カラオケ 盛り上がる 男性 19911991年にヒットしたカラオケで盛り上がる男性向けの曲をご紹介!

現在でも色んなシーンで流れている曲をセレクトしていますので懐かしさを感じながらカラオケで盛り上がってくださいねっ!

音楽業界のバブルと言える1990年代。様々なPOPSが誕生しましたよね。

アイドルの曲、ロックの曲、パンクの曲など、「懐かしい」且つ「楽しい」楽曲ばかりを厳選しました。

特に若い人は、お仕事で上司とカラオケに行った際に困らないようにレパートリーをこの機会に増やしてみては?

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『どんなときも』

槇原敬之

アーティスト名:槇原敬之
リリース年月日:1991年6月10日

90年代を代表するヒットメーカーである槇原敬之さんですが、その名前を世に知らしめた最大のヒット曲。

映画「就職戦線異状なし」の主題歌となったことも功を奏し、徐々にオリコンシングルチャートが上がり発売から1ヶ月半後に1位に輝きました。

その後、世の中に浸透したこの曲は1992年の選抜高校野球の入場行進曲やケンタッキーフライドチキンのCM曲に起用され、より多くのお茶の間に届けられましたね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

やはりこの曲が一番インパクトを与えるのはサビの「どんなときも~♪」のフレーズですよね。

とてもキャッチーなメロディーと耳に馴染みやすい歌詞なので、聴いている人は自然と体を揺らしてノレるはず!

サビはみんなから声をもらえるようマイクを向けるパフォーマンスをすると更に盛り上がりますのでやってみてくださいね!

その他、『槇原敬之』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『もう恋なんてしない』(発売日:1992年5月25日/ドラマ「子供が寝たあとで」主題歌)
  • 『No.1』(発売日:1993年9月1日/「KDDI」CMソング)
  • 『SPY』(発売日:1994年8月25日/ドラマ「男嫌い」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『それが大事』

大事MANブラザーズバンド

アーティスト名:大事MANブラザーズ
リリース年月日:1991年8月25日

大事MANブラザーズの代名詞となる最大のヒット曲。3枚目のシングルでリリースされたこの曲は、「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のテーマソングに起用されると、同年の12月30日付のオリコンチャートで1位を獲得。

オリコン集計で最終的には160万枚以上を記録して、6年という短い活動期間ながらJ-POP界に歴史を残した1曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

何と言っても、サビのメロディーをしっかりリズム良く歌うことが盛り上がるコツです!

お友達とカラオケに行った時もみんなで合唱のように一緒に歌うとさらに場が盛り上がりますね!

落ち込んでいる友人がいたらこの楽曲で応援してあげましょう!

その他、『大事MANブラザーズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『うたをうたおう』(発売日:1992年4月25日/アニメ「クレヨンしんちゃん」初代EDテーマ)
  • 『Bye・Love』(発売日:1992年7月21日/「うるとら7:00」OPテーマ)
  • 『もしかすっとナンセンス』(発売日:1992年11月1日/アニメ「南国少年パプワくん」前期EDテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『LADY NAVIGATION』

B'z LADY NAVIGATION

アーティスト名:B‘z
リリース年月日:1991年3月27日

B‘zさんは日本の音楽業界を語る上で外すことのできない言わずと知れた男性ユニット。これまで多くの記録を樹立してきて、日本の音楽業界を引っ張ってきました。

中でも13作連続シングルミリオンセラーの記録の始まりがこの曲なんです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

B‘zの曲はどれもノリが良く、音がなれば無条件に楽しめますよね!

特にこの曲はサビの部分が盛り上がれるんです。

「LADY NAVIGATION…You‘re Fresh!」の後のレスポンス「Fresh!」をみんなで歌うと一体感が生まれて更に盛り上がりますのでみんなの方にマイクを向けて煽ってください!

その他、『B‘z』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『LOVE PHANTOM』(発売日:1995年10月11日/累計186.2万枚を記録)
  • 『ultra soul』(発売日:2001年3月14日/「2001年世界水泳選手権大会」公式テーマソング)
  • 『衝動』(発売日:2006年1月25日/アニメ「名探偵コナン」主題歌)

カラオケで盛り上がる曲は『クリスマス・イブ』

山下達郎

アーティスト名:山下達郎
リリース年月日:1983年12月14日

日本の冬はこの曲なくして過ごすことはできません!

それ程、毎年冬の季節には欠かせない曲。現在でもクリスマスシーズンには必ず流れますよね。

トータルセールスは山下達郎さん史上最高の150万枚以上。

カラオケで冬を感じたい時はマストな曲ですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

「きっと君は来ない~、一人きりのクリスマスイブ~」等々の切ない歌詞を心を込めて歌うことが重要です!

みんなの過去の恋愛の思い出なんかを思い出しながら歌うとより気持ちが入ることでしょう♪

あと何と言ってもクリスマスの時期に歌うのが一番のポイント!

待ってましたとばかりに勝手に盛り上がります♪

その他、『山下達郎』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『BOMBER』(発売日:1978年12月20日/アルバム「GO AHEAD!」収録曲・ブラックミュージックのテイストが刺激的な70年代の時代感を感じさせないハイセンスな1曲)
  • 『RIDE ON TIME』(発売日:1980年9月19日/ドラマ「GOOD LUCK!!」EDテーマ・夏にピッタリ)
  • 『高気圧ガール』(発売日:1983年4月23日/「1983年全日空リゾートピア沖縄」のイメージソング)

カラオケで盛り上がる曲は『ネオ・ブラボー!!』

サザンオールスターズ ネオ・ブラボー!!

アーティスト名:サザンオールスターズ
リリース年月日:1991年7月10日

みんなでカラオケに行った時に安定した盛り上がりを見せるのもサザンオールスターズの魅力!

また、サザンオールスターズお得意の夏を感じる1曲でもあります♪

TBS系列報道番組「筑紫哲也 NEWS23」のEDテーマにもなっていましたので知名度が抜群なのもおすすめのポイントです

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲はサザンオールスターズらしい夏を感じる1曲なので、体を揺らしながら歌うだけでカラオケの場が楽しく、和やかな雰囲気になること間違いナシ!

老若男女から支持を受けるサザンオールスターズだからこそ、誰と行くカラオケでも対応できますのでぜひこの機会にカラオケのレパートリーに入れてみては?

その他、『サザンオールスターズ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『勝手にシンドバッド』(発売日:1978年6月25日/デビュー曲。「今何時!?」というサビがトレードフレーズのサザンオールスターズを代表する1曲)
  • 『みんなのうた』(発売日:1988年6月25日/「世界を変える100人の日本人!JAPAN☆ALLSTARS」テーマソング)
  • 『君こそスターだ』(発売日:2004年7月21日/「アテネオリンピック」応援ソング・「第77回選抜高等学校野球大会」入場行進曲・他)

カラオケで盛り上がる曲は『僕はこの瞳で嘘をつく』

CHAGE and ASKA 僕はこの瞳で嘘をつく

アーティスト名:CHAGE and ASKA
リリース年月日:1991年11月21日

「SAY YES」の大ヒットに負けず劣らず、2作連続1位を記録したCHAGE and ASKAらしいロマンチックな歌詞が特徴的な一曲。

疾走感あふれるアップテンポソングはカラオケの盛り上がりソングとしてオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ノリの良い楽曲なのでサビで思い切って声を張ればストレス発散!

CHAGEさんとASKAさんの男性デュオなので二人で歌えば更に盛り上がりますよ。

サビの「だから君の顔を見つめたよ!」はこの楽曲を知らない人でも知っているフレーズなので自然とみんなで大合唱担っていること間違い無し!

その他、『CHAGE and ASKA』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『モーニングムーン』(発売日:1986年2月5日/「アビスパ福岡」応援歌の原曲)
  • 『YAH YAH YAH』(発売日:1993年3月3日/ドラマ「振り返れば奴がいる」主題歌)
  • 『太陽と埃の中で』(発売日:1991年1月30日/「カップヌードル レッドゾーン」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『START』

JUN SKY WALKER(S)

アーティスト名:JUN SKY WALKER(S)
リリース年月日:1991年1月21日

日本にパンクという風を吹き込んでくれたJUN SKY WALKER(S)らしい疾走感のある1曲。

コンビニエンスストア「ローソン」のCMソングとしても起用され、お茶の間にキャッチーなカタチで届けられましたので知っている人も多いですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲はアップテンポなパンクソングなので上手に歌うことなんか気にせず、とにかく元気に歌うことが大切♪

さらにサビの「スタート~、スタート~」の部分を友達とハモるとさらに楽しく歌うことができますよ!

その他、『JUN SKY WALKER(S)』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『歩いていこう』(発売日:1989年6月21日/松下電器「ヘッドホン」CMソング)
  • 『メッセージ』(発売日:1992年10月21日/「クイズ!年の差なんて」EDテーマ)
  • 『君が輝きつづけるように』(発売日:1993年3月11日/HONDA「トゥデイ」CMソング)

カラオケで盛り上がる曲は『Choo Choo TRAIN』

ZOO Choo Choo TRAIN

アーティスト名:ZOO
リリース年月日:1991年11月7日

JR東日本「JR Ski Ski」のCMソングとなったこの楽曲はオリコンランキング年間12位を記録しZOOさんの代表曲となりました。

同楽曲はEXILEさんがカバーしていることもあって、現在でも色んな所で流れていますよね!。

踊れるクラブミュージックとして盛り上がれること間違いナシですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この曲は無条件に楽しくなるので、みんなで歌って踊るだけで充分なのですが、やはり代名詞とも言えるのはイントロで縦に並んで順番に回っていくダンスですよね!

ZOO Choo Choo TRAIN 振付け

ちなみにこのダンスの正式名称は…

無い!

そうですっ!あの有名な動きに名前がないなんて意外ですよね。

世間ではロールダンスやトルネードダンスなどと言われているのですが、現在でもこのダンスを披露しているEXILEさんですら

「Choo Choo TRAINのイントロダンス」

と呼んでいるとのこと。

私はトルネードダンスがネーミングもカッコいいのでこれが正式名称で良いのでは?

イントロではこのダンスをやって盛り上がってくださいね!

引っ込み思案の人が多くて参加者がいないときは一人でやっても意外とウケます!

その他、『ZOO』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Careless Dance』(発売日:1990年5月21日/「華麗にAh!so」OPテーマ)
  • 『SHY-SHY-SHINE』(発売日:1990年6月18日/「世界リゾート博」イメージソング)
  • 『YA-YA-YA』(発売日:1992年10月21日/「JR東日本SKISKI」のキャンペーンソング)

カラオケで盛り上がる曲は『Just time girl』

KATSUMI

アーティスト名:KATSUMI
リリース年月日:1991年4月25日

KATSUMIさんの4枚目のシングル。両A面としてリリースされ33万枚以上の自身最大のヒット曲となりました。

花王ピュアエチュールのCMソングとして起用されたこともあり、知っている人も多い1曲ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

原曲キーが少し高めなので、2~3コ程度なら下げても曲の雰囲気はそれほど変わらないので自分のキーに合せて調整してください。

CMソングタイアップ曲ということでサビの「Just time girl」のフレーズは知っている人も多いハズ。

みんなで歌えばさらに盛り上がりますのでマイクを向けて声をもらってくださいね!

その他、『KATSUMI』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『SHINING IN THE NIGHT』(発売日:1990年4月25日/「遊行見聞録」EDテーマ)
  • 『YES,抱きしめて』(発売日:1990年11月21日/ダイハツ「ロッキー」キャンペーンソング)
  • 『it`s my JAL』(発売日:1991年6月25日/JALイメージソング)

カラオケで盛り上がる曲は『さよならイエスタデイ』

TUBE

アーティスト名:TUBE
リリース年月日:1991年7月1日

サザンオールスターズに並ぶ❝夏と言えば!❞といった時に浮かんでくる夏を代表するアーティストTUBEの13枚目のシングル。

今となっては懐かしい(知らない?)使い捨てカメラ「撮りっきりコニカ」のCMソングになったラテンミュージックのようなリズムが特徴的な1曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ラテンというかサンバのダンスのように手を上げてステップを「前・後ろ・後ろ」の順番で踏みながら歌うとライブ会場のように盛り上がるハズ♪

こんな感じですね。

TUBE さよならイエスタデイ 振付け

前田亘輝さんはこの楽曲をライブで披露するときはCDとは違ったサビの歌い方をしています。

CD:「さ~よなら~」

ライブ:「さよなら~」

❝さ❞の後をCDでは伸ばしているのですが、ライブでは伸ばさず、その分❝ら❞の後ろを伸ばすように歌っています。

この歌い方を真似すると通の人から「おっ!」となって熱いカラオケの時間になることでしょう!

その他、『TUBE』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『シーズン・イン・ザ・サン』(発売日:1989年3月21日/「キリンびん生」CMソング)
  • 『あー夏休み』(発売日:1990年5月21日/「JT」CMソング)
  • 『夏を待ちきれなくて』(発売日:1993年5月12日/「ムーブ」EDテーマ)

これまで1991年のカラオケで現在でも盛り上がる男性向き人気ソングをご紹介してきましたが、中でも私がオススメしたいのは、ZOOさんの

「Choo Choo TRAIN」ですっ!

現代のJ-POPシーンを先頭を切って引っ張るEXILEがカバーしたことの影響力は計り知れません。

「Choo Choo TRAIN」を知っているのは今や90年代を生きた人だけでなく、2000年生まれの人も知っているということになるので、大勢でカラオケを楽しむ際の選曲といてはこれ以上ないチョイスでしょう。

「何歌おうかなぁ~?」そういう時は是非、ここでご紹介した曲を思い出して盛り上がってください!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲