カラオケ 盛り上がる 女性 1985 「カラオケに行って皆で盛り上がろうっ!」というときにお役立ち!

1985年リリースの楽曲の中から現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングをピックアップ!

ぜひ参考にしてくださいねっ!

「いちご大福」が世に出回りだしたのがこの時代。待ち行く人々は「コンサバ」と呼ばれるファッションに身を包み、ペイズリー柄も流行しました。

「イッキ!イッキ」の流行語や、「新人類」という言葉が生まれたのもこの年です。

そんな時代に流行した楽曲の中から、当時、最も勢いがあった女性歌手、女性ヴォーカルバンドを中心に、ノリのいい感情移入できる曲を基準にピックアップ!

カラオケで盛り上がりたいときには必見です!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『ミ・アモーレ』

中森明菜

アーティスト名:中森明菜
リリース年月日:1985年3月8日

この曲は第27回日本レコード大賞を受賞した曲で、第36回NHK紅白歌合戦でも唱歌されました。

中森明菜さんのファの間では『ESIRE』と共に最も人気のある曲の一つです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲はカーニバルをイメージした曲なので、サンバのリズムがピッタリ!

マラカスなどを多用し、「アモーレ」の時に続けてアモーレ、と皆でリフレインすれば一体感が出て盛り上がりますよ。

皆で踊って盛り上がっちゃいましょう!

その他、『中森明菜』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『スローモーション』(発売日:1982年5月1日/記念すべき中森明菜のデビュー曲)
  • 『少女A』(発売日:1982年7月22日/「夜のヒットスタジオ」初出場曲)
  • 『DESIRE-情熱』(発売日:1986年2月3日/パイオニア「PRIVATE CD 500AV」CM曲)

カラオケで盛り上がる曲は『天使のウィンク』

松田聖子 天使のウィンク

アーティスト名:松田聖子
リリース年月日:1985年1月30日

ダイハツ工業「新シャレード」のイメージソングとなったこの楽曲は、オリコンランキング年間10位を記録した松田聖子さんの代表曲と行っても過言ではない一曲。

同年に神田正輝さんと結婚したことは今となっては懐かしい話ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの部分で「天使のウィンク」の部分を歌う際に、左手を耳の横でカスタネットを叩くように「パクパク」させてみましょう!

「天使の~」の部分で顔の横に手を開いた状態で持っていきます。

余裕があれば実際にウィンクしてくださいね。

松田聖子 天使のウィンク 振付け1

そして、「~ウィンク」を歌い終わった直後に2回手をカスタネットのように開く、閉じるを繰り返します。

松田聖子 天使のウィンク 振付け

この振付けは松田聖子さんのコンサートでは定番になっているので、真似して歌うと盛り上がること間違いなし!

その他、『松田聖子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『裸足の季節』(発売日:1980年4月1日/記念すべき松田聖子さんのデビュー曲・資生堂「エクボ洗顔フォーム」CMソング)
  • 『青い珊瑚礁』(発売日:1980年7月1日/グリコ・アイスクリーム「ヨーデル」CMソング)
  • 『チェリーブラッサム』(発売日:1981年1月21日/「太陽神戸三井銀行」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『翼の折れたエンジェル』

中村あゆみ 翼の折れたエンジェル

アーティスト名:中村あゆみ
リリース年月日:1985年4月27日

ご存知、中村あゆみさん最大のヒット曲で、いまもカラオケでは世代を問わず人気の曲ですよね!

この曲は中村さんがデビューするころからライブで頻繁に歌われており、世に送り出してからは爆発的ヒットを飛ばした魂の1曲です!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲は皆で手拍子を合わせ、叫ぶように熱唱すれば、感情移入しやすい曲なので盛り上がりますよ!

歌詞は英語で「13,14,15,16」と当時を回想する内容になっていますので、過去の自分を思い出しながら熱唱しましょう!

聞いている人も懐かしみながら自然と合唱してくれるはずです。

その他、『中村あゆみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ちょっとやそっとじゃCAN’T GET LOVE』(発売日:1986年4月16日/カネボウ化粧品「86夏のキャンペーンソング」)
  • 『ONE HEART』(発売日:1986年11月21日/「世界ふしぎ発見」3代目EDテーマ)
  • 『とまだち』(発売日:1989年4月12日/「カナダドライジンジャーエール」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『常夏娘』

小泉今日子 常夏娘

アーティスト名:小泉今日子
リリース年月日:1985年4月10日

「キョンキョン」の愛称で知られる小泉今日子さん。1985年にはもうすでにトップアイドルとして大活躍するものの、レコード大賞や有線大賞を受賞しても辞退するなど、我が道を行くアイドルとしても有名に。

この「常夏娘」という曲も小泉今日子さんらしい明るくフレッシュな曲ですよね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲には1番と2番の間奏部分で小泉今日子さんはムーンウォークを披露していますのでまねをして歌えば盛り上がりも倍増!

小泉今日子 常夏娘 振付け

題名の通り夏を感じる楽曲なので、タンバリンやマラカスを使ってもピッタリハマリます!

とにかく明るい曲なので楽しく歌って盛り上がってくださいね!

その他、『小泉今日子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ヤマトナデシコ七変化』(発売日:1994年9月21日/奈良競輪場の締切前BGMの原曲)
  • 『なんてったってアイドル』(発売日:1985年11月21日/富士フイルム「カルディア」CMソング・富士重工業「スバル・ステラ」CMソング)
  • 『水のルージュ』(発売日:1987年2月25日/カネボウ化粧品「87春の口紅AQUA ROUGE」のCMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『フレンズ』

レベッカ

アーティスト名:レベッカ
リリース年月日:1985年10月21日

同楽曲で第66回NHK紅白歌合戦にも出場、ドラマ「ハーフポテトな俺たち」のEDテーマにもなったレベッカさんを代表する1曲です!

また、1999年に放送された広末涼子さん、三上博史さん主演のドラマ「リップスティック」の主題歌にも再びなり、現在でも不変の人気を誇る名曲ですね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲は幅広い年齢層の人が知っている名曲なので、イントロの段階で盛り上がること請け合い!

疾走感溢れる楽曲なので手拍子とタンバリンでリズムをとりながら、皆で一緒に歌って盛り上がっちゃいましょう!

NOKKOさんのように少し鼻にかかった歌い方のものまねをしても雰囲気が出る&面白くて盛り上がりますよ!

その他、『レベッカ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ラブ イズ Cash』(発売日:1985年4月21日/レベッカの初ヒット曲)
  • 『RASPBERRY DREAM』(発売日:1986年5月2日/ライオン「ページワン洗顔フォーム」CMソング)
  • 『MONOTONE BOY』(発売日:1987年4月22日/映画「微熱少年」EDテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『C』

中山美穂 C

アーティスト名:中山美穂
リリース年月日:1985年6月25日

記念すべきデビュー曲となったこの楽曲は、中山美穂さん主演のドラマ「夏・体験物語」の主題歌にもなった一曲。

レコード大賞やゴールデンアロー賞なども受賞していますので、知名度抜群!

この年代の人で知らないという人は少ないでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌詞の中で「抱きしめて」「ささやいて」と歌う部分があるので、その際に抱きしめるポーズ、耳元に手を当てるポーズなどをすれば盛り上がります!

中山美穂さんもこの振付けを音楽番組で披露していますので、みんなで踊って楽しめますよ!

その他、『中山美穂』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『生意気』(発売日:1985年10月1日/オリコンランキング週間2位を記録したミディアムテンポで歌いやすい楽曲)
  • 『BE-BOP-HIGHSCHOOL』(発売日:1985年12月5日/映画「ビー・バップ・ハイスクール」主題歌)
  • 『JINGI・愛してもらいます』(発売日:1986年7月15日/映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『PASSION』

早見優

アーティスト名:早見優
リリース年月日:1985年8月1日

早見優さんは静岡県熱海市で生まれ、3歳から14歳までグアム、ハワイで過ごした帰国子女。

帰国の理由は親の仕事の都合…ではなく、ハワイで日本の芸能関係者からスカウトされたのが理由。

海外でスカウトされるなんて運命を感じますね

この楽曲は映画「キッズ」の主題歌や東芝OM機器のCMでも起用され、第36回NHK紅白歌合戦にも出場しましたので知名度抜群!

みんなで歌って盛り上がれるのでオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲はタンバリンを使いリズムよく、他の人は手拍子で盛り上げましょう!

「Come on Come on Love me Come on」とバックコーラスが歌う部分は皆で歌うとさらに盛り上がりますのでマイクを向けて声をもらうよう煽ってくださいね!

そして曲の最後「愛を証明してよ」の後に続く「チャチャチャチャン」のチャンでこの決めポーズ!

早見優 PASSION 振付け

かっこよく決めちゃってくださいね!

その他、『早見優』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『急いで初恋』(発売日:1982年4月21日/デビュー曲・資生堂「バスボン・ヘアコロンシャンプー・リンス」CMソング)
  • 『夏色のナンシー』(発売日:1983年4月1日/「コカ・コーラ」CMソング・最大のヒット曲)
  • 『渚のライオン』(発売日:1983年7月1日/南国の海をイメージしたさわやかな一曲)

カラオケで盛り上がる曲は『デビュー~Fly Me To Love』

河合奈保子 デビュー~Fly Me To Love

アーティスト名:河合奈保子
リリース年月日:1985年6月12日

初のオリコンチャート1位を記録したこの楽曲は、第27回レコード大賞も受賞し、河合奈保子さんを代表する楽曲となりました。

同年の紅白歌合戦に出場しましたが、吉川晃司さんが大はしゃぎして演奏時間を押してしまったため、河合奈保子さんが歌い出しを歌えず、曲の途中から歌うというハプニングが話題になったのは懐かしい話ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

流れるようにテンポのよい曲ですから、軽快な手拍子とタンバリンで皆で盛り上がりましょう!

河合奈保子さんは女性ファンも多かった歌手なので、女性同士のカラオケにピッタリ。

サビの「Fly me To Love」のフレーズは知っている人も多いので自然とみんなで大合唱。盛り上がること請け合いです!

その他、『河合奈保子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『スマイル・フォー・ミー』(発売日:1981年6月1日/河合奈保子さんを代表する一曲・紅白歌合戦初出場)
  • 『エスカレーション』(発売日:1983年6月1日/最大のヒットシングル・映画「居酒屋兆治」劇中歌)
  • 『エンゲージ』(発売日:1993年10月21日/ドラマ「夏樹静子サスペンス劇場」OPテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『Tempation~誘惑~』

本田美奈子 Tempation~誘惑~

アーティスト名:本田美奈子
リリース年月日:1985年9月28日

「東芝ファンヒーター」のCMソングに起用され、この曲で第27回日本レコード大賞新人賞、第14回FNS歌謡祭最優秀新人賞、第16回日本歌謡大賞などを受賞した河合奈保子さんを代表する一曲。

また、テレビドラマ「微熱MY LOVE」の主題歌にも起用されましたので知っている人が多いのも盛り上がりソングとしてオススメするポイントです。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

本田美奈子さんみたくサビの「テンプテーション」の部分で腰を落としながらくねらせ、相手を誘惑するように歌えば盛り上がること間違いなし!

「ときめいて テンプテーション」のフレーズはとても有名なので一回目は自分で歌い、二回目以降はみんなから声をもらうようマイクを向けるパフォーマンスで煽ってください。

一体感が生まれて更に盛り上がりますよ!

その他、『本田美奈子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『1986年のマリリン』(発売日:1986年2月5日/オリコン週間ランキング3位を記録した最大セールスの楽曲)
  • 『HELP』(発売日:1986年7月23日/AC公共広告機構「いじめ防止キャンペーン」CMソング)
  • 『HEAT BREAK』(発売日:1987年6月22日/東芝「ウォーキー」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『リ・ボ・ン』

堀ちえみ リ・ボ・ン

アーティスト名:堀ちえみ
リリース年月日:1985年1月23日

この曲は2004年に岩崎良美さん、石川ひとみさんらと共に「僕らの同窓会コンサート」にて、新バージョンが来場者に限定配布されるなど現在でも人気の楽曲です。

原曲キーもそれほど高くなく、曲のテンポもミディアムなので歌いやすい曲としてもオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲には簡単な振付けがありますので、真似して歌うと盛り上がりますので是非チャレンジしてみてくださいね。

サビ手前の「ゴメンね」のフレーズではクビをかしげるこのポーズ!

堀ちえみ リ・ボ・ン 振付け

それ以外の部分は左右にステップを踏みながら腕を伸ばしたり縮めたりしてください。

堀ちえみ リ・ボ・ン 振付け

堀ちえみ リ・ボ・ン 振付け

堀ちえみさんといえば、何といってもドラマ「スチュワーデス物語」内での名台詞

「私はドジでのろまな亀です」

が有名なので、歌の合間に物まねを入れれば盛り上がること間違いなし?

その他、『堀ちえみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『潮風の少女』(発売日:1982年3月21日/デビューシングル・ドラマ「メチャン子・ミッキー」主題歌)
  • 『青い夏のエピローグ』(発売日:1983年7月7日/歌番組「ザ・ベスト10」で日本航空の格納庫からスチュワーデス姿で歌を披露したことが話題に)
  • 『稲妻パラダイス』(発売日:1984年4月21日/「ザ・トップ10」でこの曲を熱唱中に右足の靴が客席に飛んでしまうと言うアクシデントが発生!ひきつる堀さんの表情が印象的)

ここまで1985年リリースの楽曲の中から、現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングをご紹介してきました。

中でも私が一番にお勧めする曲はレベッカさんの『フレンズ』ですっ!

いま聴いても色あせない楽曲ですし、ドラマの主題歌に二回も抜擢されるほど誰からも長く愛されている曲でもあります。

これらの選曲リストを参考にカラオケで盛り上がってくださいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲