カラオケ 盛り上がる 男性 1983世代を超えて楽しめるのが、カラオケ♪ 入ってきたばかりの新人や後輩…。年が離れた人とでも、お互いに知っている曲だと一気に距離が近くなりますよね!

今回は1983年リリース曲の中から、世代関係なく楽しめる、男性向き盛り上がりソングをご紹介します!

「若い子が知っているか不安」…というこの年代がドンピシャなあなたも、「上司と盛り上がれるか不安」…というお若いあなたも♪ みんなで楽しめる曲を厳選したので、是非参考にしてくださいね!

1983年は、東京ディズニーランドが開園し、任天堂が「ファミリーコンピュータ」、略して「ファミコン」を発売した年。
日本のエンターテイメントが花開き始めた年ですね♪

経済も安定期に入っているので、希望的で、明るく元気な歌が多いです。

そんな1983年にリリースされた楽曲のなかから、今聞いても楽しめる、みんなで盛り上がれる曲をピックアップ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『高気圧ガール』

山下達郎

アーティスト名:山下達郎
リリース年月日:1983年4月23日

1983年の『全日空リゾートピア沖縄』キャンペーンイメージソングに起用され、また2015年にも『スバル・インプレッサ』のCMソングに使われ、現在でもラジオやテレビで耳にする機会の多い、山下達郎さんの代表的な一曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

爽やかなメロディなのに、歌詞はセクシー! 女性がいるときには、是非歌ってほしい一曲です。

ちょっとエロティックに歌うと、女性はドキリ☆…とするかも!?

サビの『高気圧ガール』の『こ』を溜めるように歌い、少し鼻にがかったような粘っこさで歌うと、山下達郎さんらしくなりますよ♪

『ラララ』と歌う部分は、手を横に振りながらみんなで歌うのもグッド♪

風を感じるような気持ちで…爽やかに歌ってください!

その他、『山下達郎』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『RIDE ON TIME』(発売日:1980年5月1日/2003年ドラマ『GOOD LUCK!!』主題歌になり再ヒット)
  • 『クリスマス・イブ』(発売日:1983年12月14日/言わずと知れた定番のクリスマスソング)
  • 『さよなら夏の日』(発売日:1991年5月10日/『第一生命』テーマソング)

カラオケで盛り上がる曲は『ギャランドゥ』

西城秀樹 ギャランドゥ

アーティスト名:西城秀樹
リリース年月日:1983年2月1日

おヘソあたりの毛が濃く生えている人を『ギャランドゥ』と言うのは、この西城秀樹さんの楽曲が語源!

当然知っている♪ って人と、えっそうだったの!? と驚く人で分かれることも…。

すっかり定着してしまったほど影響力のあった曲なので、一度は耳にしている人が多いはず!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

『ギャランドゥ♪』の部分は、巻き舌気味で歌うと、西城秀樹さんらしくなりますよ!

もしギャランドゥの人がいたら、その人を指差すと面白いですね!

もちろん「自分がギャランドゥだ!」という人は、是非自ら選曲してください。

ただし、盛り上がりすぎてお腹を見せちゃう…なんてことしたら、女性がいると引いちゃうことも!? 場の雰囲気を読んで楽しみましょうね。

その他、『西城秀樹』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)(発売日:1979年2月21日/ヴィレッジ・ピープル『Y.M.C.A』のアレンジ作品)
  • 『ブルースカイ ブルー』(発売日:1978年8月25日/2006年に河村隆一さんがカバーするなど人気の楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『ベイビー!逃げるんだ。』

忌野清志郎

アーティスト名:RCサクセション
リリース年月日:1983年11月7日

今は亡き忌野清志郎さんが所属していたRCサクセションの一曲。

世代も性別も超えて支持される、邦楽ロックバンドのひとつです。

ロック好きの人がいたら、是非選曲してください♪

グルーブ感のたまらない楽曲なのでノリノリで歌えること間違い無しです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

忌野清志郎さんの歌い方は特徴的なので、真似できそうなら、是非挑戦してみてください。

これができると、「っぽい~!」と盛り上がります♪

例えば、サビは『逃げるんだ 逃げるんだ』と歌うのではなく、『逃げるんだ げるんだ』と、後半の❝に❞は発音しないと言った具合です。

このとき、『げ』を甲高く、喉を狭くするように歌うと、更にそれらしくなりますよ!

その他、『RCサクセション』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『雨上がりの夜空に』(発売日:1980年1月21日/多数アーティストがカバーする代表曲)
  • 『トランスタ・ラジオ』(発売日:1980年10月28日/電気グルーヴがカバーした人気のある楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『ボディ・スペシャル II』

サザンオールスターズ

アーティスト名:サザンオールスターズ
リリース年月日:1983年3月5日

数あるサザンオールスターズの盛り上がり曲のなかでも、特にアツイ1曲! ライブでも定番ですよ♪

1983年当時、先に紹介した『RCサクセション』と野外ライブで対バンし、この曲を熱唱しています。

まさに、夢の共演ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

実はこの歌詞をよく聞くと……結構、過激! です。

なので、カラオケの盛り上がりのピーク…例えばオールナイトのカラオケだったら、深夜の時間帯に歌うのがおすすめ。

サビの部分では『Oh,yeah!』を繰り返すので、みんなにマイクを向けてコール&レスポンスをしながら、盛り上がりましょう!

その他、『サザンオールスターズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『勝手にシンドバッド』(発売日:1978年6月25日/「三ツ矢サイダー」CMソング)
  • 『愛の言霊 〜Spiritual Message』(発売日:1996年5月20日/ドラマ「透明人間」主題歌)
  • 『エロティカ・セブン EROTICA SEVEN』(発売日:1993年7月21日/170万強の売り上げ枚数を誇る大ヒット曲)

カラオケで盛り上がる曲は『め組のひと』

ラッツ&スター

アーティスト名:ラッツ&スター
リリース年月日:1983年4月1日

1983年当時の、資生堂のCMソングに使用されたほか、アニメ『キン肉マン』の挿入歌に使われるなど知名度抜群のナンバー。

この世代の人には、ドンピシャで懐かしい歌でしょう♪

2014年には倖田來未がカバーするなど、今でも多くの人が耳にしている楽曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ジャズ調のとっても渋く、グルーブ感のあるかっこいい一曲! しかし、歌は簡単なメロディの繰り返しなので、とっても歌いやすいです♪

この曲には踊りがあるので、是非やってみてください。

リズムにあわせて、両腕を交互に上下に振って、歌詞の『めッ!』、のときにピースサインをしながらこの決めポーズ!

倖田來未 め組のひと

簡単なのでぜひ真似してくださいね。

この曲を知っている人なら必ず一緒に「めッ!」をやってくれるはずです。

その他、『ラッツ&スター』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ランナウェイ』(発売日:1980年2月25日/ラジカセ「ランナウェイ」CMソング)
  • 『街角トワイライト』(発売日:1981年2月1日/映画「未来の思い出」挿入歌)
  • 『夢で逢えたら』(発売日:1996年4月22日/ラッツ&スターさん最後の楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『メリーアン』

THE ALFEE メリーアン

アーティスト名:THE ALFEE
リリース年月日:1983年6月21日

THE ALFEEの楽曲のなかでも、一番のロングセラー作。
この曲で、NHK紅白歌合戦に初出場を果たしています。

ノスタルジックな曲調ですが、THE ALFEEの3人のハモリが非常に美しく力強いので、聞いているだけで心が躍ります!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

できれば二人以上で歌ってほしい曲!

サビの『メリアーン メリアーン』の部分がハモれるととってもかっこいいですよ♪

決して暗い曲調ではないのですが、哀愁漂う歌詞とリズムなので、気持ちを込めて歌いましょう。

伸びやかに歌って、重くなりすぎないように!

『メリーアン』の部分は、ふたりで掛け合ってもいいですね。

その他、『THE ALFEE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『星空のディスタンス』(発売日:1984年1月21日/ドラマ「無邪気な関係」主題歌)
  • 『STARSHIP〜光を求めて〜 -』(発売日:1984年5月21日/映画「SF新世紀レンズマン」平和のテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『Zokkon命』

シブがき隊 Zokkon命

アーティスト名:シブがき隊
リリース年月日:1983年5月5日

80年代の人気ジャニーズグループ、シブがき隊の一曲!

『Zokkon』…というタイトルからして、ザ・80年代の懐かしさが漂ってきます。

「わ~古い~!」と盛り上がるのもまた一興。

アイドルらしい明るい一曲なので、聞くだけで楽しくなれちゃいますよ♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

音程などは気にせず、とにかく明るく歌いましょう♪

『80年代っぽさ』をあえてだすなら、右に左にステップを踏んで歌うといいですよ♪

そして、『渡せない〜』の部分で腕を突き出し、ぐっと胸に戻す。

『ぞっこん!』のところでは、好きな女の子相手に指を指してキメるのもいいですし、あえて同性を指差してウケを狙うの盛り上がりますよ!

その他、『シブがき隊』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『100%…SOかもね!』(発売日:1987年7月21日/紅白歌合戦初出場曲)
  • 『スシ食いねェ!』(発売日:1986年2月21日/多数の番組で挿入歌として現在でも使用されている)

カラオケで盛り上がる曲は『素敵にシンデレラ・コンプレックス』

郷ひろみ 素敵にシンデレラ・コンプレックス

アーティスト名:郷ひろみ
リリース年月日:1983年5月12日

この頃の郷ひろみさんは、「まさにプリンス!」というオーラを放っていますね♪

この時代の代表アーティストのひとりといっても過言ではないでしょう。

この楽曲は当時のトヨタ自動車「NEW FFカローラ」のCMに起用された一曲なので知っている人も多いでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

『素敵にシンデレラ』『愛の神話はきみから始まる』…なんて、今聞くと正直クサイ!?というくらいベタベタなラブソングです。

ここは、恥ずかしがって歌っちゃ駄目!郷ひろみさんの物まねをするように、ノリノリで歌って楽しみましょう♪

今ではなかなか聞けないドストレートな愛の言葉なのでで、ぐっときちゃう女性もいる…かも!?

その他、『郷ひろみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『林檎殺人事件』(発売日:1978年6月21日/ドラマ「ムー一族」挿入歌)
  • 『2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-』(発売日:1984年2月25日/アップテンポでノリノリの超有名代表曲)
  • 『GOLDFINGER ’99』(発売日:1999年7月23日/渋谷駅前のゲリラライブが話題に)

カラオケで盛り上がる曲は『君に、胸キュン。』

YMO 君に、胸キュン。

アーティスト名:イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)
リリース年月日:1983年3月25日

「イエロー・マジック・オーケストラ」といってもピンとくる人は今となっては少ないのでは?

通称「YMO」の略称の方が知っている人が多いですね。当時のカネボウ化粧品のCMソングとして使用された一曲で、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の中でも使われました。

サビのメロディは誰でも一度は聞いたことがあるはず!
この曲がきっかけで、『胸キュン』という言い回しが世に広まったというのは有名な話です。

YMOはテクノ・ミュージックの元祖と言われ、今をときめくサカナクションや、Perfumeなどのプロデューサー・中田ヤスタカさんも影響を受けています。

今の子たちの音楽が分からない…とお悩みの方は、Y.M.Oをきっかけに会話が弾むかもしれません☆

カラオケでの盛り上がりPOINT!

80年代らしい歌謡曲っぽさは残しつつ、30年以上前に作られたとは思えない今風のサウンドがたまらないダンスナンバーです!
是非リズムに乗って、横揺れしながら楽しく歌いましょう♪

男性ボーカルの歌ですが、とってもキュートな歌なので、『あざとい!』というくらい可愛らしく歌うと面白いかも!

『君に胸キュン』の『キュン』のところで、ハートを手で作ったり、小首を傾げてみたりしてウケを狙ってみてください☆

その他、『イエロー・マジック・オーケストラ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『テクノポリス』(発売日:1979年10月25日/富士フイルム「カセットテープ」CMソング)
  • 『ライディーン(発売日:1980年6月21日/アニメ「響け! ユーフォニアム」挿入歌)

カラオケで盛り上がる曲は『激しい雨が』

THE MODS

アーティスト名:THE MODS
リリース年月日:1983年9月21日

80年代のロックを牽引し、今でも活動を続けているロックバンド・THE MODS。

「maxellカセット XLシリーズ」のCMソングとしても起用されたこの曲は、今聞いても全く古さが感じられない、直球のロックサウンド!

この曲を知らない人がいても、「30年前の曲だよ」と言うと、びっくりするかも♪

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの『激しい雨が俺を洗う』の部分は、リズムは単調なので大人しく歌うと地味に聞こえてしまいます。

歌の通り、『激しさ』を意識して、力強く歌いましょう!

『変わりはじめる』のところは、しゃがれ声を意識して渋く歌うと、かっこいいですよ♪

雨に打たれる自分を思い浮かべながら、心に溜まった悔しさを吐き出すような気持ちで歌いましょう!

その他、『THE MODS』さんの盛り上がる曲はこれ!

『バラッドをお前に(発売日:1984年2月1日/ドラマ「中卒・東大一直線 もう高校はいらない」主題歌)

『夜のハイウェイ』(発売日:1985年5月22日/映画「THE MODS 夜のハイウェイ」主題歌)

ここまで1983年リリースの男性アーティストのカラオケで盛り上がる楽曲をご紹介してきましたが、中でも私が一番オススメするのは、山下達郎さんの『高気圧ガール』!

野外のフェス会場で一度聞いたことがありますが、とっても爽やかな明るい歌で、みんな総立ちになって手を横に振っていました♪

いま聞いても全く古さを感じない洗練されたメロディは、女性にも男性も聞いて盛り上がること間違い無し!

30年前以上の年代ですが、今でも耳にすることが多いおなじみの曲が多かったですね!

世代を超えて支持される名曲ばかりなので、年が離れた人とでも、これをきっかけに会話がはずむかも。

是非カラオケで距離を縮めて、みんなで楽しんでくださいね♪

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲