8月5日/サビの「ピーピピ・ピ」のフレーズが面白い曲)

カラオケで盛り上がる曲は『愛してモナムール』

岩崎良美 恋してモナムール

アーティスト名:岩崎良美
リリース年月日:1982年1月21日

この曲で第11回東京音楽祭世界大会に出場、外国審査員団受賞に輝きました。

姉の岩崎宏美さんと共に歌唱力には定評のある岩崎良美さん、フランス語が堪能なことでも知られています。

姉の岩崎宏美さんと比較されるのを嫌い女優業で活躍、内向的な性格ながら努力と勤勉さでカバー。

今も多くのファンに愛される歌手です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲は体を左右に揺らしながら泳ぐように歌うと岩崎良美の雰囲気が出て盛り上がります。

「街中が踊りだしそうな…」の部分は頭の上で大きく円を描くようなしぐさで歌いましょう。

岩崎良美 恋してモナムール 振付け

そしてサビの「ボンジュール・モナムーン」ではこのキメポーズを!

岩崎良美 恋してモナムール 振付け

サビのフレーズは有名なので知っている人も多いハズ!

マイクをみんなの方に向けて一緒に歌うようにすると更に盛り上がりますよ!

その他、『岩崎良美』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『I THANK SO』(発売日:1980年12月21日/「オリエント時計」CMソング)
  • 『タッチ』(発売日:1985年3月21日/アニメ「タッチ」主題歌)
  • 『愛がひとりぼっち』(発売日:1985年10月16日/第58回センバツ高校野球大会の入場行進曲)

カラオケで盛り上がる曲は『だって・フォーリンラブ・突然』

三原順子 だって・フォーリンラブ・突然

アーティスト名:三原順子
リリース年月日:1982年5月21日

横浜銀蝿さんの妹分として活躍した三原順子は、ドラマ「3年B組金八先生」でツッパリ少女としてブレイクしたのは有名ですね!

ちなみに、この楽曲の2年後に芸名を三原順子から現在の三原じゅん子へ改名。国際B級ライセンスを持つカーレーサーとしても知られています。

ツッパリ少女のビジュアルでありながら男性への想いを表現したギャップを楽しめる1曲です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「だってフォーリンラブ…あなたに夢中…」の部分は腰をくねらせて歌えば三原じゅん子さんらしく挑発的な感じになります。

かなりアップテンポな楽曲なので普通に歌うだけでも十分に盛り上がりますが、立ち上がり腕を前後動かしてステップを踏むことで更に盛り上がりますよ!

「顔はやばいよ、ボディやんな、ボディを」という金八先生のドラマで使用した有名なきめ台詞を間奏時にはさむのは鉄板でしょう!

その他、『三原じゅん子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『セクシー・ナイト』(発売日:1980年9月21日/記念すべきデビュー曲で、最大のヒット曲)
  • 『ホンキでLove me Good!!』(発売日:1982年10月7日/NHK紅白歌合戦初出場曲)
  • 『悲GEORGE』(発売日:1983年5月21日/アン・ルイスさんがデザインしたオムツのようなファッションが話題に)

カラオケで盛り上がる曲は『渚のバルコニー』

松田聖子

アーティスト名:松田聖子
リリース年月日:1982年4月21日

2008年に富士フィルム化粧品「ASTLIFT」のCMで中島みゆきさんがこの曲を口ずさんでいたのが記憶に新しいですね。

実はこの曲、作曲は松任谷由実さんなんですよね。ペンネームが「長田軽穂」となっていたので知る人ぞ知るかも?

世代を問わず多くのファンがいる松田聖子さん、いまや親子でコンサートへ行く世代も多く見られます。

また、2015年には中川翔子さんが同楽曲のカバーをリリースしていますので、幅広い年齢層の人が知っている曲と言えるので、みんなで盛り上がるにはピッタリの曲でしょう!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「渚のバルコニーで…」の「ル」の部分を強調して歌えば松田聖子さんらしさが出ます!

軽快に歌うのが盛り上がるコツですが、低音部分は地声にならないよう注意しましょう。

曲の最後部分の「指切りしてね」では小指を立てて決めポーズをしてくださいね!

松田聖子 渚のバルコニー 振付け

誰でも知ってる名曲なのでサビ部分は皆で歌うようマイクを渡しちゃってもいいでしょう!

その他、『松田聖子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『青い珊瑚礁』(発売日:1980年7月1日/グリコ・アイスクリーム「ヨーレル」CMソング)
  • 『夏の扉』(発売日:1981年4月21日/資生堂「エクボ」CMソング)
  • 『ガラスの林檎』(発売日:1983年8月1日/第34回NHK紅白歌合戦出場曲)

ここまで1982年リリースの楽曲の中から、現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングをご紹介してきました。

中でも私が一番にお勧めする曲は松田聖子さんの

『渚のバルコニー』ですっ!

松田聖子さんがまだ初期と呼ばれる頃の曲ですが、彼女の歌唱力はいまも健在。

いつの時代も社会に多大なるインパクトを与え続ける松田聖子さん、その全盛期と呼ばれる80年代は彼女抜きに語れないと言っても過言ではないでしょう。

以上の楽曲を参考に、カラオケで大いに盛り上がってくださいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲