カラオケ 盛り上がる 女性 1967一ヶ月に4曲リリースなども珍しくなかった時、そんな中で人気が沸騰し、現在も聴かれている女性向きの曲を厳選しました。

曲同士競い合い、また時代に磨かれた名曲ばかりですので、カラオケで歌えば、自らも輝き盛り上がること間違い無し!

1967年といえば、イギリスの人気モデル・女優であるツイッギーさんが来日し、ミニスカートが大流行した時代。

ツイッギー

あのリカちゃん人形が生まれ、女の子たちがトリコになった時代でもありますね。

アングラや核家族という言葉が流行ったこの年。そんな時に生まれたヒット曲の中から、現在もカラオケで盛り上がる曲を厳選しましたので、選曲に困った際には是非参考にしてくださいね!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『小指の想い出』

伊東ゆかり 小指の想い出

アーティスト名:伊東ゆかり
リリース年月日:1967年2月10日

伊東ゆかりさん初期の大ヒット曲で、レコード大賞の歌唱賞を受賞し注目された曲ですね。

また5回目となる紅白歌合戦にも出場し、伊東ゆかりさんの代表曲の一つになりました。

歌詞の「あなたが噛んだ小指が痛い」は当時、色っぽいと言われていましたが、その後の歌謡曲の歌詞と比較すればグッと情緒があって素敵な歌詞ですよね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌詞が素敵な曲だけに滑舌良く歌詞をしっかり聴かせるように歌うよう心がけましょう。

メロディは難しくありませんし、リズムもつかまえやすいミドルテンポなので、自分なりの歌い方が簡単に出来ると思います。

またリズムが少しラテン風味でもありますので、マラカスなどの小物打楽器なども合うと思います。ルームにあれば利用してみると、結構盛り上がりますよ。

その他、『伊東ゆかり』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『恋のしずく』(発売日:1968年1月20日/オリコン初の女性歌手1位!『小指の思い出』から1年後の大ヒットソング)
  • 『ボーイ・ハント』(発売日:1971年7月25日/原曲コニー・フランシスさんのカバー曲・とても多くの国でカバーされた名曲)
  • 『誰も知らない』(発売日:1971年10月25日/第22回NHK紅白歌合戦出場曲・後に浅野ゆう子さんがカバーするなど長く愛され続けている1曲)

カラオケで盛り上がる曲は『恋のハレルヤ』

黛ジュン 恋のハレルヤ

アーティスト名:黛ジュン
リリース年月日:1967年2月15日

渡辺順子から黛ジュンと改名し再デビューシングルとしてリリース。

ブームにノッたミニスカートとパンチのある歌で、一気に注目されました。

当時の広告では「ヤング・メイトNo.1」というキャッチフレーズで覚えている人も多いのではないでしょうか。

オリジナル和製ポップスのヒット曲として、後に荻野目洋子さんがカバーするなど時代が変わっても色あせない曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ポップスの王道、エイトビートなのでノルのは問題ありませんね。

低めの音程の部分は、胸に響かせる感じで歌うとしっかり出やすいでしょう。

この曲も自分なりの歌い方が楽しめる曲です。いろいろ試してみて下さいね。

音の長さを変えてみる、語尾に変化をつけてみるなど、モノマネ気分でOKです。

その他、『黛ジュン』さんの盛り上がる曲はこれ!

『天使の誘惑』(発売日:1968年5月1日/レコード大賞受賞曲・前作の『恋のハレルヤ』以上のセールスを上げ、同楽曲にちなんだ映画も制作)

『夕月』(発売日:1968年9月10日/実兄である三木たかしさんの作曲。三木たかしさんの最初のヒット曲)

『雲にのりたい』(発売日:1969年6月1日/雑誌「平凡」の募集当選歌・紅白歌合戦3年連続3回目の出場曲)

カラオケで盛り上がる曲は『世界は二人のために』

佐良直美 世界は二人のために

アーティスト名:佐良直美
リリース年月日:1967年5月15日

佐良直己さんのデビュー曲となったこの楽曲はロングセラーとなり、累計で120万枚をセールスした大ヒット曲。

元は、明治製菓「アルファチョコレート」のCMソングとして書き下ろされた楽曲で、歌詞を付け足してリリースされたので、知っている人も多いでしょう。

後には結婚披露宴の定番曲とも言われるようになり、今も歌い継がれていますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

シンプルでありながら耳に残るメロディです。音程をしっかり掴んで、歌詞を丁寧に歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ。

サビは大げさなぐらい抑揚を付けて歌うと更に盛り上がります。

佐良直美さん的に歌うのであれば、少しクラシック系、深いブレスで。ポップス的に歌うには軽めでもウィスパー(ささやく感じ)で、といった具合に雰囲気で歌い分けるのも良いですね。

その他、『佐良直美』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『いいじゃないの幸せならば』(発売日:1969年7月15日/レコード大賞の大賞受賞曲・『世界は二人のために』の新人賞と合わせて二冠)
  • 『赤頭巾ちゃん気をつけて』(発売日:1970年5月25日/映画「赤頭巾ちゃん気をつけて」主題歌。同映画は芥川賞受賞作品)
  • 『いのちの木陰』(発売日:2010年11月24日/27年ぶりの復帰後初リリース曲・英語歌詞バージョンも収録されています)

カラオケで盛り上がる曲は『真赤な太陽』

美空ひばり 真赤な太陽

アーティスト名:美空ひばり
リリース年月日:1967年5月25日

GS全盛期にそのGSを代表するグループである「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」さんを従えて歌った名曲。

美空ひばりさんが、ミニスカートでゴゴーダンスを踊りながら歌うという新境地を開拓した曲でした。

イメチェンにもかかわらず、当然のように140万枚の大ヒット。さすがという他ありませんね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

アルトよりも低めの低音が魅力の曲。胸の真ん中あたりに声を当てる感じで歌ってみると良いですよ。

リズムも当時は斬新な感じでしたが、今では珍しくはありません。

でも、ノリそこねないようにゴーゴーダンス的に踊るのもあり。タンバリンが合う曲です。持って踊るとなお盛り上がります!

その他、『美空ひばり』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『東京キッド』(発売日:1950年7月20日/13歳のひばりさん主演の同名映画主題歌。戦後混乱期の作品でしたが、モダンで斬新な歌詞と楽曲で人気に)
  • 『お祭りマンボ』(発売日:1952年8月15日/美空ひばりさんのお気に入り楽曲・コンサート等でよく歌われました。明るく軽快な曲調で数多くカバーされる名曲)
  • 『川の流れのように』(発売日:1989年1月11日/NHK「20世紀の日本人を感動させた歌」の人気投票で1位獲得曲・昭和の名曲の作詞はなんと秋元康さん!)

カラオケで盛り上がる曲は『渚のうわさ』

弘田三枝子

アーティスト名:弘田三枝子
リリース年月日:1967年7月10日

和製ポップスの夜明けとも、J-POPの起源とも言われる曲です。

その後長く大ヒットメーカーと言われた作曲家、筒美京平さんの初ヒット曲で、30万枚のセールスを上げました。

アレンジも凝っており、ストリングスやホーンを多用してオーケストラ的な味も出しています。

レコード会社専属オーケストラの演奏が主流の時代、独自の選定によりスタジオミュージシャンを使ったのも、筒美京平さんが最初でした。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

一見アイドルソング的なニュアンスですが、意外にむずかしいかも?音程、リズム、またブレスに気をつけて挑戦してみて下さい。

楽曲全体の構成をアタマに入れれば、押さえる部分から張るところ、ささやく所がおのずと分かるはず。

ドラマチックに歌うイメージでいきましょう。

その他、『弘田三枝子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『悲しきハート』(発売日:1963年7月/スーザン・シンガー「LOCK YOUR HEART AWAY」の日本語カバー曲・ジャズシンガーとして実力を発揮した曲です)
  • 『砂に消えた涙』(発売日:1964年12月20日/イタリアの歌手ミーナさんのカバー曲)
  • 『恋のクンビア』(発売日:1965年8月20日/ラテンポップスの名曲・日本コロンビア創立55周年記念盤)

カラオケで盛り上がる曲は『ミニ・ミニ・ガール』

金井克子

アーティスト名:金井克子
リリース年月日:1967年8月1日

音楽バラエティ番組「レ・ガールズ」のテーマソングとなったこの楽曲は、美脚を披露したジャケットも注目されました。

ツィッギーの来日にさきがけた、ミニスカート流行の先端でしたね。

「レ・ガールズ」では、西野バレエ団所属の金井さんはじめ、由美かおるさん、奈美悦子さんなどが活躍されました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

同じ歌詞が繰り返されるGS的なノリのナンバー。

腰を振りつつゴーゴーダンスでいきましょうね!

シャウトする部分も印象的なので、ぜひ思い切ってやってみてください。

語尾の音程をキュッと言う感じで上げるのも特徴的。少しブリッコな感じでやってみても雰囲気が出て盛り上がります。

その他、『金井克子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ノーチェ デ・東京』(発売日:1965年5月/ラテンムード歌謡の名曲・初ヒットになった曲で、レコード大賞編曲賞受賞曲)
  • 『他人の関係』(発売日:1973年3月21日/金井克子さんの代表曲・指を差す振り付けで評判に)
  • 『愛さまざま』(発売日:1982年8月25日/テレビドラマ「赤い関係」主題歌・ラストシングル曲)

カラオケで盛り上がる曲は『愛は惜しみなく』

園まり 愛は惜しみなく

アーティスト名:園まり
リリース年月日:1967年8月15日

川内康範さんの雑誌連載小説が原作という、めずらしいスタイルの曲です。

園まりさん主演で映画も作ら、れ紅白歌合戦の出場曲ともなった知名度抜群のナンバーですね。

大ヒットを立て続けに出していた当時、「園まり節」と言われた独特の歌唱でも注目されました。

中尾ミエさん、伊東ゆかりさんと結成されていた「スパーク3人娘」というグループとしても人気を博しましたね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

冒頭のセリフがインパクト大。ここで周りの注目を集めましょう!

ヒロインになったつもりで演技してみてくださいね。

ムード歌謡の王道的な曲なので、ポイントでため息をつくような歌い方をするのが有効です。

大人の女性の色気を意識しつつ、歌詞を演技するイメージで歌うとグッドです。

伸ばす音程で、ストレートからビブラートというテクニックを使うと、レベルが上がりますよ。

その他、『園まり』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『逢いたくて逢いたくて』(発売日:1966年1月5日/園まりさんの代表曲・楽曲にちなんだ映画も公開され、園まりさんが二役に挑戦したことでも話題に)
  • 『泣きぬれて』(発売日:1968年9月5日/ムード歌謡で、当時斬新な両A面仕様のような見開きジャケット)
  • 『幸せになってね』(発売日:1973年8月/敏いとうとハッピー&ブルーさんがリリースした「私祈ってます」と同じ歌(競作)です。)

カラオケで盛り上がる曲は『いつでも君は』

水前寺清子 いつでも君は

アーティスト名:水前寺清子
リリース年月日:1967年9月

同名の連続TVドラマの主題歌であり、ドラマには水前寺清子さんも出演し話題になりました。

リズムが軽快で明るい曲調の青春賛歌といった楽曲ですね。

この曲は1968年に制定された、日本作詩大賞の第1回大賞を受賞した曲でもありますので知っている人も多く一緒に盛り上がれる曲としてオススメです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

リズムが特徴的なので、しっかりノリましょう。

こういったハネ系のリズムでは、アクセントの付け方に注意が向かいがちですが、それも大切にしつつ滑舌にも気をつけつつ歌いましょうね。

水前寺清子さんの場合、ポップな曲でもコブシが特徴。得意な方はしっかり入れてOKです。

また動きを入れて歌うとノリやすいです。伴奏のリズムに合わせて軽く体を動かしてみましょう。

その他、『水前寺清子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『いっぽんどっこの唄』(発売日:1966年11月/ミリオンヒットした代表曲・「ボロは着てても心の錦~」という歌い出しが有名)
  • 『三百六十五歩のマーチ』(発売日:1968年11月10日/知名度抜群の歌い継がれる名曲)
  • 『ありがとうの歌』(発売日:1970年5月/水前寺清子さん主演ドラマ「ありがとう」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『虹色の湖』

中村晃子 虹色の湖

アーティスト名:中村晃子
リリース年月日:1967年10月10日

中村晃子さんデビュー以来初のヒットとなった曲で、当時の流行りだった「一人GS」の曲調です。

もともと女優としてのキャリアを積んでいた中村晃子さんの歌手として起死回生のヒットでした。

この曲をキッカケとして、その後に女性一人GS歌謡がたくさん出ましたので、その先駆けとなった楽曲と言えるでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

アルト音程の曲ですので、低い音にポイントを置きましょう。そこをクリアできればむずかしくありません。

ゴーゴーダンスで踊れば、いっそう感じが出ると思います。

また今でいうところの「ツンデレ」(ツンとした態度でありながら時に甘くなる様子)のような雰囲気が出せるとバッチリですね。

少し突き放すような、ぶっきらぼうな感じで表現すると雰囲気が出て盛り上がりますよ!

その他、『中村晃子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『砂の十字架』(発売日:1968年3月1日/一人GSの曲調でテンポが早くノリの良い曲)
  • 『あまい囁き』(発売日:1973年8月/イタリアのカンツォーネのカバーで、細川俊之さん(語りですが)とのデュエット曲・掛け合いが絶妙!)
  • 『恋の綱わたり』(発売日:1980年6月5日/ドラマ「木曜座 離婚ともだち」挿入歌・主題歌の西村協さんの楽曲『シーユーアゲイン』よりもヒットした珍しい楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『涙のかわくまで』

西田佐知子 涙のかわくまで

アーティスト名:西田佐知子
リリース年月日:1967年12月27日

年末の発売だったこともあり、ヒットしたのは1968年と翌年になりました。

1967年末の紅白歌合戦に同楽曲で出場していますので、良い宣伝になったことでしょうね。

女性歌謡ポップスのオリジナルと言われることもあり、個性が花開いてきた時代を感じます。

西田佐知子さんはこの曲をリリースするまでに8年間で73枚のシングルをリリースしています。

人気と実力を表す、驚きの数ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

当時のアイドルソングでしたが、歌の巧さは現在のアイドルとは段違いかも。

随所に難しい部分がありますので、全体の構成をしっかり掴んで挑戦しましょう。

意外性のあるメロディでもあります。ブレス位置も確認しておいて下さい。

そのあたりがつかめれば、曲の持つ世界に浸れて雰囲気が出ますよ。

歌いがいのある曲なので、ぜひ知っている人がカラオケに同席していたら一緒に合唱してくださいね!

その他、『西田佐知子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『アカシアの雨がやむとき』(発売日:1960年4月/カップリング曲は原田信夫さんの「夜霧のテレビ塔」・違う歌手の曲がカップリングされている今では考えられないスタイルですね)
  • 『コーヒールンバ』(発売日:1961年8月1日/洋楽のカバー曲・ザ・ピーナッツさんや森山加代子さんもカバーする名曲です)
  • 『エリカの花散るとき』(発売日:1963年2月/当初、『浜辺と私』がA面曲の予定でしたが、有線放送で人気になりA面曲が同楽曲に差し替えされました。連続3回目の紅白歌合戦に出場曲)

さて、ここまで1967年にリリースされた女性アーティストの楽曲の中からカラオケで現在で盛り上がる曲をご紹介してきましたが、解説してきた曲の中で、もっとも私がオススメ曲は

『真赤な太陽』ですっ!

日本の歌謡界に巨大な足跡を残されたひばりさんの名曲ですし、いろんな意味で歌い継いでいくべき歌ですよね。

それにしても本当に歌も、歌唱もすばらしい!誇れる一曲です。

ここに選曲した曲の中には、カラオケでご本人の映像が使われている曲も多いかと。ミニスカート全盛でファッションにも注目したい時代です。また今に続く歌謡曲やポップスのルーツでもあった時代でした。

これらを歌えれば、盛り上がること間違い無しっ!ぜひ挑戦してみて下さいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲