カラオケ 盛り上がる 男性 1985カラオケで盛り上がりたいのにどの曲が良いかなやんじゃう。そんな経験ありませんか。

今回は、1985年リリースの楽曲の中から現在でもカラオケで盛り上がる男性向きソングをピックアップ! ぜひ参考に盛り上がってください!

1985年といえば、阪神タイガースが21年ぶりに優勝し、関西が大いに盛り上がった年でしたね。

日本電電公社がいまのNTTに変わったのもこの年で、肩から掛けて持ち歩く『ショルダーフォン』や家庭用ゲーム機「ファミコン」など時代を感じさせるアイテムが大流行したのもこの時代です。

そんな時代に流行した楽曲の中から、当時、最も勢いがあった男性ボーカルバンドを中心にアップテンポでノリやすい曲をピックアップ!

カラオケで盛り上がりたいときには必見です!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『あの娘とスキャンダル』

チェッカーズ あの娘とスキャンダル

アーティスト名:チェッカーズ
リリース年月日:1985年3月21日

映画「CHECKERS in TAN TANたぬき」の主題歌で、この映画にはチェッカーズのメンバーも出演し話題になりました。

また、同楽曲は、当時大人気だった『夕焼けニャンニャン』の初期OPテーマにも起用されていますので知名度抜群!

みんなで歌えるのでカラオケの盛り上がりソングとしてオススメです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの部分は「~WOW・WOW・WO」が繰り返されているので、みんなにマイクを向けて一緒に歌うようにすると盛り上がりますよ。

藤井フミヤさんの様に、少し鼻にかけた声の出し方をすると雰囲気が出て、雰囲気がデなくてもモノマネしていることが伝われば面白くって盛り上がりますのでぜひやってみてくださいね。

この歌は替え歌が多いことから、独自の替え歌を作って披露するのもアリ!?

ツボにはまれば盛り上がりますが、外すとしらけちゃうので自信がある人だけにしましょう。

その他、『チェッカーズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ギザギザハートの子守歌』(発売日:1983年9月21日/チェッカーズのデビューシングル・代表曲として現在でも根強い人気)
  • 『涙のリクエスト』(発売日:1984年1月21日/「東武百貨店」CMソング)
  • 『ジュリアに傷心』(発売日:1984年11月21日/チェッカーズ最大のヒット曲)

カラオケで盛り上がる曲は『Romanticが止まらない』

C-C-B Romanticが止まらない

アーティスト名:C-C-B
リリース年月日:1985年1月25日

テレビドラマ『毎度おさわがせします』の主題歌として起用され、同ドラマの高視聴率も後押しして大ヒット曲となりました。

メインボーカルの笠浩二さんがドラムを叩きながら歌うのはとても印象的でしたね。

80年代を感じさせるポップな曲であり、稲垣吾郎さんが「SMAP×SMAP」内でモノマネをするなど若い人でも知っている人は多いので全年齢対応の盛り上がりソングと言えるでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

Aメロ部分では「Fu×2さりげなく」などの掛け声が入りますのでこの部分はマイクを向けて声を貰うようにすると盛り上がりますよ。

サビの「切なさは止まらない」の部分はしっかりとファルセット(裏声)を使っていきましょう。

「切なさは」の❝せつな❞と、「止まらない」の❝と❞はファルセットで。地声との切り替えを素早すするのがポイントです。

原曲キーが高く、少し歌うのが難しい曲ではありますが、盛り上げるには上手く歌うよりも大きな声で歌えばOK!

余裕があればエアードラムも交えるといいですね。

その他、『C-C-B』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『スクール・ガール』(発売日:1985年4月25日/オリコンランキング6位を記録した人気のナンバー)
  • 『Lucky Chanceをもう一度』(発売日:1985年8月21日/オリコンランキング3位を記録・ミディアムテンポで歌いやすい曲としても人気)
  • 『空想kiss』(発売日:1985年11月27日/ドラマ「毎度おさわがせします」2期主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『ふたりの夏物語』

杉山清貴 ふたりの夏物語

アーティスト名:杉山清貴&オメガトライブ
リリース年月日:1985年3月6日

杉山清貴&オメガトライブさん最大のヒット曲で、作曲を担当した林哲司さんがわずか3日で曲を完成させたという逸話が!

さらに、杉山清貴さんも飛行機の中で歌詞を覚えたというエピソードも。

曲の完成スピードとは逆に、同年、長きにわたってベスト10入りを果たしました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの部分「オンリ・ユー(オンリ・ユー)君にささやく(メモリー)」の部分は輪唱(ずらして追いかけるように歌う)すると一体感が生まれて盛り上がりますので、曲を知っている人がいたらマイクを渡して応援してもらいましょう。

失恋したときに『♪ふたりの夏物語(ふられた~)』とか言葉を足すとさらに盛り上がる!?かも。

その他、『杉山清貴&オメガトライブ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『SUMMER SUSPICION』(発売日:1983年4月21日/杉山清貴&オメガトライブの記念すべきデビュー曲)
  • 『ASPHALT LADY』(発売日:1983年10月21日/サングラスを掛けていない杉山清貴さんが印象的。歌いやすい曲としてもオススメです。)
  • 『RIVERSIDE HOTEL』(発売日:1984年10月21日/杉山清貴&オメガトライブさんがブレイクする直前の曲です。杉山さんの歌唱力はいまでも聞き惚れてしまいますね!)

カラオケで盛り上がる曲は『Bye Bye My Love (U are the one)』

サザンオールスターズ

アーティスト名:サザンオールスターズ
リリース年月日:1985年5月29日

この曲はオリコンでは『バイバイマイラブ』と言う名でランクインされていますが、正式には英語表記。

これは、アフリカの飢餓救済を目的とした『We are the world』に対するアンサー曲で、後にこの曲は3回、リリースされました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

桑田佳祐さんの歌い方は日本語を英語のように発音して歌うという特長がありますが、この楽曲はその特徴が色濃く出ています。

なのでこの楽曲を歌う際には、日本語を英語っぽく発音して歌うと雰囲気がでるのでぜひやってみてくださいね。

余裕がある人は、歌詞に「パッと見りゃ湘南御母堂」という部分があるので、そのときのカラオケめんばーに併せて地名や皆が知る人物、会社の上司、などに替え歌して歌えばさらに盛り上がること間違いなし!

その他、『サザンオールスターズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『勝手にシンドバッド』(発売日:1978年6月25日/サザンオールスターズのデビューシングル・アサヒ「三ツ矢サイダー」CMソング)
  • 『みんなのうた』(発売日:1988年6月25日/「世界を変える100人の日本人! 」テーマソング)
  • 『フリフリ65』(発売日:1989年11月21日/「夢で逢えたら」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『熱視線』

熱視線 安全地帯

アーティスト名:安全地帯
リリース年月日:1985年1月25日

フォード「好感度レーザー」のCMソングとなったこの楽曲はヒットした曲でありながらオリジナルアルバムには収録されず、ベストアルバムにおいて初めて収録された異色の作品です。

安全地帯のライブではこの曲と『真夜中すぎの恋』の部分が一番、盛り上がります!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲は座らずに立ち上がり、軽やかなステップを踏みながら歌いましょう!

玉置浩二さんの曲はキーが合わせやすく、カラオケで歌いやすい曲が多いことから、カラオケの帝王との異名も。

最初の出だしからハイトーンなので、元気よく歌うと盛り上がります!

その他、『安全地帯』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ラスベガス・タイフーン』(発売日:1983年4月1日/安全地帯初期の名曲)
  • 『真夜中すぎの恋』(発売日:1984年4月16日/ライブで盛り上がる定番の曲)
  • 『じれったい』(発売日:1987年4月21日/太陽誘電カセットテープ『T hat‘s』CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『シンデレラは眠れない』

ALFEE

アーティスト名:ALFEE(THE ALFEEの名は1986年~)
リリース年月日:1985年2月21日

カネボウ化粧品85春のキャンペーンソングに起用され、オリコンランキング1位を記録した知名度抜群のナンバー。

疾走感のあるメロディーであり、3人に歌うことができる楽曲なので、カラオケの盛り上がりソングとしてオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ALFEEの曲は3人でハモる部分が多いので、それぞれ低音、高音に振り分けて一緒に歌えばさらに盛り上がります!

タンバリンでリズムを刻みながら歌ってもいい感じ。

手拍子をしやすい曲なので、みんなを煽ってやってもらうと一体感が生まれて更に盛り上がりますよ。

その他、『ALFEE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『メリーアン』(発売日:1983年6月21日/ALFEEさんの代表曲・第34回NHK紅白歌合戦出場曲)
  • 『星空のディスタンス』(発売日:1984年1月21日/ドラマ「無邪気な関係」主題歌)
  • 『風曜日、君をつれて』(発売日:1986年3月5日/「全日空夏の沖縄」キャンペーンソング)

カラオケで盛り上がる曲は『憎まれそうなNEWフェイス』

吉川晃司 憎まれそうなNEWフェイス

アーティスト名:吉川晃司
リリース年月日:1985年4月23日

「カネボウ夏」のキャンペーンソングとして起用され、この曲で第36回NHK紅白歌合戦にも出場。吉川晃司さんの名前が幅広い年齢そうに知られるきっかけとなりました。

紅白歌合戦のステージ上で飲酒をしたということにより、出入り禁止になったエピソードも。

吉川晃司 紅白 飲酒

同時に男性なら白組ですが、真っ赤な衣装で登場したため波紋を呼んだことも有名ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

吉川晃司になりきってマイクを少し上向きに小指を立て気味に持ち、腰を振りながら歌いましょう!

吉川晃司 憎まれそうなNEWフェイス 振付け

上司のいる場などで腰を振りながら歌えばウケるかも!?

紅白出場停止をネタにして曲の前奏部分でお酒を飲みながら歌い始めると、知っている人は盛り上がりますよ!

サビは「NEWフェイス」が繰り返し出てきますが、ここの歌い方を吉川晃司さんに寄せて「ニューファスッ!」と歌うと盛り上がりますよ。

その他、『吉川晃司』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『モニカ』(発売日:1984年2月1日/吉川晃司さんのデビュー曲・映画「すかぴんウォーク」主題歌)
  • 『ラ・ヴィアンローズ』(発売日:1984年9月10日/グリコ「カリフォルニアバー」CMソング)
  • 『RAIN DANCEがきこえる』(発売日:1985年9月25日/グリコ「カリフォルニアバー」CMソング・この楽曲以降、曲調が変わりました。)

カラオケで盛り上がる曲は『ベストセラー・サマー』

TUBE ベストセラー・サマー

アーティスト名:TUBE
リリース年月日:1985年6月1日

記念すべきTUBEのデビュー曲がこれ!

当初は『THE TUBE』と名乗っていましたが、翌1986年から現在の『TUBE』へと改名。

長きにわたってヒット作を世に送り出しています。

夏限定バンドのイメージが強いですが、冬も活躍するようになりました。でも、『TUBE』といえば、やっぱり夏ですよね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲はルンバのリズムが意外と合いますのでボックスステップを踏みながら歌えばノリやすくて効果的!

ライブでも前田亘輝さんが披露していますからね。

TUBE ベストセラー・サマー-振付け

所々でツイストを入れてもいいかも!

その他、『TUBE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『シーズン・イン・ザ・サン』(発売日:1986年4月21日/キリン「キリンびん生」CMソング)
  • 『SUMMER DREAM』(発売日:1987年4月10日/「キリンレモン」CMソング)
  • 『ビーチタイム』(発売日:1988年4月30日/「キリンレモン」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『仮面舞踏会』

少年隊

アーティスト名:少年隊
リリース年月日:1985年12月12日

デビュー曲でいきなりのオリコン第1位に輝き、数々の新人賞を総なめにした曲です!

この曲で第37回NHK紅白歌合戦にも出場し、その際、司会の加山雄三さんに

「少年隊、曲は仮面ライダーです!」

などと、いまや伝説の間違いも話題になりました!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

なんといってもこの曲の一番の盛り上がりはサビの「ナイヤイヤ」部分ですよね!

正確な歌詞は「Tonight ya ×5 tear」ですが、ここは❝ナイト❞とは発音しないのがポイント。

知名度が抜群の部分なのでみんなで一緒に歌えるようマイクを向けて声をもらってくださいね。

サビの英語の掛け合いも盛り上がりポイント!

Wake up!(ウェイクアップ)Desire(デザイア)のデザイアは掛け声部分になるのでマイクを向けるパフォーマンスをしてくださいね。

沢山の人と一緒に歌うと一体感が生まれて盛り上がりやすいので、曲を知っている人がいたら3人で歌うようにしましょう。

その他、『少年隊』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『デカメロン伝説』(発売日:1986年3月24日/オリコンランキング1位を記録した人気のナンバー)
  • 『stripe blue』(発売日:1987年3月3日/「原宿アイドルワンダーランド 」テーマソング)
  • 『ABC』(発売日:1987年11月11日/この曲のサビ部分で見せるマイクスタンド蹴りは圧巻!)

カラオケで盛り上がる曲は『I CAN BE』

米米CLUB I CAN BE

アーティスト名:米米CLUB
リリース年月日:1985年10月21日

マツダ「オートザム・AZ3」のCMソングに起用された米米CLUBの記念すべきデビュー曲です!

当時、サビの「I CAN BE」の部分が「あかんべ~」に聞こえると私の周りで話題になりましたが、みなさんはどうでしょうか?

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの部分を「あかんべ~」の発音に寄せて歌うと雰囲気がデて盛り上がりますよ。

いっそはっきり「あっかんべー」と歌ってしまうと面白くて盛り上がるかも?

曲の間奏部分では英語の歌詞がありますが、ここは完全に覚えて歌うにこしたことはありませんが、難しいようなら適当に歌っちゃいましょう!

間奏部分を歌わないと盛り下がってしまうので注意が必要です。

その他、『米米CLUB』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『SHAKE HIP』(発売日:1986年4月21日/リズミカルな曲で、コンサートでは大いに盛り上がる曲です!いまもファンの間では人気の曲!)
  • 『Paradise』(発売日:1987年4月22日/この頃からステージの様相がコンサートではなくミュージカル風に)
  • 『sure danse』(発売日:1987年9月21日/CD、レコード、カセットが並行発売されていた時代。三種類を買い揃えて聞いた人も多いはず?)

ここまで1985年リリースの楽曲の中から、現在でもカラオケで盛り上がる男性向きソングをご紹介してきました。

中でも私が一番にお勧めする曲はC-C-Bさんの

『Romanticが止まらない』ですっ!

80年代らしいポップな曲調、誰でも歌いやすく、今でもモノマネされているので幅広い年齢そうに対応できるのもオススメのポイントです。

それではこれらの選曲リストを参考にカラオケで盛り上がってくださいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲