カラオケ 盛り上がる 女性 1987カラオケで盛り上がりたい女性必見!1987年リリースの楽曲の中から現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングをピックアップ!

選曲に困ったときはぜひ参考にしてくださいねっ!

1987年といえば、時代はバブル全盛期。流行りの服もボディコンやミニスカート、髪形もワンレングス、オートクチュールのパリフアッションが流行しましたね。

「朝シャン」や「地上げ」などの言葉が生まれたのもこの時代です。

そんな時代に流行した楽曲の中から、アップテンポでノリの良い楽曲を厳選してお届け!

女性同士はもちろん、男性とのカラオケにも使える曲ばかりなのでぜひ参考にカラオケで盛り上がっちゃってくださいねっ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『TANGO NOIR』

中森明菜 TANGO NOIR

アーティスト名:中森明菜
リリース年月日:1987年2月4日

この曲はオリコンチャート初登場第1位を記録し、年間チャートでも2位を記録した中森明菜さんを代表する楽曲の一つ。

当時大人気の歌番組『夜のヒットスタジオ』(2月11日放送時)にゲスト出演した際、後ろにのけ反る振付けをした際、衣装の重みで状態を起こせなくなるハプニングもありましたね。

中森明菜 TANGO NOIR ハプニング

中森明菜さんらしいカッコイイ楽曲です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

中森明菜さんの振付けを真似ながら歌うと盛り上がりますのでぜひ挑戦してみてください。

全部の振付けを覚えるのは少し大変なのでサビだけでもマスターすればかなりカッコイイですよ!

サビの「振り向くだけで貴方~」で部分で後ろを振り返り腰を左右に振ります。

中森明菜 TANGO NOIR 振付け

「~貴方」が終わったタイミングで状態を後ろに反らせながら左腕を腰のあたりまで上から振り下ろします。

中森明菜 TANGO NOIR 振付け2

正面に向き直しサビの最後「タンゴノアー」の部分で後ろにのけ反りながらのこのポーズ!

中森明菜 TANGO NOIR 振付け

曲の最後「ティティン・ティッテ・ティン」の最後の「ティン」でのこのポーズもお忘れなく。

中森明菜 TANGO NOIR 振付け

いきなりやると、中森明菜さん見たく腰を痛めてしまう可能性もありますので、柔軟体操をしてからにしてくださいね。

タンバリンを手に取り、タンゴを踊りながら歌うのもピッタリハマって盛り上がりますよ!

その他、『中森明菜』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『禁区』(発売日:1983年9月7日/パチンコ台「CR中森明菜・歌姫伝説〜恋も二度目なら〜」収録曲)
  • 『北ウィング』(発売日:1984年1月1日/パチンコ台「CR中森明菜・歌姫伝説〜恋も二度目なら〜」収録曲)
  • 『サザン・ウィンド』(発売日:1984年4月11日/パチンコ台「CR中森明菜・歌姫伝説〜恋も二度目なら〜」収録曲。作曲を手掛けたのは玉置浩二さん。)

カラオケで盛り上がる曲は『Strawberry Time』

松田聖子 Strawberry Time

アーティスト名:松田聖子
リリース年月日:1987年4月22日

出産を経て音楽シーンへの完全復帰後の初シングル。第38回NHK紅白歌合戦に母になった後でもフリフリのアイドルファッションで出場したことから「ママドル」という言葉も生まれました。

出産後の職場復帰の祝いの席でこの曲を選曲すると盛り上がりますよ!

また、出産後の人が自ら選曲するときは「ママドル◯◯で~す!」なんて冒頭でアピールすればさらに盛り上がること間違いなし!

当時は1つの楽曲に対してCD・LP・カセットテープの3種類が発売されていたのはすっかり懐かしい話になりましたね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲はミドルテンポで手拍子がピッタリハマる曲なので、手拍子するジェスチャーをしてみんなお煽ってみましょう。

この楽曲は2014年に「新型アルト エコTV」のCMソングにでは同楽曲のインスト(歌なしの曲だけ)が使用されていましたのでサビの部分の知名度は抜群!

誰もが知っている曲ですから、サビの部分は皆で一緒に歌ってもらえるようマイクを向けるなどして声を貰うようにすると更に盛り上がりますよ!

その他、『松田聖子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『野ばらのエチュード』(発売日:1982年10月21日/「ポッキー」CMソング・作曲は財津和夫さんです。)
  • 『天国のキッス』(発売日:1983年4月27日/映画「プルメリアの伝説・天国のキッス」主題歌)
  • 『時間の国のアリス』(発売日:1994年5月10日/映画「夏服のイヴ」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『派手!!!』

中山美穂 派手!!!

アーティスト名:中山美穂
リリース年月日:1987年3月18日

中山美穂さんの主演ドラマ「ママはアイドル」の主題歌として起用され、この曲には別バージョンとして「motto☆派手にね!」があります。

この別バージョンはテレビアニメ「かんなぎ」の主題歌として起用されました。

バブル全盛の華やかな時代にヒットした曲として、当時を懐かしんでみてはいかがでしょうか!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

手拍子のリズムが取りやすい曲ですので、タンバリンでリズムをとりながら歌いましょう!

サビの「派手・だね」はみんなで大合唱できる部分なのでマイクをみんなの方に向けるパフォーマンスで盛り上げてくださいね。

少し鼻声で歌えば中山美穂さんっぽく聞こえるかも!?

やりすぎて「新田恵利」さんにならないように…。

その他、『中山美穂』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『50/50』(発売日:1987年7月7日/オリコンチャート初1位を記録・作曲は小室哲哉さん。)
  • 『CATCH ME』(発売日:1987年10月7日/本人主演ドラマ「おヒマなら来てよね!」主題歌)
  • 『人魚姫~mermaid~』(発売日:1988年7月11日/本人主演ドラマ「若奥さまは腕まくり」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『Oneway Generation』

本田美奈子 ONEWAY GENERATION

アーティスト名:本田美奈子
リリース年月日:1987年2月4日

ドラマ「パパはニュースキャスター」の主題歌に起用され、本田美奈子さんも出演していたことで話題になった楽曲。

アイドルとして80年代、90年代を疾風のごとく駆け抜けた本田美奈子さん、アラフォー世代にとっては男女問わず人気のあるアイドルですよね。

彼女の歌と踊りはいつも真剣勝負、他のアイドルと比べても気合いの入り方がもう違っていました。

作詞は秋元康さんで、元気はつらつな本田美奈子さんの楽曲はカラオケで歌うと盛り上がること間違い無しっ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

元気はつらつに、楽しみながら歌うのが盛り上げるコツ、マイクを持つ手でリズムをとるように交互に揺らしながら、サビの部分は手拍子を求めましょう!

本田美奈子さんがステッキを持ちながら歌うスタイルが印象的なので、カラオケでは、もしあれば傘を代わりに持って踊るのもアリですね。

本田美奈子 ONEWAY GENERATION 振付け

踊り方は「チャップリン」を真似てひょうきんに踊れば盛り上がること間違いなし!

その他、『本田美奈子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『1986年のマリリン』(発売日:1986年2月5日/本田美奈子さん最大のヒット曲)
  • 『HELP』(発売日:1986年7月23日/公共広告機構(ACジャパン)「いじめ防止キャンペーン」CMソング)
  • 『The Cross~愛の十字架~』(発売日:1986年9月3日/アイルランド出身のロックギタリスト「ゲイリー・ムーア」さんの原曲を秋元康さんが日本語訳)

カラオケで盛り上がる曲は『SHOW ME』

森川由加里 SHOW ME

アーティスト名:森川由加里
リリース年月日:1987年10月26日

ドラマ「男女7人秋物語」の主題歌として起用されたこの楽曲は、オリコンチャートで2位を記録。森川由加里さんを代表するナンバーとなりました。

この曲は当時のディスコでもよく流れていて、まさにバブル時代全盛の曲として外せない1曲です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

バブル全盛の華やかな曲ですので、皆に手拍子を求めながらバカ騒ぎするべきでしょう!

お立ち台ならぬ、椅子の上に立って扇子的な物を振りながら歌うのもアリです!

皆で踊ればバブル当時のディスコ状態が鮮明によみがえる!

サビの「SHOW ME×2」は繰り返し出てくるフレーズなのでみんなで合唱して盛り上がること間違いなしですっ!

その他、『森川由加里』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『雨のカルメン』(発売日:1987年7月22日/森川由加里さんデビュー曲・「泉麻人のウルトラ倶楽部」放送後の天気予報でMVが使用されていました。 )
  • 『Hi!Hi!Hi!』(発売日:1988年6月9日/エキゾチックな曲で、森川由加里さんの曲の中ではカラオケでも人気の曲です!)

カラオケで盛り上がる曲は『ホワイトラビットからのメッセージ』

渡辺満里奈 ホワイトラビットからのメッセージ

アーティスト名:渡辺満里奈
リリース年月日:1987年1月1日

この楽曲が発売された年は兎年(うさぎどし)だったため、曲名の❝ラビット❞と相まって、縁起の良い曲として早々にヒットしました!

渡辺満里奈さんが「おニャン子クラブ」を今で言う「卒業」してのソロ活動シングル2曲目で、オリコンチャートでも1位を記録した人気のナンバー。

やはりこの時代を語るうえで、おニャン子クラブは外せませんよね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲には簡単な振り付けがありますので、サビの部分だけでも覚えて踊ると盛り上がりますので是非チャレンジしてみてください。

サビの「Good Days新しい年」の部分は指先を頭の横で上に向け回すしぐさを。

渡辺満里奈 ホワイトラビットからのメッセージ 振付け

サビ終わりの「あなたのメッセージ」の部分は友人や気になる人に手を差し伸べるようにします。

渡辺満里奈 ホワイトラビットからのメッセージ 振付け

もう開き直って可愛らしく、渡辺満里奈さんになりきって歌いましょう!

その他、『渡辺満里奈』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『深呼吸して』(発売日:1986年10月8日/ソロデビュー第一弾の曲)
  • 『マリーナの夏』(発売日:1987年4月8日/夏真っ盛りをイメージした曲・オリコンチャート1位を記録した人気のナンバー)
  • 『夏休みだけのサイドシート』(発売日:1987年7月15日/渡辺満里奈さんが恥ずかしそうに踊る姿が印象的)

カラオケで盛り上がる曲は『湾岸太陽族』

荻野目洋子 湾岸太陽族

アーティスト名:荻野目洋子
リリース年月日:1987年3月3日

「ディスコクィーン」の異名を得ている荻野目洋子さん、この曲もノリのよい踊りやすい曲で、オリコンチャートで3位を記録、この頃はバブル時代の影響があり華やかな曲が好まれました。

荻野目洋子さんはバブル期が終わった後に結婚、そして引退とまさに華やかな時代を彩った大スターでしたね。

人気、実力の面でも折り紙付き、当時を語るうえで荻野目洋子さんの曲は外せません!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

一番知名度が高い部分、そして盛り上がるサビの歌詞が英語になっているのでここは荻野目洋子さんの歌い方を是非マスターしておきたいところ。

「You’re gonna ran away, Seaside」は

ユゴナランナーウェイシサイと歌うと雰囲気が出ますのでぜひ覚えてくださいね。

荻野目洋子さんの曲には最後に必ず決めポーズがあるので、曲終わりにはこのポーズで決めちゃってくださいっ!

荻野目洋子 湾岸太陽族 振付け

右手を左右に振って、最後に上にあげるという振付けなので、本人になりきって真似してみましょう!

その他、『荻野目洋子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『六本木純情派』(発売日:1986年10月29日/FNS歌謡祭最優秀ヒット賞・日本有線放送音楽賞・日本レコード大賞金賞)
  • 『北風のキャロル』(発売日:1987年10月27日/ドラマ「赤ちゃんに乾杯」主題歌)
  • 『ヴァージ・オブ・ラブ』(発売日:1989年2月21日/ドラマ「こまらせないで!」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『MONOTONE BOY』

レベッカ

アーティスト名:レベッカ
リリース年月日:1987年4月22日

映画「微熱少年」のEDテーマとなったこの楽曲は、オリコンチャートでも3位を記録しました。

レベッカさんの数ある楽曲の中でも根強い人気があり、カラオケでよく歌われる曲です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの「Please×2 Take Me To Windy」の部分はマイクを向けて皆でリフレイン!

同時にこぶしを突き上げながら歌うとライブ感が出て更に盛り上がりますよ。

レベッカ MONOTONE BOY 振付け

ノリ切れていない人を見つけたら拳を前に突き出して煽って行きましょう。

かっこよくキメられる曲なのでストレス発散にもオススメです!

その他、『レベッカ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『RASPBERRY DREAM』(発売日:1986年5月2日/ボーカルのNOKKOさんが幼少期に習ったバレエをMVで披露して話題に)
  • 『LONELY BUTTERFLY』(発売日:1986年10月15日/ノンタイアップながらオリコンランキング6位を記録)
  • 『MOON』(発売日:1988年2月26日/ランキングには登らないながら、ファンの間では根強い人気の楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『ハートは戻らない』

早見優 ハートは戻らない

アーティスト名:早見優
リリース年月日:1987年6月21日

この曲はドイツの女性シンガー「Lady Lihy」さんの原曲で、早見優さんがリメイクしてヒットしました!

幼少期をグアムとハワイで過ごした早見優さん。英語力も抜群で、リメイク曲も難なくこなすのが彼女の凄いところ。

元祖バイリンガルとして活躍しました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

肩を左右、上下に揺らしながら歌えば早見優さんっぽくなりますのでぜひやってみてくださいね。

サビの「Get out of my life」の部分は皆で手を上に突きあげながら一緒に歌うと盛り上がること間違いなし!

曲の最後はこの決めポーズをっ!

早見優 ハートは戻らない 振付けjpg

その他、『早見優』さんの盛り上がる曲はこれ!

『夏色のナンシー』(発売日:1983年4月1日/「コカ・コーラ」CMソング・早見優さんのブレイクスルーとなった楽曲)

『渚のライオン』(発売日:1983年7月1日/ノンタイアップながらオリコンランキング10位を記録した人気のナンバー)

『PASSION』(発売日:1985年8月1日/映画「キッズ」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『時の河を越えて』

後ろ髪 時の河を越えて

アーティスト名:うしろ髪ひかれ隊
リリース年月日:1987年5月7日

おニャン子クラブの在籍メンバー「工藤静香」さん、「生稲晃子」さん、「斉藤万喜子」さんの3人で結成したグループの記念すべきデビュー曲です!

ドラマ枠『月曜ドラマランド』のEDテーマやローソンのCMソングに起用されていたので知名度抜群!

3人で歌える曲なので、カラオケで盛り上がるにはピッタリですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

3人でそれぞれのパートを交互に歌って盛り上がりましょう!

横に動くステップを踏みながら歌うとそれだけで雰囲気がでますので、ぜひ踊りながら歌ってみてくださいね。

最後の決めポーズは中腰で右手を下に伸ばし、左手は斜め上に伸ばす、決めポーズをっ!

後ろ髪 時の河を越えて 振付け

その他、『うしろ髪ひかれ隊』さんの盛り上がる曲はこれ!

『あなたを知りたい』(発売日:1987年8月12日/アニメ「ハイスクール!奇面組」の最後のOP&EDテーマ)

『メビウスの恋人』(発売日:1987年11月11日/アニメ「ついでにとんちんかん」主題歌)

『ご期待下さい!』(発売日:1988年4月29日/「ひらけポンキッキ」のOP&EDテーマ)

ここまで1987年リリースの楽曲の中から、現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングをご紹介してきました。

中でも私が一番にお勧めする曲はレベッカさんの

『MONOTONE BOY』ですっ!

この時代に青春を謳歌した人たちには忘れられないバンド、レベッカ、いつの時代も名曲は永遠に語り継がれます。

この時代を生きて良かった、そう思える曲の一つですよね!

それではこれらの選曲リストを参考に、カラオケで大いに盛り上がってください!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲