カラオケ 盛り上がる 女性 2003

カラオケで盛り上がる曲ばかり厳選しました!

女性向きのアップテンポで歌いやすくて、みんな知ってる曲ばかりなのでこれで盛り上がること間違い無しっ!

2003年といえばヌーブラが出てきてブレイクしたり、ニーハイブーツが流行ったりした時でした。また「世界の中心で、愛をさけぶ」もベストセラーになった年でしたね。

そんな時代の女性ボーカルの曲、みんなが知ってる曲を集めちゃいました。

盛り上がるためには「みんなが知ってる」ことも大事ですが、その他にも盛り上がりポイントってたくさんありますよね。

各楽曲ごとに盛り上がりポイントの解説をしていますので、ぜひ参考にカラオケで盛り上がってくださいねっ!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『Shock of love』

相川七瀬

アーティスト名:相川七瀬
リリース年月日:2003年2月13日

ロックボーカリストの先駆け、相川七瀬さんのヒット曲です。TBS系「スーパーサッカーPLUS」エンディング・テーマにもなっていますね。

豪華にも大黒摩季さんが作詞を担当、織田哲郎さんによるプロデュース作品なのです。

制作陣を見ても、大いに期待できる楽曲です。期待だけじゃなくてホントにイイ曲なんですよ。

シンプルなメロディながら、凝ったロックアレンジでいかにも本格派!ッて感じの曲です。気分をアゲアゲにするには最適の曲!ですよ。

「こんな曲だって歌えるの」みたいに差をつけられます!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

意外な感じもしますが、Vocalの音域がそれほど広くないので、そんな意味でも歌いやすい曲です。

でもリズムやコード進行のアレンジが凝りまくっていて、カッコイイので盛り上がるには最高の曲なんですね。

音域が広くないってことで、また伸ばすメロディが多いので、張った声ではじめから最後までイケるのもイイ感じ!手拍子なんか要求しちゃって、ワン!ツー!ワン!ツー!なオンビートでノリまくってください!

その他、『相川七瀬』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『夢見る少女じゃいられない』(発売日:1995年11月8日/デビューシングルで織田哲郎さんプロデュース。「SUPER NOVA RACING」CMソングとフジテレビ系ドラマ「Vの炎」エンディングテーマにもなっています。)
  • 『BREAK OUT!』(発売日:1996年6月5日/30万枚以上を売り上げた4枚目のSingleです。スリムビューティハウスCMソングにも。)
  • 『恋心』(発売日:1996年10月7日/PVがドラマ仕立てで本人が銀行強盗役(!)で出演していた一番のヒット曲。三貴「カメリアダイヤモンド」のCMソングにもなっています。)

カラオケで盛り上がる曲は『real Emotion』

倖田來未

アーティスト名:倖田來未
リリース年月日:2003年3月5日

自身初の両A面シングルで、ゲーム「FINAL FANTASY X-2」オープニングテーマで、CMソングにもなっています。PVもゲームからの映像、CGが盛りだくさんで、カッコイイですよ。

カップリングの曲も同ゲームの挿入歌として使われています。

倖田來未さんの曲らしく、カッコよさとスタイリッシュなセンスあふれる楽曲です。

アップテンポで盛り上がりも充分!ゲーム好きな人ならマストな曲ですよね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

踊れる人ならMVを参考にして、少しだけでも動きながらがオススメ!少し気だるげな感じで、「やり過ぎかも?」ぐらいカッコつけましょう!

伴奏のデジタルなビート(細かいリズムが同じ感じで続いています)をしっかり感じながらのっかれば、より自然に歌えると思います。

英語の部分を他の人に歌ってもらって、ラジオボイスの部分(そのままで大丈夫です!)なども、真似しながらやっちゃってみてください。ウケることまちがいなしです!

その他、『倖田來未』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『キューティーハニー』(発売日:2004年5月26日/誰もが知っている「キューティーハニー」のテーマ曲。カバー曲なのですが、映画版では主題歌になったり「Re: キューティーハニー」のオープニングテーマでもあります。)
  • 『Birthday Eve』(発売日:2005年12月14日/前代未聞だった12週連続シングルリリースの第2弾、5万枚完全限定生産作品です。NTTドコモ東海CMソングでもあります。)
  • 『Go to the top』(発売日:2012年10月24日/アニメ「トータル・イクリプス」の前期オープニングテーマで、出産のための一時休業からの復帰作です。オリコン週間シングルチャートで1位を獲得しています。)

カラオケで盛り上がる曲は『ね〜え?』

ね〜え? 松浦亜弥

アーティスト名:松浦亜弥
リリース年月日:2003年3月12日

2002年の『♡桃色片想い♡』に続いて、エフティ資生堂「ティセラ」のCMソングに起用されて、またこれも同じように、製品とコラボレーションしていましたね。

また、当然ですが作詞作曲はつんくさんで、特筆は編曲が元ピチカートファイブの小西康陽さん。ステキなポップスに仕上がっています。

キュートに盛り上がれる曲ですよね。いつまでも古臭くならない、ジャパニーズなフレンチポップ。

カラフルな歌唱も、とっても魅力です。女性同士でも男女混合でも、カラオケでウケる曲にまちがいないでしょう。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

歌うことについては、それほどむずかしくないのはうれしいポイント。早めのテンポにノレさえすれば、歌いやすい曲です。

少しウィスパーボイス(ささやき声のような歌い方)が出てきたりしますので、マイクを吹かない程度に挑戦してみましょう。ブレスを多めにとって、吐く息に声を軽くのせる感じでやればOK!表現の幅がぐんと広がります。

また手拍子も、カラオケボックスにあるタンバリン等もピッタリの曲なので、事前にやってもらうようにリクエストしておけばバッチリです。

その他、『松浦亜弥』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『♡桃色片想い♡』(発売日:2002年2月6日/あやや初のCMタイアップで、エフティ資生堂「ティセラ」CMソングでした。ブレイクのきっかけになった曲ですね。)
  • 『Yeah! めっちゃホリディ』(発売日:2002年5月29日/第16回日本ゴールドディスク大賞でニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。高橋書店の「手帳は高橋」2009年版CM曲としても使われた曲です。)
  • 『奇跡の香りダンス。』(発売日:2004年1月28日/エフティ資生堂ティセラ「イチコロベリー」「チヤホヤチェリー」(2004年)CM タイアップ曲で、イメージが定着?な曲。少し巻き舌を意識した歌い方の、ロックテイストな一曲です。)

カラオケで盛り上がる曲は『Starry Heavens』

Starry Heavens day after tomorrow

アーティスト名:day after tomorrow
リリース年月日:2003年4月16日

ナムコ「テイルズ オブ シンフォニア」(GC版)イメージ&テーマソング・CMソングです。作詞したVocalのmisonoさんは、ゲームの脚本を読んだりゲームを実際にしたりして制作したそう。

トリプルA面Singleの1曲目になっています。

ストレートな歌詞で張った声で歌える、ストレス解消にはピッタリの曲ですよ。バンドサウンドも壮大なイメージがあって、浸って歌える曲です。

あとゲームを知っている人であれば、とても共感する曲になっています。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

バックのリズムにそのまま自然にノッて歌うと、気持よく歌えます。難しいメロディの曲ではないので、かなり歌いやすいかも?

バンドの盛り上がる曲の特徴として、ノレる、動ける、弾けられる、がありますが、この曲には全部そろってます。

一点、転調する部分がありますので、そこのみ音程に気をつければ(複雑な転調じゃありませんので伴奏をしっかり聴けばOK!)、後はバッチリだと思いますよ。

その他、『day after tomorrow』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『faraway』(発売日:2002年8月28日/森永製菓「ICE BOX」TV-CMソングで、第17回日本ゴールドディスク大賞「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞した曲です。)
  • 『イタズラなKISS』(発売日:2003年7月24日/アニメ「犬夜叉」エンディングテーマになった曲で、トリプルA面仕様のCDです。これで初のシングルチャートTOP10になっています。)
  • 『Dear Friends』(発売日:2003年12月17日/Yoshi著作のケータイ小説「Dear Friends リナ&マキ」イメージソングで、共同企画としてコラボした曲です。カップリングの『It’s My Way』はニューイヤー駅伝のための書下ろし曲になっていて、企画Single的なCDでした。)

カラオケで盛り上がる曲は『魔法の言葉 ~Would you marry me?~』

Do As Infinity

アーティスト名:Do As Infinity
リリース年月日:2003年6月11日

サブタイトルの「Would you marry me?」のとおり、結婚がモチーフの曲です。TBS系列「ドラマ30」枠の昼ドラマ「ショコラ」の主題歌に使われ、また茨城放送「たかとりじゅんのビタミンJ!」テーマソングにも。

PVでの、Vocal伴都美子さんのウェディングドレス姿は、「キレイ!」などの感想で、とても好評でした。

ストリングスが印象的で、軽快でキャッチーなポップス。その割には随所にセンスあふれる仕掛けのある曲です。

どこかコミカルな印象もありますが、PVではさらに遊び心たっぷりですよね。音楽って「楽しい!」、そんな曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

横ノリ(ストリングスなど)と縦ノリ(シンコペーションの多用)が、とてもほどよくミックスされていて、どんなリズムの乗り方をしても気持ちイイ曲ですので、自由な気持ちで歌いましょう。

体を揺らしても手拍子でも、ダンサブルにも、みんなと一緒に楽しんじゃってください。たぶん自然に身体が動くと思いますよ!

少しだけ音程が取りづらい部分(伴奏の音に引っ張られそうになる部分!)がありますが、メロディ自体をおぼえてしまえば大丈夫です。自信を持って歌ってくださいね。

その他、『Do As Infinity』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『遠くまで』(発売日:2001年4月25日/アニメ映画『バンパイアハンターD』の日本公開版主題歌で、初めてのオリコン1位になったALBUM「NEW WORLD」につづいてリリースされています。カップリング曲は伴都美子さん出演CMのCMソングにも。)
  • 『本日ハ晴天ナリ』(発売日:2003年9月25日/ゲームソフト「Jリーグウイニングイレブンタクティクス」オープニングソングになっています。a-nationで初披露、ジャケットもPVもa-nationで撮影されました。)
  • 『君がいない未来』(発売日:2010年1月20日/テレビアニメ『犬夜叉 完結編』オープニングテーマでした。カップリング曲も「犬夜叉」のテレビ、映画の主題歌になった曲が収録されていて、「犬夜叉」づくしなCDです。)

カラオケで盛り上がる曲は『Greatful days

浜崎あゆみ Greatful days

アーティスト名:浜崎あゆみ
リリース年月日:2003年7月9日

「&」というタイトルのトリプルA面Singleの、2曲目に収録されています。CX系音楽バラエティー「ayu ready?」テーマソングにもなりました。

タイトルのつづりが「まちがってる?」と話題になりましたが、これは造語で「すばらしき日々」的な意味を持っているとのこと。

デジタルポップで、浜崎あゆみさんの良さがとても引き立っている曲です。いわゆるあゆ節と言ってもいいような曲。

数多くのヒット曲を持つ浜崎あゆみさんですが、けっこうチカラの抜けた感じでいてアップテンポという曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

キャッチーで歌いやすく、ノレる曲です。サビのツービートになる辺りを力強く発声できれば(しっかりブレスをとって、張った声で!)、いっそう盛り上がりますよ!

ただ音程を下からずり上げる感じや、後から音(声)を押す感じに気をつけましょうね。これをやり過ぎると、ブリッコ的に聴こえちゃいます。

また少し早口のシンコペーションの部分も、はっきり発音(唇と舌をしっかり動かせばOK!)できれば「お、ウマイじゃん!」となりますよ!

その他、『浜崎あゆみ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Boys & Girls』(発売日:1999年7月14日/第41回日本レコード大賞の優秀作品賞を初受賞、また「第50回NHK紅白歌合戦」にもこの曲で初出場しています。花王「AUBE」CMソングとしても知られていますね。)
  • 『Fly high』(発売日:2000年2月9日/あゆの2nd ALBUMからのリカットシングルで、30万枚限定生産でした。ライコスのCMソングにもなりました。)
  • 『evolution』(発売日:2001年1月31日/コーセー「ヴィセ」CMソングで、2012年には映画「ヘルタースケルター」のテーマソングになりました。あゆが作曲した曲でもあります。)

カラオケで盛り上がる曲は『アンドロメダ』

aiko アンドロメダ

アーティスト名:aiko
リリース年月日:2003年8月6日

グリコ乳業「カフェオーレ」CMソングで、aikoさん自身もCM出演したことで本人の認知度がグンと上がった曲です。本人もお気に入りの曲だとか。

またaikoさんの曲の特徴である、半音進行が特に現れている曲でもあります。切なく心に響くメロディですね。歌詞もaiko節がとっても効いています。こんなにもオンナゴコロ、表現できる方を他には知らないです。

aikoさんが好きな方はもちろん、ソコまで知らない方や注目してこなかった方も、この曲なら「ステキ!」ってなるのでは?

ヒット曲でもありますが、楽曲自体の持つパワーがすばらしい!ですよ。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

aikoさんの歌の特徴は、リバーブ(エコー、ですね)をホトンドかけないところ。もし挑戦してみたいなら、カラオケのリバーブをできるだけ少なくしてみましょう。それだけでもなりきれちゃうかも。

はじめは少し心細い感じがするかもしれませんが、自分の声もカラオケもずっと聴きやすくなるので、意外にハマるかも?しれませんよ。

余分な力を抜いて、素直な発声で、メロディに寄り添うような気持ちでやってみてください。

また、じっくり歌詞を味わいながら歌うと、歌の世界が広がりますよ!

その他、『aiko』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『キラキラ』(発売日:2005年8月3日/ドラマ「がんばっていきまっしょい」主題歌で、同ドラマをイメージして作られたTOYOTAポルテのCMでも使われています。)
  • 『milk』(発売日:2009年2月18日/メジャーデビュー以来、初のオリコン週間シングルチャート1位を獲得した曲!「ブリヂストン・アルベルト」CMソングで、『星のない世界』以来のCMタイアップでした。)
  • 『あたしの向こう』(発売日:2014年11月12日/ドラマ『素敵な選TAXI』主題歌です。ドラマのプロデューサーから「立ち止まりそうな時に背中を押してくれる歌を」と頼まれていたとのこと。)

カラオケで盛り上がる曲は『異邦人』

ZARD

アーティスト名:TAK MATSUMOTO featuring ZARD
リリース年月日:2003年8月27日

1979年発売の久保田早紀『異邦人』のカバーで、B’z松本孝弘とZARD坂井泉水のコラボレーションシングルです。

松本さんのソロプロジェクトで、当然ギターが大活躍している曲ですが、坂井さんの歌もとっても素敵な曲!原曲を知っている方でも、「こっちがいい!」という方多数な曲なのです。

原曲がリアル世代はもちろん、ZARDが大好きな方、B’zの松本さんが大好きな方まで大満足できる曲です。

大ヒットしたもともとのメロディや歌詞がいいのはもちろんですが、その曲をこんなにステキにカバーしたお二人は、やっぱりすごい方々なんだな〜と感心しちゃいますね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

原曲の久保田早紀さんよりも、坂井さんのほうが歌がウマイ?という雰囲気の曲。歌詞の言葉をしっかり味わいながら、滑舌よく歌ってみてくださいね。

前半の抜く部分と、サビの張る部分のメリハリを付けて歌う(基本、音程が低い時は抜いて、上がるにつれて張っていけばOKです)と、さらにイイと思います。

幅広い世代に愛された曲なので、しっかり歌うだけで盛り上がると思いますよ!

その他、『ZARD』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『負けないで』(発売日:1993年1月27日/ZARDの人気、知名度を一気に引き上げた名曲です。いろんな所で応援歌として使われました。)
  • 『揺れる想い』(発売日:1993年5月19日/ポカリスエットのCMソングになっていました。『負けないで』についでZARD二番目のヒット曲です。)
  • 『息もできない』(発売日:1998年3月4日/アニメ「中華一番!」2代目オープニングテーマでした。ZARDの曲の中ではMIXが一番多く、編曲が異なるバージョンがたくさんあります。)

カラオケで盛り上がる曲は『Go Girl ~恋のヴィクトリー~』

モーニング娘。 Go Girl ~恋のヴィクトリー~

アーティスト名:モーニング娘。
リリース年月日:2003年11月6日

フジテレビ系ドラマ「VICTORY!〜フットガールズの青春〜」の主題歌で、その流れからハロプロの女子フットサルチームGatas Brilhantes H.P.のテーマソングとしても扱われたりしました。

フットサルの試合で流されたり、フットサルの番組で使われたりして、すっかりフットサルの曲として知られた曲です。

スポーツの応援歌、テーマソングだけあって、テンションMAXアゲアゲな曲です。

また全編Vocalがユニゾンの曲なので、歌いやすさもバツグン。その場の全員で歌うことも出来る、盛り上げソングですよ!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

上にも書きましたが、モー娘。さんのシングル曲にはめずらしい全編ユニゾン(同じ音程のメロディを歌うことです)の曲なので、とっても歌いやすいですよね。マイクの数だけフルで歌っちゃいましょう。

また「合いの手」的なフレーズも盛り沢山なので、その場にいる女子も男子も参加できる曲です。どんどん参加させちゃいましょう!

振付も簡単な感じなので、MVを参考にダンスまで揃えられれば、ちょっとした余興などにもピッタリ。ゼッタイ盛り上がります!

その他、『モーニング娘。』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『LOVEマシーン』(発売日:1999年9月9日/モー娘。さんの曲としては外せない一曲。初のミリオンで、オリコンカラオケチャートで17週連続1位!最大のヒット曲です。)
  • 『ハッピーサマーウェディング』(発売日:2000年5月17日/コミカルな雰囲気のダンスチューンで、モー娘。さんらしい一曲。オリエンタルなイメージもあって楽しい曲です。間奏のセリフはこの曲が最初。)
  • 『モーニング娘。のひょっこりひょうたん島』(発売日:2003年2月19日/初のカバー曲シングルで、NHK「みんなのうた」で使われました。原曲は誰もが知っているNHK子供番組のテーマ曲です。)

カラオケで盛り上がる曲は『さくらんぼ』

大塚愛 さくらんぼ

アーティスト名:大塚愛
リリース年月日:2003年12月17日

デビューから2枚目のシングルで、この曲で広く知られることになりました。

TBS系音楽番組「COUNT DOWN TV」の2003年12月度オープニングテーマで、フジテレビ系バラエティ番組「めちゃ²イケてるッ!」の2004年度エンディングテーマにもなりました。

2004年7月19日には「着うた」史上初の100万ダウンロードを達成!この曲で「第55回NHK紅白歌合戦」に初出場も。

ROCKなテイストもありポップなメロディで親しみやすく、おまけにキャッチーな歌詞!とくれば選曲しない訳にはいかないですよね。

ロングセラーでもあった曲なので、誰もが知っている曲。盛り上がるには欠かせない曲です。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

バンドサウンドでノリがいいので、そのまま何も考えないで歌っても、すぐに盛り上がれます。誰もが知っている曲、ってやっぱり強いですよね!

ただ、親しみやすいメロディの割には、少し歌いこなすのがムズカシ目かも。意外にメロディの音程が上下に飛んでいますので、音程に気をつけたいところ。

そのためには、オケの音をしっかり聴くことと、自分が出している声をしっかり聴くこと。

そんな、モニター(まずは聴くことから!です)を心がけるだけで、かなり歌えるようになると思いますよ!

その他、『大塚愛』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Happy Days』(発売日:2004年7月7日/マイクが拡声器?な曲で、森永製菓「ICE BOX」CMソングです。日本テレビ系「第24回全国高等学校クイズ選手権」テーマソングにも。)
  • 『SMILY』(発売日:2005年5月11日/スペルがまちがい?ではなくわざとらしいです。ライオン「Ban パウダースプレー」CMソングで、大塚愛さんの3番目のヒット曲です。)
  • 『PEACH』(発売日:2007年7月25日/両A面シングルの曲で、発売後にドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」主題歌になりました。)

カラオケで盛り上がる曲を厳選!女性必見の人気ソング集2003年版をご紹介してきました。

この曲の中で、私がベスト!だと思う曲はaikoさんの『アンドロメダ』です!

ライブチケットはすぐにSOLD OUTの人気アーティストで、それをホントに長い間続けられている方の、代表曲と言ってもいい曲。カラオケで歌うことでも、その良さはすぐにわかると思いますよ。

爆発的にヒットした曲、長い間売れ続ける曲、いろんな有名曲を選んでみました。こうしてみると、どの曲にも売れるだけの理由があるんですよね。

そんな曲を歌いこなすことが出来れば、カラオケに行くことがキットもっと!楽しくなるはず!

どんどん楽しんで、ガンガン盛り上がって下さいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲