カラオケ 盛り上がる 女性 1998

長時間のカラオケに必ず登場するのが『懐メロソング』のパート!「懐かしい~!」と言いながら歌うのは、すっごく盛り上がりますよね♪

でもどんな曲があったのか思い出せない…なんてことも。そこで1998年リリースの女性向け盛り上がりソングを厳選!ぜひ参考にしてくださいねっ!

1998年といえば、『CDが最も売れた時代』と言われるほど、J-POPシーンが盛り上がった年であり、“ビデオカセット“も一番の売り上げ本数を達成した年でもあります。

みんなが音楽やテレビに夢中になっていたんですね!

だからこそ、『みんなが知っている』歌が豊作の年。カラオケの選曲にはぴったりですね♪

今回は、みんなで「懐かしい〜!」と言い合えて、盛り上がれるアップテンポの曲を厳選しましたよ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『Timing』

ブラックビスケッツ Timing

アーティスト名:ブラックビスケッツ
リリース年月日:1998年4月22日

テレビ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から生まれたグループ『ブラックビスケッツ』、通称『ブラビ』。

先んじて結成されたグループ『ポケットビスケッツ』に対するヒール役的存在として生まれました。

「ポケビ派、ブラビ派、どっちだった?」…という会話は、懐メロターンでの鉄板トークですね♪
『Timing』を歌ったあとは、是非「ポケットビスケッツ」も歌って盛り上がってください☆

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの振り付けは、テレビの前で練習した人も多いのでは? もう覚えてないよ~! という方も、一部だけでもできたら、それだけで盛り上がりますよ!

サビの「そ~れは君~の」の直後に❝グーサイン❞を出し、右手、左手の順番に素早く両手を前に出します。

ブラックビスケッツ Timing 振付け

「タイミング♪」の部分は、「タイ」で前に出した両手で拍手。

ブラックビスケッツ Timing 振付け

「ミン」で左腕の垂直に上に上げ

ブラックビスケッツ Timing 振付け

「グー」で右腕を垂直に上げます。

ブラックビスケッツ Timing 振付け

そして次のフレーズ「僕のココロ和ます」にかけて上に上げた左腕をゆっくりと胸の前に下ろしていく

ブラックビスケッツ Timing 振付け

という、一瞬のなかに、動作がいくつかあるので、練習してみてください♪

しっかりマスターして、みんなで踊ったら楽しいですよ☆

その他、『ブラックビスケッツ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『STAMINA』(発売日:1997年12月3日/デビュー曲にして、105万枚を売り上げた)
  • 『Relax』(発売日:1998年10月21日/「ウリナリ!!」1998年10月~12月度EDテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『散歩道』

JUDY AND MARY

アーティスト名:JUDY AND MARY
リリース年月日:1998年2月11日

ドラマ「ニュースの女」の主題歌となったこの楽曲は、オリコンランキング週間最高3位を記録した今でも人気の高い楽曲です。

JUDY AND MARYは残念ながら2001年に解散してしまいましたが、それぞれ今もソロで活躍されています。

特に、ボーカルのYUKIさんの曲は、耳にしている人も多いでしょう♪

『JUDY AND MARY』もYUKIさんも、男女問わずファンが多いので、女子同士で盛り上がりたいときでも、男性に向けて可愛らしい曲を披露したいときにも、ピッタリですよ♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

YUKIさんの歌い方は、パワフルでいて可愛らしく、鼻にがかった声なのに透明感があり……と、少しレベルが高いです。

YUKIさん独特の声なので、真似ようとするより、明るく楽しく歌う、というのが一番!

特にサビの部分、「なによりも」「手をつなごう」「すこしだけ」…のそれぞれの「な」「手」「す」の語頭にアクセントを置いて力強く明るく歌いましょう♪

そうするとリズムも取りやすく、雰囲気が出て盛り上がりやすいですよ♪

その他、『JUDY AND MARY』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Over Drive』(発売日:1995年6月19日/「カローラツーリングワゴン」CMソング)
  • 『そばかす』(発売日:1996年2月19日/アニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」OPテーマ)
  • 『くじら12号』(発売日:1997年2月21日/「ライブ・Dio」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『サマーナイトタウン』

モーニング娘。 サマーナイトタウン

アーティスト名:モーニング娘。
リリース年月日:1998年5月27日

デビュー曲『モーニングコーヒー』の次にリリースされたこの楽曲は、モーニング娘。の人気を不動のものにしました。

10代のアイドルたちの歌うセクシーソングに、当時ドキッとさせられた人も多いのでは?

セクシーな曲ですが、あざとすぎるせいか、男性に向けるよりも女性同士でのほうが盛り上がる印象。

女子同士だからこそできる、思いっきり狙ったセクシーな歌声で盛り上げてください♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの終わり部分

「大嫌い」「大嫌い」「大嫌い」「大好き」

は、ぜひ複数人で歌ってほしいところ。一人一人、順番にマイクを持って歌ったら盛り上がること間違い無し!

もちろん、「大好き」のあとの「Ah~」もしっかり歌いましょう。

ため息を漏らすように、色っぽく表現すると雰囲気が出て盛り上がりますよ♪

その他、『モーニング娘。』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『LOVEマシーン』(発売日:1999年9月9日/初のミリオン達成曲)
  • 『恋のダンスサイト』(発売日:2000年1月26日/カネボウ『SALA』CMソング)
  • 『ハッピーサマーウェディング』(発売日:2000年5月17日/結婚式余興ソングとして人気)

カラオケで盛り上がる曲は『愛のしるし』

PUFFY

アーティスト名:PUFFY
リリース年月日:1998年3月14日

資生堂『TISS』のCMソングとなったこの楽曲は、2016年に再びキリンビールのCMに起用され、現在でも人気が高く愛され続けている一曲です。

作詞作曲をスピッツの草野マサムネさん、プロデュースを奥田民生さんが手がけており、とっても素敵な楽曲に仕上がっています♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

PUFFYの歌のいいところは、リズム自体は淡々としていて、高低差も激しくなく歌いやすいのに、しっかりと盛り上がり、ポジティブな気持ちになれるところ。

パートを分けて、ぜひペアで歌ってみてください。
特にハモりをしなくても、ふたりで歌うだけで「PUFFYっぽい!」と盛り上がります♪

また、この楽曲には簡単な振付けがあるので盛り上がるためにはぜひ挑戦してみてください。

Aメロでは終始、両手をグーにして横に振ります。

PUFFY 愛のしるし 振付け

PUFFY 愛のしるし 振付け

Bメロでは両手を体の横でパタパタさせながら体を左右に揺らします。

PUFFY 愛のしるし 振付け

PUFFY 愛のしるし 振付け

サビの「愛のしるし~」の部分では右を向いてこのポーズ!

PUFFY 愛のしるし 振付け

曲の1番・2番の終わりにはこの決めポーズですね。

PUFFY 愛のしるし 振付け

ここでしょっと変顔をしても盛り上がりますよ!

その他、『PUFFY』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『アジアの純真』(発売日:1996年5月13日/『キリン天然育ち』CMソング)
  • 『これが私の生きる道』(発売日:1996年10月7日/『資生堂 ティセラ』CMソング)
  • 『渚にまつわるエトセトラ』(発売日:1997年4月16日/『キリン天然育ち』CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『Love again』

globe

アーティスト名:globe
リリース年月日:1998年3月31日

1998年発売当時にも人気が高かった曲ですが、「どんな曲だっけ?」…と思い出せない人も、「アホだな~」「そうだよアホだよ!」の曲といえばピンとくるのでは?

そう、V6出演のバラエティ番組『学校へいこう!』の企画で生まれたグループ『軟式globe』の替え歌で、再ブレイクした一曲ですね!

この曲をきっかけに、先に紹介した『ウリナリ!!』や『学校へいこう!』など、懐かしのテレビ番組話で盛り上がるのもいいですよ♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

globeはラップがほぼ全曲に入るので、なかなか女性だけで歌うのは難しいです。

ラップが得意な男性がいたら、是非いっしょに歌ってもらいましょう!

サビ部分「I’m fallin’love~♪」を『軟式globe』の替え歌を真似て、「アホだな~♪」と歌うと、合いの手で「そうだよアホだよ!」と歌ってくれる人もいるかも♪

ラップが難しかったら、こうやってウケに走るのも有りですよ!

その他、『globe』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Feel Like dance』(発売日:1995年8月9日/globeデビュー曲)
  • 『FREEDOM』(発売日:1996年3月27日/「KDDI」CMソング)
  • 『Can’t Stop Fallin’ in Love』(発売日:1996年10月30日/JR東日本「JR ski ski」キャンペーンソング)

カラオケで盛り上がる曲は『歌舞伎町の女王』

椎名林檎 歌舞伎町の女王

アーティスト名:椎名林檎
リリース年月日:1998年9月9日

1998年に発表されたとは思えないような、センセーショナルで挑戦的な歌詞に、当時度肝を抜かれた人も多いのではないでしょうか。

歌舞伎町の街を思わせる、非常に椎名林檎さんらしい楽曲です。

この年にデビューした椎名林檎さんは、2016年『リオデジャネイロ・オリンピック』閉会式にて行われた、2020年東京オリンピック・パラリンピックへの引き継ぎ式にて、音楽監修を務め、今や国民的アーティストとなりました!

女性にも男性にも支持される椎名林檎さん。男性に向けてちょっとセクシーに魅せたいときにセレクトするのもおすすめです♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

椎名林檎さんの歌い方はかなり独特!特にこの曲は、巻き舌が多く使われています。

サビ終わり「暮らすのだろう」の「ら」と「ろ」の部分や、最後の「東口を出たら」の「ら」。

基本的にはラ行は巻き舌ですね。これができるだけだけも、「あ、それっぽい!」となるかも!

この楽曲は「ウン・タタン・タン」のリズムなので、このリズムに合わせてみんなには手拍子をもらえるよう、タンバリンを太ももで鳴らしながら歌のもオススメ。

曲の間奏では椎名林檎さんの口笛が入りますので、是非挑戦してみてくださいね。かっこよく決まれば盛り上がること間違いなしです。

その他、『椎名林檎』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ここでキスして。』(発売日:1999年1月20日/「ダウンタウンDX」EDテーマ)
  • 『本能』(発売日:1999年10月27日/「FUN」DEテーマ)
  • 『真夜中は純潔』(発売日:2001年3月28日/「東京スカパラダイスオーケストラ」コラボ曲)

カラオケで盛り上がる曲は『poker face』

浜崎あゆみ poker face

アーティスト名:浜崎あゆみ
リリース年月日:1998年4月8日

90年代のJ-POPシーンを率いたといっても過言でもない、浜崎あゆみさん。

この曲が収録されたアルバム『A Song for ××』は150万枚を売り上げる大ヒットに! 持っている人も多いのではないでしょうか?

そんな浜崎あゆみさんの記念すべきデビューソングがこの楽曲。

女性同士のカラオケなら、この曲から発売順に浜崎あゆみさんの歌を歌っていく…というのも楽しいですよ♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

おすすめの歌い方は……浜崎あゆみさんになりきって『歌姫感』をだして歌うこと!

是非立って、身体を緩く動かしながら歌ってください。

特にサビ部分を「あなたの愛がほしいよ」のとき、ちょっと遠い目をしながら歌い上げると、『歌姫』っぽさがでて、楽しんでもらえます♪

MV映像がついていることが多いので、当時の浜崎あゆみさんを楽しみつつ、振付けなどを真似しながら歌ってみてくださいね!

その他、『浜崎あゆみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Boys & Girls』(発売日:1999年7月14日/花王「AUBE」CMソング)
  • 『SEASONS』(発売日:2000年6月7日/ドラマ「天気予報の恋人」主題歌)
  • 『evolution』(発売日:2001年1月31日/映画「ヘルタースケルター」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『Face the change』

Every Little Thing

アーティスト名:Every Little Thing
リリース年月日:1998年1月7日

トヨタ「HILUX SURF SSR-V」のCMソングとなったこの楽曲は、ボーカルの持田香織さんの可愛らしい伸びやかな声が、パワフルに吐き出されるギャップがたまらないロックナンバーです!

誰しもが聞いたことがある上に、縦ノリになる熱い一曲なので、盛り上がること間違いなしです♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

盛り上がりのポイントはBメロ。

サビ直前の「本当にごめんね」の部分は、「ご・め・ん・ねーっ!」と力強く歌って、サビへの盛り上がりに繋げましょう!

自身でも縦に身体を揺らしながらロックに歌って、みんなをノリノリにさせましょう♪

その他、『Every Little Thing』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Dear My Friend』(発売日:1997年1月22日/「スリムビューティハウスCMソング)
  • 『For the moment』(発売日:1997年6月4日/初のオリコンチャート1位獲得)
  • 『出逢った頃のように』(発売日:1997年8月6日/森永製菓「ICE BOX」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『彼女と私の事情』

相川七瀬

アーティスト名:相川七瀬
リリース年月日:1998年2月8日

ドラマ「太陽がいっぱい」の主題歌となったこの楽曲は、数ある相川七瀬さんの楽曲の中で、現在でも人気の高い楽曲です。

実はこの曲、元JUDY AND MARYのYUKIさんとPUFFYの吉村由美さんがコーラスで参加しているのですっ!

歌詞の内容は仲の良い相川七瀬さんと吉村由美さんとの関係なんだとか。

そんな雑学を交えつつ、仲良しのお友達に向けて歌うのもいいですね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

身体を動かさずにはいられない、ロックなダンスナンバーです。

難しく考える必要はなし! リズムに乗って、腕を振ったり、腰を揺らしたりして、自由に動いて楽しく歌いましょう♪

後半の間奏では、『YEAH!』と入る部分があるので、友達と一緒に叫ぶのも楽しいですよ♪

その他、『相川七瀬』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『夢見る少女じゃいられない』(発売日:1995年11月8日/ドラマ「Vの炎」EDテーマ)
  • 『トラブルメイカー』(発売日:1997年2月13日/「OZOC」CMソング)
  • 『Sweet Emotion』(発売日:1997年5月1日/「ハイチュウ」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『あした』

aiko あした

アーティスト名:aiko
リリース年月日:1998年7月17日

映画「新生トイレの花子さん」の主題歌となったこの楽曲は、唯一、作詞作曲がaikoさん本人ではありません。

そのため、よく知っているaikoさんの曲調とはちょっと違って、クールなダンスナンバーになっています♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「これがaiko?」とちょっとびっくりするような、クールなイントロです。

最初は少しおとなしめに、細めに歌いながら、サビでは思いっきり力強く歌いましょう♪

身体を細かく刻むように動かして、リズムに乗って踊りながら歌うといいですよ☆

その他、『aiko』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『花火』(発売日:1999年8月4日/サークルK「冷やし中華」CMソング・アニメ「まっすぐにいこう。」EDテーマ等)
  • 『桜の時』(2000年2月17日/「カルピスウォーター」CMソング)
  • 『ボーイフレンド』(発売日:2000年9月20日/「ブリヂストン・アルベルト」CMソング)

1998年の盛り上がりソング、いかがでしたか?ステキな盛り上がりソングはたくさんありますが、中でも私がオススメするのは

ブラックビスケッツさんの『Timing』ですっ!

イントロが流れるだけで、「懐かしい~!」と声があがること請け合いの一曲です。

私は当時『ブラビ派』だったのですが、『ポケットビスケッツ』の曲も負けないほどかっこよく、今聴くと…どっちも派! になっちゃいました♪

「CDが最も売れた年」だけあって、耳にしたことがある曲ばかりではなかったでしょうか?

この時代の女性の歌は、まっすぐでいてタフな力強い曲が多いですね♪

「あったあったこんな曲!」と懐かしいだけでなく、元気も湧き出てくる1998年の名曲たち。

是非みんなで歌って、盛り上がってくださいね♪

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲