カラオケ 盛り上がる 女性 1994「カラオケに行って皆で盛り上がろうっ!」というときにお役立ち!

1994年リリースの楽曲の中から現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングをピックアップ!

ぜひ参考にしてくださいねっ!

『同情するなら金をくれ』なる流行語が生まれたこの年は、向井千秋さんが宇宙へ、関西国際空港の開港と、人もお金も空と宇宙に飛び散ったのがこの時代でした。

そんな時代に流行した楽曲の中から、当時、最も勢いがあった女性歌手、女性ヴォーカルバンドを中心に、ノリのいい感情移入できる曲を基準にピックアップ!

カラオケで盛り上がりたいときには必見です!

※記事の最下部にアンケートもありますので参考にしてくださいね。投票にもご協力をお願い致します!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲

カラオケで盛り上がる曲は『恋しさとせつなさと心強さと』

篠原涼子

アーティスト名:篠原涼子 with t.komuro
リリース年月日:1994年7月21日

家庭用ゲーム機プレイステーション2の『ストリートファイターZERO』の挿入歌&映画『ストリートファイターⅡMOVIE』の主題歌として起用されたこの楽曲は、女性ソロシンガーとしては、初のシングルCD売り上げ200万枚を突破!

現在でも篠原涼子さんの代表曲として有名ですね。

まさに1994年度を代表する楽曲であり、アップテンポで盛り上がれる女性歌手の歌、この曲を歌って盛り上がれないはずがない!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

ゲーム&映画のタイアップ曲、そしてミリオンセラーなので、知名度は抜群!

この曲がかかればみんな自然と歌い出すこと間違いなしです!

この楽曲には特に決まった振付けはありませんが、篠原涼子さんのように髪を書き上げながら歌うと雰囲気が出て更に盛り上がりますよ!

その他、『篠原涼子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『Lady Generation』(発売日:1995年8月2日/「ファミリーマート」CMソング・篠原涼子さん本人も出演し話題に)
  • 『平凡なハッピーじゃ物足りない』(発売日:1996年5月26日/「ファミリーマート」CMソング・作詞作曲は広瀬香美さん)
  • 『BLOW UP』(発売日:1998年4月22日/グンゼ「BODY WILD」CMソング・この頃から本格的に女優業へ転身)

カラオケで盛り上がる曲は『BOY MEETS GIRL』

TRF BOYMEETSGIRL

アーティスト名:TRF
リリース年月日:1994年6月22日

NHK紅白歌合戦初出場曲となったこの楽曲はTRFさんを代表する現在でも人気の1曲です。

小室哲哉さんが最も時間をかけて作った(制作期間は約一ヶ月)というエピソードも。

何より、それ以外の楽曲は1ヶ月以内で仕上げていることに驚きですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの「BOY MEETS GIRL」のフレーズは繰り返し出てきますので、後半はみんなから声をもらうようマイクを向けるパフォーマンスで煽ると盛り上がるのでオススメ!

この楽曲を歌うときにはぜひ立ち上がって、体でリズムをとりながら歌いましょう!

自然とみんなもTRFメンバーのSAMさんや、ETSU(エツ)さん、CHIHARU(チハル)さんのごとく踊りだすはず!?

その他、『TRF』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『寒い夜だから…』(発売日:1993年12月15日/永谷園「冷え知らずの生姜シリーズ」CMソング・小室哲哉さんが5分で曲を作ったとか!)
  • 『CRAZY GONNA CRAZY』(発売日:1995年1月1日/ドラマ「我慢できない」主題歌・最大のヒットソング)
  • 『OVERNIGHT SENSATION~時代はあなたに委ねてる~』(発売日:1995年3月8日/ホンダ「ライブDIO」CMソング・映画「花より団子」EDテーマ)

カラオケで盛り上がる曲は『夏が来る』

大黒摩季 夏が来る

アーティスト名:大黒摩季
リリース年月日:1994年4月23日

「サッポロ アイスラガー」のCMソングや、「COUNT DOUN TV」のOPテーマにも起用されたこの楽曲は、大黒摩季さんの4番目の売り上げを記録。

現在でも夏には欠かせない名曲としてテレビなどでも紹介されていますね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

夏をテーマにしている曲だけに南国ムード満点な演奏なので、タンバリンやマラカスなど、ゆっくりとしたテンポで鳴らしてさらに南国ムード満を高めて歌うのが良いですね。

サビの「夏が来る~」はみんなにマイクを向けるパフォーマンスはマスト!

サビ終わりの「お・嬢・様」でみんなを順番に指差して歌うと反応があって面白いですよ!

大黒摩季さんの曲は男性に対して直接言いにくいことを代弁してくれている歌詞なので、女子会などでは特に盛り上がること間違いなし!

その他、『大黒摩季』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『永遠の夢に向かって』(発売日:1994年10月5日/「KOUNT DOUN TV」OPテーマ・オリコン初登場1位を記録)
  • 『ら・ら・ら』(発売日:1995年2月20日/ドラマ「味いちもんめ」主題歌・後に華原朋美さんもカヴァーするなど大黒摩季さん最大のヒット曲!)
  • 『熱くなれ』(発売日:1996年7月8日/「アトランタオリンピック」テーマソング・オリンピックのテーマソングとしては最大の売り上げを記録。甲子園で5回裏が終了時に流れる曲としておなじみ)

カラオケで盛り上がる曲は『早くしてよ』

久宝留理子

アーティスト名:久宝留理子
リリース年月日:1994年7月14日

「DoCoMoポケットベル」のCM(関東地区限定)ソングとなったこの楽曲は、紅白歌合戦出場曲にもなり、久宝留理子さんを代表する曲となりました。

『ポケットベル』という言葉…、懐かしい言葉ですねといえば年齢がバレてしまいますね…。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの「早くしてよ~」の部分は久宝留理子さんを知らない人でも聞いたことがあるという人は多く、また繰り返し出てきますので、1番は自分で、2番め以降はみんなにマイクを向けるパフォーマンスで煽ると一体感が出て盛り上がりますよっ!

好きな相手が草食男子ならこの曲でガッツリアピールするのもアリ!?

その他、『久宝留理子』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『男』(発売日:1993年9月22日/「カメリアダイアモンド」CFソング・紅白歌合戦出場曲)
  • 『rebuce』(発売日:1994年8月24日/カシオ計算機「KT80」CMソング)
  • 『プライド』(発売日:1995年7月17日/久宝留理子さんらしいノリのいいUPテンポな曲。ちなみに、現在はライブ活動を中心に、プロデューサーとしても活躍しています)

カラオケで盛り上がる曲は『Blue Rose』

工藤静香

アーティスト名:工藤静香
リリース年月日:1994年3月18日

「フェニックス・シー・ガイア」のCMソングに起用されたこの楽曲は、作詞に「愛絵里」とあります。

これって誰なのかというと、実は工藤静香さん本人が作詞を手掛ける際に使用するペンネームなんですね。

紅白歌合戦出場局にもなりましたので知名度抜群!みんなで合唱できるのでオススメです!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

工藤静香さんのMVそのままに、視線を鋭く、色気を前面に押し出して歌うと雰囲気が出て盛り上がりますよ!

女子会でも、男性の前でも、普段は見せないカッコいいあなたを出してみんなをドキッとさせちゃいましょう!

その他、『工藤静香』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『千流の雫』(発売日:1990年5月9日/「That’s」CMソング・工藤静香さん本人が出演したことが話題に)
  • 『メタモルフォーゼ』(発売日:1991年10月23日/工藤静香さん出演のドラマ「なんだらまんだら」主題歌・紅白歌合戦に出場し、この時の対戦相手はなんとSMAP!)
  • 『Blue Velvet』(発売日:1997年5月28日/アニメ「ドラゴンボールGT」EDテーマ・後に倖田來未さんがカバー)

カラオケで盛り上がる曲は『気分爽快』

森高千里

アーティスト名:森高千里
リリース年月日:1994年1月31日

「アサヒ生ビールZ」、「アサヒスタイルフリープリン体ゼロ」のCMソングとなったこの楽曲は、ドラムもコーラスも森高千里さんが務めたことで話題になりました。

飲み会後のカラオケにはピッタリな1曲ですよね!

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビ前の「ビールで乾杯~」のフレーズでは、ジョッキを片手に持っているジェスチャーでみんなに「これからサビは始まるよ~。グラズの準備はOK?」と呼びかけるようにすると盛り上がりますよ。

森高千里 気分爽快 振付け

そしてサビの「飲もう~」ではこの振付けですね!

マイクを持つ手とは反対の肘を曲げて手はパー。右に体を倒しながら手を上に。

森高千里 気分爽快 振付け

次は手をジョッキに見立てて飲んでいるようにポーズをしながら左へ体を少し倒します。

森高千里 気分爽快 振付け

明石家さんまさんも当時はよくモノマネをしていましたので曲とともにこの振付けの知名度はかなり高いのでみんなで踊って盛り上がれますよ!

また、歌いながら一人ずつ乾杯していくという盛り上げ方もありますので是非チャレンジしてみてくださいね。

モニター画面はあまり見ず、一緒にいる仲間に語りかけるように、お酒を飲みながら皆で肩を組んで歌いましょう!

その他、『森高千里』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『臭いものにはフタをしろ!!』(発売日:1990年5月25日/パイオニア留守番できるコードレス「TF-X5」CMソング・カップリングには『もっと臭いものヴァージョン』『おじさんヴァージョン』の二種類収録。)
  • 『勉強の歌』(発売日:1991年2月10日/アニメ「おちゃめなふたご クレア学院物語」OPテーマ・ベストアルバムには『ザ・勉強の歌』として収録)
  • 『コンサートの夜』(発売日:1992年2月25日/作詞は森高千里さん自身が手掛けたもので、ライブでは「ペパーランド」と並んで人気の楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『Happy wake up!』

観月ありさ Happy wake up!

アーティスト名:観月ありさ
リリース年月日:1994年10月3日

味の素「クノール カップスープ」のCMソングとなったこの楽曲は、小室哲哉さんに❝ライブで盛り上がれる曲❞の制作をお願いして出来上がった曲です。

この楽曲の制作期間は公表されていませんが、この曲もきっと制作期間はお早いんでしょうね…。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

手拍子がピッタリハマる楽曲なので、間奏部分はマイクをを持ちながら拍手のジェスチャーをしてみんなを煽ると盛り上がりますよ!

観月ありさ Happy wake up! 振付け 観月ありさ Happy wake up! 振付け

テンポよくノリのいい曲なので、ピョンピョン飛び跳ねながら、髪を振り乱して思い切りストレス発散してくださいね!

その他、『観月ありさ』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『TOO SHY SHY BOY!』(発売日:1992年5月27日/キリン「シャッセ」CMソング・小室哲哉さん初の総合プロデュース楽曲)
  • 『Don’t be shy』(発売日:1995年12月5日/「小枝」CMソング・ディスコシーンで活躍したジャミー・ディーさんのカバー曲)
  • 『Forever Love』(発売日:1997年4月23日/「KAFEO」CMソング・コロンビアレコード在籍最後の楽曲)

カラオケで盛り上がる曲は『GAMBAらなくちゃね』

LINDBERG GAMBAらなくちゃね

アーティスト名:LINDBAERG
リリース年月日:1994年3月16日

進研ゼミ「中学講座」のCMソングとなったこの楽曲は頑張る人への応援ソングとして現在でも人気の高い1曲です。

ちょっと小ネタですが、LINDBERGのボーカルである渡瀬マキ(現在は平川麻紀)さんは1986年にアイドルとしてデビューしていたんですよ!

当時のバックバンドと1989年にLINDBAERGを結成。一時活動休止を経て現在に至ります。

ちなみに、同期のアイドルには酒井法子さんや森高千里さん。石田ひかりさん、立花理佐さんなどそうそうたるメンバーがいました。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

疾走感溢れる楽曲であり、頑張る人への応援ソングなので最初からエンジン全開で突っ走ろう!

サビの部分「頑張らなくちゃね」のフレーズはみんなにマイクを向けるパフォーマンスで合唱するよう煽って!

渡瀬マキさんのパンチのある歌声が印象的な1曲なので、かっこよくキメたいときはぜひ選曲してください!

その他、『LINDBERG』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『今すぐKiss Me』(発売日:1990年2月7日/ドラマ「世界で一番君が好き」主題歌・最大のヒット曲)
  • 『BELIEVE IN LOVE』(発売日:1991年7月3日/「夢で逢えたら」OPテーマ・❝ビリービラーブ❞というフレーズは有名!)
  • 『恋をしようよYeah! Yeah!』(発売日:1992年4月22日/「コカ・コーラ」CMソング・紅白歌合戦出場曲)

カラオケで盛り上がる曲は『ドラマティックに恋して』

広瀬香美 ドラマティックに恋して

アーティスト名:広瀬香美
リリース年月日:1994年5月11日

ドラマ「上を向いて歩こう」の主題歌となったこの楽曲は、広瀬香美さん初のドラマタイアップ曲となりました。

広瀬香美さんが冬以外にリリースした楽曲では最大のヒット曲で、この頃はまだ「ゲレンデの女王」とは呼ばる前の時代ですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

サビの部分の掛け声「ドキッ・ドキッ」という部分は皆で掛け声を合わせると盛り上がること間違いなしなので、事前に掛け声をお願いしておくのもいいですね。

サビ以外では「接近中」や「進行中」、「これでいいのだ」、「彼でいいのだ」など掛け声がある部分が多いので、その都度マイクをみんなの方に向けて声を貰うようにすると更に盛り上がります。

広瀬香美さんの曲はキーが高いので、どうしても高音部分が難しい場合は2~3個程度キーを下げても曲の雰囲気はそれほど変わりませんので調整してみてくださいね。

声が出なくても遠慮なく声を張り上げ、叫ぶぐらいの勢いで歌っても結構盛り上がりますよ!

その他、『広瀬香美』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 『ロマンスの神様』(発売日:1993年12月1日/「アルペン」CMソング・シングルCD累計174万枚以上を売り上げたオリコンで初1位を記録)
  • 『ゲレンデがとけるほど恋したい』(発売日:1995年12月1日/「アルペン」CMソング・映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」主題歌)
  • 『夏だモン』(発売日:1997年7月24日/ドラマ「金のたまご」・「セフィーロワゴン」CMソング・広瀬香美さんには珍しい夏を意識した一曲)

カラオケで盛り上がる曲は『冷たいキス』

ICE BOX 冷たいキス 冷たいキス

アーティスト名:ICE BOX
リリース年月日:1994年4月21日

当時大人気となったお菓子「アイスボックス」のCMソングとなったこの楽曲はオリコンランキング週間7位を記録した知名度抜群の楽曲。

なんとこの楽曲の作詞はAKB48のプロデュースを手がける秋元康さんなんですよね。

どんだけ曲書いているんだ!?と思わずツッコミたくなりました。

ICE BOXのボーカルを務めたのは吉岡忍さん。現在の活動の様子は聞こえてきませんが、2008年のレオパレスCMソング(夢中で頑張るキミへ~)を歌っていましたよ。

ちなみに現在の吉岡忍さんはこんな感じです。

吉岡忍

ちょっと三田寛子さんに似ていますよねっ。

同グループのメンバーには中西圭三さんもおり、意外と豪華なメンバーだったんですね。

カラオケでの盛り上がりPOINT!

この楽曲はサビから始まり知名度も抜群なのでいきなりテンションMAX!

「キスが冷たいよ」というフレーズはCMでおなじみでしたので、みんなで合唱できるようマイクを向けるパフォーマンスで盛り上げてください!

メロディーの大きな転調がなく、比較的歌いやすい曲なのでカラオケが苦手な人にオススメです。

その他、『ICE BOX』さんの盛り上がる曲はこれ!

  • 単発ユニットのため、その他の楽曲はありません。

ここまで1994年リリースの楽曲の中から、現在でもカラオケで盛り上がる女性向きソングをご紹介してきました。

中でも私が一番にお勧めする曲は森高千里さんの『気分爽快』ですっ!

女子会で、忘年会で、お酒が入る席では欠かせない、誰でもまさしく『気分爽快』になれる1曲ですよねっ!

それではこれらの選曲リストを参考にカラオケで盛り上がってくださいね!

年代別のカラオケで盛り上がる曲は下の画像をクリック!

カラオケ 盛り上がる曲